パワパーク@Wiki 第202回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第202回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
2 140 81 57 2 6 .586 .253 2.62 3.7 114 143 15
一時の崩壊時期を脱し、Aクラスの常連となったソフトバンク。
今期は一般的に優勝ラインといわれる80勝を突破するも、日本ハムの驚異的強さに屈指2位に。
野手陣は年々得点率が増加しており、さらなる向上を期待したい。
投手陣は全体的に安定した成績を残した。
何期も足踏みが続き、もはやジンクスと化した「CS突破」今期こそは突破したい。


☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 優勝は、日本ハム。驚異的強さで首位。
  • 二位は、 ソフトバンク 。CS突破に燃える。
  • 三位は、楽天。遂に低迷期脱出か。台風の目。
  • 四位は、ロッテ。野手陣がやや頼りない成績。
  • 五位は、オリックス。チーム打率が伸びずに5位。これを改善しない限り上位浮上は厳しいだろう。
  • 最下位は、西武。次期黄金期へ向けいまは育成の時。





☆プレーオフ展望

2位に入り、初戦は台風の目、楽天と当たる。




☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
ヘンダーソン .400(0本2点)
海野民子 5回目 .222(1本4点)
多村仁 4回目 .333(1本2点)
赤坂V弐 .272(0本1点)
堂谷 4回目 .15.00(0セ5奪)
ドリーム7 0.00(0セ3奪)








☆野手陣総括

  • 202期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 エッジ .261 160 7 33 90 0 36 0
2 ヘンダーソン .328 190 4 39 91 0 44 5
3 後藤光尊 .287 156 24 81 63 3 15 0
4 多村仁 .296 155 32 111 76 4 14 0
5 海野民子 .239 121 24 83 97 4 7 1
6 赤坂V弐 .237 124 3 53 79 4 10 2
7 DH 中田義正 .188 100 12 49 119 0 3 0
8 おおぴら .214 107 8 37 85 2 2 5
9 イチロー .213 109 0 13 91 0 12 0
【寸評】
繋ぎの野球が中心のため、得点力、長打力不足は否めない。またチーム打率については、パリーグの投手レベルが高いため.253しか残していないが悲観する事はないだろう。
今期も失策数15と守備に関しては安定しているようだ。
★各選手能力はこちらです。





☆投手陣総括

  • 202期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 杉内2 2.07 15 10 0 171 91 12
11 大隣憲司 3.69 11 12 0 149 105 12
12 アーリー君 3.44 10 11 0 135 104 24
13 だれさき 1.78 17 6 0 168 98 11
14 我末 2.75 13 8 0 140 78 13
15 ドリーム7 1.94 5 4 4 50 39 2
16 中継ぎ投手 3.00 5 1 4 40 34 8
17 島唄*島花 2.60 4 5 3 56 43 5
18 堂谷 0.31 1 0 26 26 6 1
【寸評】
チーム防御率2.62と先発・中継ぎ陣共に申し分ない成績を残した。
先発陣は全員2桁勝利あげるも、勝ち越しが1人だった。
中継ぎ陣についても、防御率は安定しているが負け数が多いのが気になる。
★各選手能力はこちらです。







☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。






  • 最終編集者 : MLB
  • 編集内容 : 投打成績更新
  • 更新日時: 2008年09月28日 23時04分37秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -