パワパーク@Wiki 他球団分析&要注意選手(パリーグ各球団)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


他球団分析&要注意選手(パリーグ各球団)

「ココはこういうチームだ!」「こいつだけには気をつけろ!」・・・とこんな感じに他球団を分析します



ソフトバンク
#ref error : ファイルが見つかりません (〔«更新〕.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (〔«699»〕.gif)#ref error : ファイルが見つかりません (〔保存»〕.gif)




267期


評価ランク  最終順位

野手陣:戦力が揃ってきた、反撃開始か。投手陣:中継ぎ陣の踏ん張りで勝利を目指す。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗1分 

評価ランク  最終順位

野手陣:成長途上。数年後には・・・。投手陣:中継ぎ陣は強力だが・・。先発陣が成長すれば上位争いも見える
昨シーズンの対戦成績 13勝9敗

評価ランク  最終順位

野手陣:盗塁数はリーグ1・2を誇るパワーが備われば上位争いに食込む。投手陣:有人選手の成長と新入団選手で立直しを図りたい所だが。
昨シーズンの対戦成績 16勝6敗

評価ランク  最終順位

野手陣:若手中心。数年後には上位争いは確実。投手陣:成長途上。我慢のシーズン。
昨シーズンの対戦成績 19勝4敗

評価ランク  最終順位

野手陣&投手陣:立直すには選手が入団しないとはじまらない・・このままだと暗黒時代が永遠と続いてしまう。
昨シーズンの対戦成績 18勝3敗


266期


評価ランク  最終順位

野手陣:全体的に迫力不足、下位打線のレベルupが急務か。投手陣:先発陣が序盤で崩れなければ良いが・・。
昨シーズンの対戦成績 13勝8敗1分 

評価ランク  最終順位

野手陣:成長待ち。数年後には・・・。投手陣:先発と中継ぎ陣の温度差が開き過ぎる。先発陣の成長待ち
昨シーズンの対戦成績 21勝1敗

評価ランク  最終順位

野手陣:無人化を解消しないと上位争いは厳しいか・・。投手陣:助っ人(スーパー名無し)頼みでは厳しい戦いが続く。
昨シーズンの対戦成績 18勝3敗1分

評価ランク  最終順位

野手陣:成長途上。このまま育てば上位争いは確実。投手陣:数年後には投手王国の予感、無人化は避けたいところ。
昨シーズンの対戦成績 17勝5敗

評価ランク  最終順位

野手陣&投手陣:立直すには選手が入団しないとはじまらない・・このままだと暗黒時代が永遠と続いてしまう。
昨シーズンの対戦成績 17勝5敗


265期


評価ランク  最終順位

野手陣:作シーズンMVP選手の前にランナーを溜められれば。投手陣:有人投手の成長待ち。
昨シーズンの対戦成績 19勝2敗1分 

評価ランク  最終順位

野手陣:リーグ1若い布陣上手く成長すれば。投手陣:伝統の継投策で戦う。先発陣が上手く試合を作れるか
昨シーズンの対戦成績 20勝1敗1分

評価ランク  最終順位

野手陣:成長途上、ベテランが打線を引張るが駒が不足気味か。投手陣:有人選手の成長待ち厳しい戦いが続く。
昨シーズンの対戦成績 11勝11敗

評価ランク  最終順位

野手陣:駒が揃ってきた成長しだいで数年後には黄金時代か。投手陣:世代交代突入、無人化は避けたいところだ。
昨シーズンの対戦成績 15勝5敗2分

評価ランク  最終順位

野手陣:駒不足立直すには新入団選手の力が必要。投手陣:立直すには有人選手が入団しないとはじまらない・・。
昨シーズンの対戦成績 17勝6敗


264期


評価ランク  最終順位

野手陣:若手が勢いに乗れば勝機が見える。投手陣:先発投手の調子次第。中継ぎ陣の不安大。
昨シーズンの対戦成績 20勝2敗 

評価ランク  最終順位

野手陣:立直しには数年必要。投手陣:中継ぎ陣は強力だが先発陣が安定感に欠ける。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗

評価ランク  最終順位

野手陣:上位打線で得点しないと厳しい布陣。投手陣:継投策での戦いが続く。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗

評価ランク  最終順位

野手陣:世代交代期間に突入上位打線の出来次第。投手陣:先発の柱が1本抜け陰りが見え始めた。世代交代に突入か・・・。
昨シーズンの対戦成績 17勝4敗1分

評価ランク  最終順位

野手陣:若手中心、これから布陣。投手陣:立直すには有人選手が入団しないとはじまらない・・。
昨シーズンの対戦成績 21勝1敗

263期


評価ランク  最終順位

野手陣:若返る、上手に成長すれば数年後には・・。投手陣:ベテラン先発投手がいかに勝ち星を稼げるかが鍵。
昨シーズンの対戦成績 16勝6敗 

評価ランク  最終順位

野手陣:迫力不足。時間を掛けてのチーム作り。投手陣:最小失点で中継ぎ陣に繋げれば勝利が見える。
昨シーズンの対戦成績 17勝4敗1分

評価ランク  最終順位

野手陣:ベテラン2選手が野手陣を牽引。投手陣:全体的にスタミナ不足。継投策が機能すれば勝機が見える。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗

評価ランク  最終順位

野手陣:PW不足繋ぐ打線で活路を開ければ・・・。投手陣:先発陣はリーグ1・2を争うが、中継ぎ陣に不安が残る。
昨シーズンの対戦成績 15勝5敗2分

評価ランク  最終順位

野手陣&投手陣:暗黒時代に突入してしまったか、厳しい戦いが続く・・・。
昨シーズンの対戦成績 15勝6敗1分

262期


評価ランク  最終順位

野手組:ベテラン選手(有人選手)が活躍しないと勝機は無い・・。投手組:エースの勝利数を他の投手が上乗せできるか。中継ぎ陣、不安大
昨シーズンの対戦成績 14勝7敗1分 

評価ランク  最終順位

野手組:ルーキー2名加入するも・・迫力不足。投手組:先発陣が試合を壊さなければ、、中継ぎ陣はリーグ1。
昨シーズンの対戦成績 14勝7敗1分

評価ランク  最終順位

野手組:上位打線で得点しないと・・・投手陣:スタミナ不足。継投が機能すれば勝機が見える。
昨シーズンの対戦成績 19勝2敗1分

評価ランク  最終順位

野手組:リーグ1若い野手陣。数年後には・・・。投手組:先発陣は安定しているが中継ぎ陣に不安が。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗

評価ランク  最終順位

野手組:長打力不足。投手組:崩壊・・厳しい戦いが続く・・・。
昨シーズンの対戦成績 19勝3敗


261期


評価ランク  最終順位

野手組:上位打線が活躍しないと・・。投手組:エース&抑えが勝利の鍵になるだろう。
昨シーズンの対戦成績 17勝5敗 

評価ランク  最終順位

野手組:無人化が進み崩壊寸前。投手組:先発陣の駒不足。厳しい戦いが続くだろう
昨シーズンの対戦成績 17勝4敗1分

評価ランク  最終順位

野手組&投手陣:有人選手がチームを牽引していかないと苦戦が強いられる。
昨シーズンの対戦成績 20勝1敗1分

評価ランク  最終順位

野手組:長打力不足。投手組:自慢の先発陣にも衰えの影が忍び寄る。
昨シーズンの対戦成績 18勝3敗1分

評価ランク  最終順位

野手組:長打力不足。投手組:崩壊・・厳しい戦いが続く・・・。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗





260期


三人衆 評価ランク  最終順位

投・打共に有人選手の活躍が上位進出の鍵になるだろう。
昨シーズンの対戦成績 18勝4敗 

中継ぎ 評価ランク  最終順位


中継ぎ陣はリーグ1を誇るが先発陣が早い回に大量失点をすると苦しい戦いに。野手組の無人化が進んでいるのが不安材料。
昨シーズンの対戦成績 13勝6敗

守 り 評価ランク  最終順位

野手組の若返り(無人化)を投手陣が引っ張っていく戦い。
昨シーズンの対戦成績 16勝5敗

勢 い 評価ランク  最終順位

先発3本柱の勝ち星がチームの成績に直結する戦いになる。
昨シーズンの対戦成績 17勝3敗

不 安 評価ランク  最終順位

崩壊した投手陣を野手陣が引っ張るが・・・暗黒時代の予感が・・・。
昨シーズンの対戦成績 13勝8敗




259期


我 慢 評価ランク  最終順位 3

投・打共にベテラン勢がどこまで頑張れるかが上位生き残りの鍵。

打 線 評価ランク  最終順位 2

野手&先発陣に戦力ダウン。終盤勝負の展開がシーズン通しての戦いになりそう。

大 味 評価ランク  最終順位 5

チーム全体に一時期の勢いに陰りが見えてきた。野手が投手陣をカバーしないと勝機は無いだろう。

勢 い 評価ランク  最終順位 4

先発3本柱が踏ん張らないと若手中心の打撃陣では厳しい戦いになる。

将 来 評価ランク  最終順位 6


投手陣に続き野手陣も崩壊の危機が・・・暗黒時代の予感が・・・。




258期


我 慢 評価ランク  最終順位 5

昨シーズンは打率&防御率共にリーグ最低。今シーズン大型補強がなければ、蚊帳の外になりかねない・・・。

打 線 評価ランク  最終順位 1

繋ぐ打線は強力・中継ぎ陣は健在。早い回に先発投手を捕らえれば勝機あり。そう昨シーズンのCSのように・・・。

大 味 評価ランク  最終順位 3

ベテラン揃いの打撃陣をいかに抑えるかが勝敗の鍵。手薄な中継ぎ陣を攻略できれば勝機は訪れる。

勢 い 評価ランク  最終順位 4

若手中心の打撃陣を調子に乗らせては昨シーズンの二の前に。ベテラン先発陣を早い回に打ち崩せれば・・・。

将 来 評価ランク  最終順位 6

投・打共に若手中心で経験不足の感が・・・数年後のチーム



257期


定 着 評価ランク  最終順位

選手層(無人化)の薄さが深刻だ。このままではBクラス常連も・・・。

安 定 評価ランク  最終順位

ミート中心の打撃陣、強力な中継ぎ陣は、健在。不安定な先発投手陣+抑えが引退不安要素はここか。

本 命 評価ランク  最終順位

打率&盗塁リーグ1の打撃陣をいかに抑えるかが勝敗の鍵となるだろう。不安は中継ぎ陣。

脱 出 評価ランク  最終順位

目だった補強もなく。先発3本柱がいかに勝ちにつなげるかがチーム浮上の鍵。

遺 恨 評価ランク  最終順位

若い投手陣を 打撃陣がいかに盛り上げるかで チームの成績に繋がるだろう

256期


破 壊 評価ランク  最終順位 5

{昨年はパ·リーグ1の本塁打数と破壊力十分。しかし投手陣の無人化が不安材料、打撃陣の出来次第ではBクラス転落もありえる。}

安 定 評価ランク  最終順位 1

{昨年オフのトレードでは疑惑が···ミート中心の打撃陣·中継ぎ陣は、まだまだ人材は豊富。先発投手陣が若く不安要素はここか。}

本 命 評価ランク  最終順位 3

{昨年はリーグ戦3位から逆転し日本シリーズ進出。打率+盗塁はリーグ1。先発陣も高評価を受け今期優勝大本命か?不安は中継ぎ陣。}

脱 出 評価ランク  最終順位 6

{昨年の打撃成績は全てにおいてリーグ最下位。先発3本柱がいかに勝ちにつなげるかがチーム浮上の鍵。}

遺 恨 評価ランク  最終順位 2

{疑惑?の煽りを受け投手陣が崩壊?も 意地を見せ唯一勝ち越した。野手の頑張りにどれだけ投手陣が応えるかにかかってくる。}

255期


先発に不安 評価ランク  最終順位 2

投手力は不安定だが、打撃力が高い為それを補える。投手力次第といえるチーム

安定感は充分 評価ランク  最終順位 4

以前のような絶対的エースが中継ぎにいない為少し苦しいが、それを補えるだけの打撃力は充分あるので負け越す事はないだろう。

破壊力は抜群 評価ランク  最終順位 3

ベテラン勢の力で破壊力はリーグ屈指。中継ぎ抑えがまだ若手の為、不安が残る。

野手陣次第 評価ランク  最終順位 6

投手力はリーグ屈指。上位を目指すには野手陣が鍵となる。

壊滅状態の投手陣 評価ランク  最終順位 5

有人投手が三名と壊滅している。しかし野手陣は優秀なので、投手さえ再建出来れば常勝チームとなりそうだ。


総合 - 今日 - 昨日 - 最終更新日: 2009年12月26日



ここまでソフトバンク

ロッテ



他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき投手についてのページ

通算の訪問者 : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -





第274回



パリーグ

   
昨季対戦成績 考察
 4勝-16敗 0分  昨期1位のチーム。強力な打線と投手陣を持つ。打線の破壊力はまさに規格外。試合の仕掛けも上手い。
要注意選手 redホッシー 若くして通算打率が3割を超えているオリの核弾頭。塁に出さないようにして、失点を最小限に抑えたい。
狙い目選手 田中 能力的にはまだまだ発展途上の若手。この投手かsho投手を狙いたい。





昨季対戦成績 考察
 12勝-9敗 1分 昨期3位のチーム。投手陣は若手がほとんど。打線もmoemoe選手が抜けたので今期は少し厳しいか。
要注意選手 四季映姫 西武の4番打者。チャンスにはめっぽう強い。
狙い目選手 マイケル 特に狙い目はないが、唯一上げるなら決め球を持っていないこの選手か。





昨季対戦成績 考察
 16勝-12敗 分  昨期4位のチーム。若い選手が多い。守備には若干の不安がありそう。
要注意選手 むねみっさんⅡ 170kmの球を投げる豪速球投手。制球も良く、調子のよい時には全く歯が立たないので彼が17番に居る時に試合をしかけたい。
狙い目選手 エースを狙え 制球が他の投手と比べ若干低め。変化球数も少ないので序盤に攻略したい。





昨季対戦成績 考察
 12勝-6敗 2分  昨期5位のチーム。今期は球界一の選手であるmoemoeが加入。これからが楽しみなチーム。
要注意選手 moemoe あけぺな界最強の野手。この選手だけは何としても抑えたい。
狙い目選手 紫都島 制球の低い名無し投手。この選手か同じく制球の低い大友剣投手を狙いたい。





昨季対戦成績 考察
 13勝-4敗 1分 昨期6位のチーム。若干攻撃力不足か。投手陣も穴が多いのでしっかり狙えば勝てそう。
要注意選手 せれそん 長距離砲だが振り子打法の異色の選手。
狙い目選手 青木慎太郎 制球の低い名無し投手。この投手か、同じく名無しのアサト投手を狙っていきたい。







第273回


パリーグ

   
昨季対戦成績 考察
 2勝-20敗 0分  昨期1位のチーム。wikiランクSが長い間続いていたため個々の選手能力が非常に高い。打線の破壊力はまさに規格外。
要注意選手 redホッシー 若くして通算打率が3割を超えているオリの核弾頭。塁に出さないようにして、失点を最小限に抑えたい。
狙い目選手 shota 球種が1つのみのため、投球が単調。一番攻略しやすいだろう。



昨季対戦成績 考察
 4勝-16敗 2分  昨期2位のチーム。世代交代を終えたばかりのチームで若い選手が多い。
要注意選手 むねみっさんⅡ 170kmの球を投げる豪速球投手。制球も良く、調子のよい時には全く歯が立たないので彼が17番に居る時に試合をしかけたい。
狙い目選手 清澄白河 決め球を持っていない若手投手。序盤のうちに攻略して試合を決めたい。てんどん投手も狙い目か。





昨季対戦成績 考察
 5勝-17敗 0分 昨期3位のチーム。投手陣は若手がほとんどだが、中軸の2選手を始め、打線は中々強力。
要注意選手 moemoe あけぺな最強の打者。パワーには目を見張るものがある。この選手の前にランナーはためたくない。
狙い目選手 みっこ 特に狙い目はないが、唯一上げるならスタミナに不安のあるこの選手。





昨季対戦成績 考察
 9勝-13敗 0分  昨期4位のチーム。最近になってやっと選手が数人加入した。まだまだ名無しに依存している感は否めない。
要注意選手 伊藤信長 ベテラン名無し。打撃能力はもちろん高いが、守備もなかなかのもの。
狙い目選手 大友剣 制球の低い若手投手。狙うならこの選手が一番。





昨季対戦成績 考察
 7勝-13敗 2分 昨期5位のチーム。若干攻撃力不足か。投手陣の能力も標準並。
要注意選手 麩艶葉針 昨年は大不振だった選手。だが、塁に出すとうるさいので何としても抑えておきたい。
狙い目選手 青木慎太郎 制球の低い名無し投手。この投手か、同じく名無しのアサト投手を狙っていきたい。








第270回


パリーグ

   
昨季対戦成績 考察
 7勝-15敗 0分  昨期1位のチーム。wikiがかなり安定していて、全員有人。倒すのは難しいチームだ。
要注意選手 五十嵐亨 9年目のSS砲。この打者に限らずそのほかの選手も侮れない。この打者の前にランナーをためないよう気をつけていきたい。
狙い目選手 shota 新人投手。能力は少し良いが、防御率、特能も不安定なのでこの投手を中心に仕掛けていきたい。

昨季対戦成績 考察
 9勝-12敗 1分 昨期2位のチーム。有人選手が多くなり、戦力が増す中、今期はオフで多くの選手入れ替えがあった。初期能力のうちに狙って勝利を稼いでいきたい。
要注意選手 moemoe 8年目とまだ若く成長中のSSS砲。とにかく超特能もあり、攻撃面丸出しの西武の最強4番打者。好調な投手をあてて大量失点を防ぐために気をつけたい。
狙い目選手 はる 新人投手。能力もかなり低いので、勝利を稼ぐためには最高の相手。この投手を中心に攻めていきたい。

   
昨季対戦成績 考察
 7勝-15敗 1分  昨期3位でのチーム。つい最近まで黄金時代を気築いていた。選手が入れ替わるも、成長は著しく、若いからといって侮れない。気をつけて仕掛けていきたい。
要注意選手 四季映姫 まだまだ能力が高く、4番を任されている選手。そのほかの中軸も能力が高いのでかなり慎重に攻めたい。
狙い目選手 シャキン スーパー名無しの選手。能力はそれほど高くないので打てるはず。制球力の低いこの投手を中心に仕掛けていきたい。

   
昨季対戦成績 考察
 10勝-11敗 1分  昨期4位のチーム。有人選手が1人ながらも名無しも強く、好成績を出している侮れないチームだ。簡単に仕掛けずに投手をしっかりチェックしてから仕掛けたい。
要注意選手 ジャコビー 名無しの中で能力が1番高いわけではないが、特能の組み合わせもあって強い選手と見られる。対戦時には気をつけたい。
狙い目選手 まさと ベテランの名無し投手。衰えてきているので狙いたい。

   
昨季対戦成績 考察
 11勝-11敗 0分 昨期6位のチーム。名無しが目立つチーム。しかし、各選手の能力は侮れないので気をつけていきたい。
要注意選手 せれそん 能力が高い。いずれの成長するとうるさいが、今のうちに封じ込めておきたい。
狙い目選手 アサト 名無しの投手。1番勝てそうな投手だが、他のに名無しにも注意して攻めていきたい。






最終更新日時: 2010年02月10日 19時44分58秒
編集者: 
  • かもめ        (最終更新時期:第253回/更新箇所:第253回全て)
  • ボメル        (最終更新時期:第255回/更新箇所:第255回全て)
  • 社長         (最終更新時期:第254回/更新箇所:第254回セリーグ)



ここまでロッテ

西武


他球団を考察します。とにかく。


第288回

仲居允彦 オリックスの3番打者。ミートが非常に高い。
昨シーズンは、打率.281 HR20本 69打点と活躍。
剥け将軍 若手成長株の中継ぎ投手。制球力が高い。
昨年は10勝6敗6S 防御率2.83と活躍。shotaと共に中継ぎとしてチームを支える。
若手野手が順調に成長している。投手陣がどれだけ踏ん張れるかが勝敗の鍵となる。
今年は優勝争いに加わりたい。

北野良栄 ソフトバンクの主軸。クラインの壺の存在で目立たなかったが、能力は非常に高い。
昨年は、打率.312 HR19本 82打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
昨年は17勝3敗 防御率2.03と活躍。今年は中継ぎに転向してチームを支える。
課題の投手力が改善されてきた。野手は充実しており得点力は非常に高い。
対戦では如何に強力打線を抑えるかが鍵となる。

ゴリゴリ ロッテの新入団選手。走力と守備力が高い。
守備面でチームに大きな貢献している。
ノエイン パームとHシンカーが決め球の中継ぎ投手。
昨年は、10勝7敗1S 防御率2.63と活躍し、最多奪三振のタイトルを獲得した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

クロマティ 楽天の3番打者。パワー・ミート共に非常に高く一発を量産できる能力を持つ。
昨年は、打率.306 HR31本 84打点と活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォーク・スクリューと豊富。
昨年は、21勝3敗 防御率1.03 と大活躍。対戦では絶対に避けたい投手である。
クリーンアップが非常に強力。投手陣も充実してきた。
昨年はリーグ3位とAクラス入りを果たした。今年は連続Aクラス入りを狙う。

伊集院炎山 日本ハムの若手成長株。ミートとパワーのバランスが取れている。
低迷しているチームを引っ張っていきたいところ。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、16勝7敗 防御率1.78 と大活躍。対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。名無しを減らすのが課題。
昨年同様、今年も厳しい戦いになりそうだ。



第287回

天災地変Ⅴ オリックスの不動の4番。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.378 HR25本 100打点と大活躍。
shota 今期から中継ぎに転向。スライダーとフォークが武器。
昨年は19勝6敗・防御率1.76と活躍。先発投手からできるだけ得点したい。
若手野手が順調に成長しているが、投手力が低下。
優勝争いをするには厳しいか。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲。打撃面でチームを支えている。
昨年は、打率.353 HR33本 98打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長しつつある。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
能力としてはまだまだだが、強力打線の援護があるため、対戦は避けたい。
課題の投手力が改善されてきた。野手は充実しており得点力は非常に高い。
対戦では如何に強力打線を抑えるかが鍵となる。

ゴリゴリ ロッテの新入団選手。走力と守備力が高い。
守備面でチームに貢献できるか。
ノエイン パームとHシンカーが決め球の中継ぎ投手。
昨年は、6勝2敗5S 防御率1.84と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

上条当麻 楽天の4番打者。パワーが非常に高く一発を量産できる能力を持つ。
昨年は、打率.285 HR41本 107打点と大活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォーク・スクリューと豊富。
昨年は、17勝3敗 防御率1.58 と大活躍。対戦では絶対に避けたい投手である。
クリーンアップが非常に強力。投手陣も充実してきた。
昨年はリーグ4位と2年連続でBクラス。今年こそAクラス入りを狙う。

伊集院炎山 日本ハムの若手成長株。ミートとパワーのバランスが取れている。
低迷しているチームを引っ張っていきたいところ。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
衰退期に入ったが能力が高いので対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。名無しを減らすのが課題。
今年も厳しい戦いになりそうだ。




第286回

天災地変Ⅴ オリックスの不動の4番。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.393 HR41本 122打点と大活躍。パ・リーグ首位打者・野手MVPを獲得した。
最強 shotaと共にオリックスの先発の柱。スライダーとフォークが武器。
昨年は18勝7敗・防御率2.05と活躍。できれば対戦は避けたい。
若手野手が順調に成長しているが、主力投手陣の高齢化が進んでいる。
総合力は依然として高い。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
昨年は、打率.372 HR26本 105打点と活躍した。
茂野吾郎Ⅱ ソフトバンクのエースに成長しつつある。決め球はスライダー・カーブ・フォーク。
能力としてはまだまだだが、強力打線の援護があるため、対戦は避けたい。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
名無し化したが、主軸としてチームを引っ張る。
南田 Hシンカーが決め球の中継ぎ投手。ノエインと共に中継ぎとしてチームに貢献。
昨年は、6勝1敗3S 防御率1.66と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

上条当麻 楽天の4番打者。打率は低いがパワーが非常に高く一発がある。
昨年は、打率.233 HR30本 96打点と活躍した。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、15勝7敗 防御率1.58 と大活躍。対戦では避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力が大幅アップした。
昨年はリーグ5位と再びBクラスに転落。今年はAクラス入りを狙う。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.300 HR19本 50打点の成績を残した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
衰退期に入ったが能力が高いので対戦は避けたい。
選手層が薄いため、得点力が低く防御率も安定しない。
今年も厳しい戦いになりそうだ。



第285回

天災地変Ⅴ 昨年よりオリックスの4番に座る。パワ・ミート共に最高レベル。
昨シーズンは、打率.351 HR30本 103打点と大活躍。今年はそれ以上の成績を残せるか。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は14勝8敗・防御率1.91と活躍。できれば対戦は避けたい。
主砲・強打巧打守備型が引退したが、中堅・若手選手の成長で得点力の低下は無さそうだ。
中継ぎのたこやき・小岩井よつばが巨人に移籍し投手陣が弱体化したため、以前ほどの怖さはなくなっている。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲に成長した。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
昨年は、打率.423 HR37本 107打点と大活躍。首位打者とパ・リーグMVPを獲得した。
ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー。
みぃ~くんとの中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。昨年は、中継ぎながら22勝1敗5S 防御率1.30と大活躍し、パ・リーグMVPを獲得した。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年の成績は今一つだったが、オフに特殊能力・チャンスメーカーを取得し今シーズンの活躍を期する。
南田 Hシンカーが決め球の中継ぎ投手。ノエインと共に中継ぎとしてチームに貢献。
昨年は、9勝2敗4S 防御率2.24と活躍した。
名無しが多くチーム事情は依然として苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

ky 楽天の主軸選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは強力である。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、12勝6敗 防御率2.25 と活躍。対戦では避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力が大幅アップした。
昨年はリーグ3位と久々のAクラス入りを果たした。今年もAクラス入りを狙う。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.305 HR14本 49打点の成績を残した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、13勝10敗 防御率2.20と活躍。対戦では避けたい投手だ。
球界を代表する1番バッターのPANDAが引退し、得点力の低下は必至。投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
今年は昨年以上に厳しい戦いになりそうだ。



第284回

天災地変Ⅴ 主砲・強打巧打守備型の引退により、今年からオリックスの4番に座る。パワ・ミート共に高い。
オフシーズンに超特殊能力・闘気を習得し、対戦時の怖さが増した。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は17勝5敗・防御率1.67と抜群の安定感を見せた。対戦は避けたい。
主砲・強打巧打守備型が引退したが、中堅・若手選手の成長で得点力の低下は無さそうだ。
中継ぎ陣の安定感は抜群だが、先発2人・剥け将軍・ネーノの能力が低く、対戦ではこの二人を狙っていきたい。

クラインの壺 ソフトバンクの主砲に成長した。ミート・走力が高く足で掻き回す。一発もあり厄介なバッター。
オフシーズンに超特殊能力・闘気を習得し、対戦ではとても怖いバッターだ。
ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー。
みぃ~くんとの中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い。
対戦では能力の低い先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年は、3番として打率.286 HR26本 66打点と活躍した。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
昨年は、15勝5敗 防御率1.42と中継ぎとは思えない驚異的な活躍をした。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。
対戦では、中継ぎは安定しているので、能力の低い先発を狙いたい。

ky 楽天の若手有望選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは強力である。
クーンズベリ 楽天の絶対的エース。決め球が、スライダー・カーブ・フォークと豊富。
昨年は、17勝5敗 防御率1.62 と自己最高の成績を記録。対戦では絶対に避けたい投手である。
有望な若手選手が着実に成長し得点力の大幅アップが期待される。
今年こそAクラス入りなるか。

鴨葱 日本ハムの中軸打者。ミートがかなり高く、パワーもあるため一発もある。
昨シーズンは3番として打率.325 HR24本72打点と活躍した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、13勝6敗 防御率2.10と自身最高のシーズンだった。対戦では絶対に避けたい投手だ。
球界を代表する主砲・moemoeが引退し、得点力の低下は必至。投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
今年は昨年以上に厳しい戦いになりそうだ。





第283回

メモリーズ 主砲・五十嵐亨の引退により今年から3番に座る。パワ・ミート共に高い。
五十嵐亨の抜けた穴を埋めることができるか注目したい。
最強 shotaと共にオリックスの次世代を担うであろう先発投手。スライダーとフォークが武器。
昨年は18勝6敗・防御率1.99と大ブレイクした。
主砲・五十嵐亨が引退し得点力が大幅に低下すると予想される。
それでも総合力はパ・リーグ随一だろう。

クラインの壺 ソフトバンクの若手の成長株。ミート・走力が高く足で掻き回す。
昨年は、打率.341 HR21本 81打点と大活躍した。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
王選手との中継ぎリレーを打ち崩すのは困難と予想される。
依然として先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い
対戦では先発からどれだけ得点できるかが鍵となる。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター。
昨年は、3番として打率.322 HR21本 52打点と活躍した。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
昨年は、17勝2敗 防御率1.45と中継ぎとは思えない驚異的な活躍をした。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。
昨年と同様に今年も厳しい戦いが予想される。

ky 楽天の若手有望選手。ミートが高く活躍が期待されている。
2番ky・3番クロマティのコンビは今後怖い存在になるだろう。
最期のシ者 轍堰劉轡と共に楽天の若手有望投手。スライダーとSスライダーが武器
中継ぎとしてチームに貢献できるか注目したい。
有望な若手選手が育ってきており数年後が楽しみ。
Aクラス入りが目標。

moemoe 40歳を超えても衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
昨シーズンは4番として打率.329 HR34本90打点と活躍した。
オズワルド 絶対的エースとしてチームを引っ張る。Hスライダーとナックルが非常に強力。
昨年は、11勝7敗 防御率2.10と最高のシーズンだった。対戦では避けたい投手だ。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。



第282回

五十嵐亨 球界を代表する強打者。
40歳を超えても衰えが全く感じられない。
shota オリックスの次世代を担うであろう先発投手。パームが非常に強力。
球界を代表する選手に成長した。
総合力はパ・リーグ随一。
主力選手の高齢化が気になるところ。

クラインの壺 ソフトバンクの若手の成長株。ミート・走力が高く足で掻き回す。
順調に成長すれば怖いバッターになるだろう。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
今シーズンも層の薄い先発陣をカバーできるか。
先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。得点力が非常に高い
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン ロッテの主砲。衰えが隠せないが怖いバッター
この選手は是非マークしたい。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。中継ぎの柱としてチームに貢献。
ここ数年は防御率が1点台と安定感抜群。
名無しが増えてチーム事情は苦しい。
昨年同様に今年も厳しい戦いが予想される。

クロマティ 楽天の若手有望選手。
既にパワー・ミート能力がかなり高く末恐ろしい打者である。
轍堰劉轡 楽天の若手有望投手。フォークとHシンカーが武器
中継ぎとしてチームに貢献できるか注目したい。
有望な若手選手が育ってきており数年後が楽しみ。
Aクラス入りが目標。

moemoe 40歳を超えても衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
今シーズンは2番から4番へ移動しチームを引っ張る。
オズワルド 日本ハムの絶対的エースとしてチームを引っ張る。
防御率の割に勝ち星には恵まれないが、能力は非常に高い。できるだけ対戦は避けたい。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。

第281回

強打巧打守備型 オリックス不動の4番打者で球界を代表する選手。
昨年は、打率.367 HR31本 118打点と衰えが全く感じられない。
shota オリックスの次世代を担うであろう先発投手。パームが非常に強力。
オフに特殊能力・威圧感を取得し、今シーズンは飛躍の年となるだろう。
昨年は日本シリーズで敗退したが、総合力はパ・リーグ随一。
今年こそ日本一奪還を目指す。

クラインの壺 昨シーズンは、3番でHR26本88打点を残した若手の成長株。ミート・走力が高く足でも掻き回す。
順調に成長すれば怖いバッターになるだろう。
みぃ~くん ソフトバンクの強力中継ぎ陣の一人。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
オフに特殊能力・安定感を身に付け安定感が増した。
昨年はCSでオリックスに敗れて悔しい思いをした。先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン 主砲・長瀬楓が引退し、チームの看板を背負うことになった。
昨年は25本塁打と精彩を欠いた。オフに習得した特殊能力・固め打ちで活躍なるか。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。NO-LIANと共に中継ぎの柱。
昨シーズンは投球回数262 0/3 防御率1.10と驚異的な数字を残した。
中継ぎ投手のNO-LIANが名無し化したため若干投手力が低下した。
昨年同様に今年も厳しい戦いが予想される。

クロマティ 昨年は新人だがDHとして3番に座りHR29本70打点と活躍。
新人とは思えないパワー・ミート能力で末恐ろしい打者である。
クーンズベリ 一昨年に12勝8敗と遂に開花した。昨年は12勝10敗・防御率1.96。能力が非常に高い本格派投手。
対戦では避けたいところ。
主軸のせれそんが引退し、得点力が低下するだろう。今年も厳しい戦いが予想される。
Aクラス入りが目標。

moemoe 昨年40本塁打と衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
一番PANDA・二番moemoeのコンビは非常に強力。
オズワルド 能力が徐々に上がってきており、エースとしてチームを引っ張る。
今まで防御率の割に勝ち星には恵まれなかったが、昨年は12勝11敗と一人気を吐いた。今年の活躍も期待される。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。投手陣を強化すればAクラス入りも近い。

第280回

強打巧打守備型 オリックス不動の4番打者で球界を代表する選手。
衰退期に入ったが衰えは感じられない。
最強 オリックス先発では一番若手。能力が上がり怖い存在に成長した。
スライダーとフォークを駆使する技巧派投手。
昨年は日本シリーズ進出を逃したが、総合力はパ・リーグ随一。
今年は日本一奪還を目指す。

ニョロモⅣ 一番打者ながらHRバッターで昨年は43本塁打。ミート・走力・守備も高い。
パ・リーグで最も怖い一番打者だろう。
みぃ~くん 今年は抑えから中継ぎに転向。決め球はパーム・Hシンカー・Hスライダーと多彩。
オフに超特殊能力・鉄腕を身に付け更に能力を上げた。
昨年は日本一になりチームの雰囲気は良い。先発投手陣の層が薄いが、中継ぎ・抑え・野手陣は充実。
中継ぎ・抑えの貢献でチームは安定している。

デュラン 主砲・長瀬楓が引退し、チームの看板を背負うことになった。
昨年は40本塁打と活躍し今年も40本塁打以上を目指す。
ノエイン Hシンカーとパームが決め球の中継ぎ投手。NO-LIANと共に中継ぎの柱。
オフに超特殊能力・鉄腕を習得し球速大幅upでHシンカーの威力が向上した。
野手の長瀬楓・天戯弥勒が引退、投手の樹多村偽改が名無し化しチーム力は大幅に低下した。
今年は厳しい戦いが予想される。

せれそん 楽天打線の要。パワー・ミートは高いが走力はない。
この選手は是非マークしておきたい。
クーンズベリ 昨年は12勝8敗と遂に開花した。能力が非常に高い本格派投手。
対戦では避けたいところ。
新戦力として投手二人・野手一人が入団。数年後には戦力が充実してくるだろう。
Aクラス入りが目標。

moemoe 昨年45本塁打と衰えを全く感じさせない活躍ぶり。
一番PANDA・二番moemoeのコンビは非常に強力。
オズワルド 能力が徐々に上がってきており、エースとしてチームを引っ張る。
防御率の割に昨年は勝ち星には恵まれず、今後の活躍が期待される。
投手陣の層が薄く、チーム防御率が安定しない。
野手陣は中々の陣容を誇る。投手陣を強化すればAクラス入りも近い。





最終更新者: シャウエッセン
最終更新日時: 2010年05月22日 00時37分03秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -


過去他球団考察
他球団考察~第279回(西武)
他球団考察~第269回(西武)
他球団考察~第259回(西武)
他球団考察~第249回(西武)
他球団考察~第240回(西武)
他球団考察~第232回(西武)
他球団考察~第226回(西武)
他球団考察~第217回(西武)



ここまで西武

日本ハム
                                                                                                                                                                                          
     


他球団分析&要注意投手・野手


274回


   

昨季の対戦成績 総評
3勝19敗0分 隙が無い野手陣に、力のある中継ぎ、抑えとパリーグトップのチーム力を保持している。
選手名 ポジ コメント
長瀬楓 二塁手 打率.463、本塁打47本、打点178と脅威の成績をあげた。優勝の立役者といっていいだろう。
K.Sasaki 抑え 現球界最高の守護神。抜群の安定感をみせ44Sをあげた。これでまだ成長途中というのが恐ろしい。


   

昨季の対戦成績 総評
9勝11敗2分 チーム状態はボロボロ。これからの補強と選手の成長次第といったところ。
選手名 ポジ コメント
せれそん 一塁手 振り子でパワーSという新しいタイプのバッター。主軸としてチームを引っ張る。
クーンズベリ 先発 6年目だが抜群の能力を持っている。若きエース。



   

昨季の対戦成績 総評
10勝12敗0分 過去の栄光は何処に。主軸となる選手はいるものの、決め手にかける。
選手名 ポジ コメント
むねみっさんⅡ 中継ぎ 中継ぎながら奪三振263個と桁違いの成績をたたきだした。球界のDr.K。


   

昨季の対戦成績 総評
8勝14敗0分 若手の多い投手陣を野手が引っ張る。投手が成長が鍵となってくる。
選手名 ポジ コメント
四季映姫 捕手 高い打力の3冠王を狙える選手。現西武の主砲。


   

昨季の対戦成績 総評
6勝16敗0分 球界屈指の高打力が持ち味。投手陣の能力も優れており、優勝候補の一角
選手名 ポジ コメント
五十嵐亨 遊撃手 東の大打者が長瀬楓選手なら西の大打者はこの選手。走攻守どれも優れており、毎期安定した成績はさすが。
木内祐佳里 捕手 能力の衰えはみえるが、チャンスに強いバッティングは健在。


   

セリーグ

昨季の対戦成績 総評
14勝15敗1分 6位という成績だが、パリーグ勢では最下位の成績。初優勝は遠い
選手名 ポジ 球団名 コメント


第231回 第233回 第234回 第237回 第238回 第239回 第240回 第241回 第242回 第243回 第244回 第245回 第247回 第248回 第249回
第250回 第251回 第252回 第253回 第254回 第255回 第256回 第257回 第258回 第259回
第270回 第271回 第272回 第273回 第274回 第275回 第276回 第277回 第278回 第279回


最終更新者:moemoe
最終更新日: 2010年02月21日 21時45分39秒



ここまで日本ハム

オリックス
                  

他球団分析&注目選手


過去の記録はこちら
過去の他球団分析 第221期~225期
第226期~第229期
第234期~第239期
第240期~第244期
第245期~第274期


285期

球団別情報

ソフトバンク
総評
打線の破壊力はリーグトップで中継ぎ陣も王投手を中心に安定感は抜群。比較的力の落ちる先発陣を如何に打ち崩せるかが鍵になりそうだ。
要注意選手
王投手を避けて対戦したい。劣勢からでも流れを引き寄せる好投手である。他の投手も良いのだが、他の投手を相手にする方がまだマシだろう。

楽天
総評
強力な投手陣がウリのチーム。反面、打撃力がリーグ屈指の貧弱さというのが弱点。野手陣の成績次第で順位が大きく変動しそうだ。
要注意選手
クロマティ選手が得点を上げる際の頼みの綱か。他はky選手が怖い程度。この2人は抑えて行きたい。

西武
総評
投打のバランス面ではリーグ屈指。リーグで最も仕掛けが大事なチームになるだろう。
要注意選手
3番打者のクールミント選手に気をつけたい。リーグ屈指の打棒は衰え知らずと打線の中核を担っている。

ロッテ
総評
投手はまずまずも、打線がデュラン選手頼みというのは辛いか。下位候補なのは間違い無さそうだ。
要注意選手
今期もデュラン選手頼み。計算できる中継ぎ陣を生かすも殺すもデュラン選手次第だろう。

日本ハム
総評
オズワルド投手がチームの核。他の選手がどれだけ働けるかだろう。
要注意選手
エースのオズワルド投手との対戦は絶対に避けたい。無理はせずとも他の投手からなら勝ち星を拾える筈だ。

284期

球団別情報

ソフトバンク
総評
打線は強力も投手陣に不安有り。リリーフは計算できるが、先発は若手が多く厳しいかもしれない。素材としては良いが、戦力として見るならばやはり狙い目に。
要注意選手
ニョロモⅣ選手が1番と、危険な核弾頭。走ってくる回数は少ないが、逆に一発長打で出鼻を挫かれるかもしれない。できるだけ先手は打たせないようにしたい。

西武
総評
下位打線はともかく、上位打線は強力。先発も安定しているので仕掛けが重要になりそうだ。先発陣唯一の穴である疾風のエース2選手を狙い撃ちしたい。
要注意選手
クールミント選手には注意だ。リーグ屈指の強打者なので前にはランナーを溜めないようにしたい。打たれるにしても被害は最小限に。

ロッテ
総評
投打共に戦力不足に泣くか。強みはリリーフ陣の強力さだが、こうも打線が非力では意味が無い。中継ぎが出てきても意味が無い展開にしたいところ。
要注意選手
勝利はデュラン選手の肩に掛かっていると言えるだろう。他に率と長打を稼げる打者が居ないので、彼さえマークすれば良いか。

楽天
総評
投打共に今一つといった感じか。主力投手は計算できるのだが、野手が足を引っ張りそう。Aクラス入りは得点力次第といった感じか。
要注意選手
クイーンズベリ投手はリーグ屈指の好投手。長い回を投げれるスタミナが有るので、早い回の降板は望めなさそうだ。極力対戦は避けたい。

日本ハム
総評
戦力が投打共に足りないうえ、これといった強みも無いので最下位候補の筆頭か。主力は力が有るのでそこだけを注意したいところ。
要注意選手
オズワルド選手だけを注意すれば後は怖くはないだろう。他の先発投手は力が大きく劣るので、オズワルド選手だけを避ければ良さそうだ。



ここまでオリックス

楽天



今期も優勝を狙う楽天ゴールデンイーグルス。ここではその優勝を争うライバル達に注目していきます。
楽天視点から見た他球団の傾向や印象、直接対決の結果や見どころなどについて紹介していきます。
ライバルに対するアドバイスなども入れていこうと思います。



第372回

オリックス

層の厚さから違う。貫禄の1位。

まず投手の球速が速い
だが野手の能力にところどころばらつきがみられる

ソフトバンク

野手の能力がほとんどc以上。

投手にも穴がなく、バランスのよいチームといえる

先頭バッターに注意すべき球団

西武

比較的投手の変化球が少ない(2種類など)

だがそのぶん球速があるので注意

ロッテ

制球力は抜群の軍団(全員B以上)

バッターはAが少なく、Bもばらつきがみられる。走力が全体的にないといえる

日本ハム

いい選手と能力の低い選手との差があり、最近なかなか勝ちをとれていない

お互いがんばりたい





第278回

オリックス

安定した戦力でリーグ制覇を成し遂げた

若手からベテランまで混在しているチームながら、隙のない布陣はさすが。
ここ数年、常に優勝争いをしているのもうなずける。
あえて言うなら、抑えのツヴァイが隙といえるが、
育成しながらの優勝と考えると、自チームの主力を信じた監督の采配はさすがといえよう。

ソフトバンク

要となる選手がチームを引っ張った

投手の要むねみっさんⅡと打線の要夜神が圧倒的な存在感を示した。
しかし、首位のオリックスと比べると選手の力の差が激しく、
苦しいときに追い切れなかったのがリーグ制覇を逃した原因だと思われる。

西武

打線のバランスはいいが...

問題となるのはやはり投手陣。
引っ張ってくれる選手がいないので、
独自の路線で力をつけているの感じがある。
填れば強いが、脆さもあり、安定した戦いをするのは苦しそうだ。

日本ハム

まだまだこれから...

moemoe、霧雨魔理沙の強力な2枚看板を備える。
Bクラスながら、2人は40本100打点と格の違う結果を残した。
まだまだ人数は足りないが、新しい選手が出てくれば面白いチームになりそうだ。

ロッテ

上位に上がれなかったのが不思議な布陣

投手は期待できそうな選手が多く、
野手もデュラン、長瀬楓と軸となる選手がいるのに、
昨年はまさかの5位という結果に甘んじた。
これからも伸びてくる選手も多く、目の離せない球団になりそうだ。



テンプレート(毎期の分はここをコピーして使ってください)
*第2○○回
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1237)&color(khaki,navy){オリックス}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1238)&color(white,darkkhaki){日本ハム}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1235)&color(white,black){ロッテ}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1234)&color(white,dodgerblue){西武}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1233)&color(black,yellow){ソフトバンク}


過去の他球団分析


チーム オリックス 日本ハム ロッテ 西武 ソフトバンク
担当者 SドルザークS SドルザークS SドルザークS SドルザークS SドルザークS

372期編集:みこと
最終更新日時: 2011年12月25日 10時16分46秒
                              通算訪問者: - 今日の訪問者: - 昨日の訪問者: -






要注意度は数字で評価、からまでのランク設定

第258回



              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 し~ずん オリックスの最年長投手。重い球所持、鉄腕で衰退をカバーするのは筆者と同じ考えである。
要注意投手 前園克彦 気迫を所持しているのは技巧派ならではか。速球投手を作る筆者的にはいらない特殊能力。







              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 門井俊介 走力S、守備力Sなのにキャッチャーをやっている選手。打撃能力は流石。
要注意野手 上野錐霞 後ろに強力な選手を迎えて今期はチャンスメークも期待される。





              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 ゆっくーん 衰退期に突入した。超特殊能力を取得した時が怖い!
要注意投手 武田 技巧派のクローザー






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 守護神 速球、変化球、コントロール全て持っているクローザー。
要注意野手 月映巴 これからの成長で記録を残すことが出来そうな選手。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 筆者の投手MVPが無理ならこの選手にさらわれるということ。ライバル宣言!
要注意野手 ニョロモⅡ #ref error : ファイルが見つかりません (?.gif) リアル野球に忠実ではなく、俺ペナに合わせた戦法で挑むソフトバンクの頭脳の一人。選手としても脅威だが、ブレーンとしてはもっと脅威的。よって測定不能とさせていただいた。


恒例、新人採掘のコーナー



球団 名前 投法打法 選手タイプ 寸評
またもやまたもや誰もいませんでしたチャン・チャン(マイケルチャン)(またかよ・・・またかよ)
ハイパーザコ選手の製作者の方はお元気かな?バグ復活したらまってまーす。

チ ー ム 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策









第258回



              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 門井俊介 有人野手の数が少ないためか、苦肉の策としてオーダーが・・・だから筆者は正直、野手を載せたくなかった・・・だが、この選手の実力は無視するわけにはいかない!
要注意投手 ノン オリックスのエース。20勝を達成したのは凄い!







              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 Gol.D.Roger ロケット打法の一番打者。走力がSに到達した時が覚醒の時
要注意野手 上野錐霞 特殊能力が豊富。晩年まで活躍し続けるだろう。





              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 ゆっくーん 速球はザ○ですと並ぶ160km・・でも変化球はゆっくーん投手の方がだいぶ上
要注意野手 MASAYA 10+4=14。つまり、肩力15まであと1・・






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 守護神 クローザーまでつなげるかが西武の課題。
要注意野手 クロフォード ピークを迎える不動のリードオフ。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意投手 ターカ 変化球の鬼。特殊能力に関する考え方は筆者と大きく異なるので、参考にしたい。
要注意投手 一休 こんなに素晴らしい投手を今まで掲載しなかったのは失礼。すみませんせんでした。


恒例、新人採掘のコーナー



球団 名前 投法打法 選手タイプ 寸評
またもや誰もいませんでしたチャン・チャン(マイケルチャン)(寒っ・・・そして泣)

チ ー ム 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
優勝 ロッテ 140 93 45 2 11 .673 .298 3.13 4.6 178 190 4
2 ソフトバンク 140 90 44 6 12 .671 .296 2.57 4.7 163 147 2
3 楽天 140 72 64 4 8 .529 .282 3.65 3.6 126 179 4
4 オリックス 133 68 64 1 7 .515 .257 3.59 4.1 169 50 10
5 西武 140 55 82 3 6 .401 .255 4.24 3.2 130 124 12
6 日本ハム 132 30 97 5 3 .236 .241 4.82 2.5 92 142 19

第266回



              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 五十嵐亨 5年目ながらミートSの選手。威圧感も持っているので注意しなければいけないだろう。
要注意投手 ユウタⅩ オリックスのエース。先発陣の中で唯一活躍を見せている。







              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 小坂誠 野手陣の中での中で一人奮闘しているベテラン選手。闘気持ち。
要注意投手 電球 投手陣の中で一人奮闘しているベテラン選手。変化球と得能が豊富。





              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 無し - 野手全員が4年目以内と若いチーム。7,8期後には怖い存在になっているだろう。
要注意投手 神威 変化球が豊富な選手。得能も豊富で攻略が難しい投手。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 月映巴 衰えなんて関係ないような成績を出している。リーグで3本の指に入る強打者。
要注意投手 直球・変化球・制球力と3拍子揃っているベテラン投手。得能も多いので攻略は難しいだろう。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 マイルドセブン パリーグで唯一のSS砲。緊縛・威圧感持ちなので要注意人物だ。
要注意投手 ゆっくーん 不惑のドクターK。得意のHシンカーで三振の山を築き上げる。


恒例、新人採掘のコーナー



球団 名前 投法打法 選手タイプ 寸評
オリックス 強打巧打守備型 両・ノーマル 強打巧打守備型 長打力と守備力を兼ね備えた選手。将来の4番になるだろう。
ロッテ 神楽坂明日菜 左・オーバー 変化球投手 抜群の変化球に152kmの速球を持っているルーキー。wiki使いなので成長が早く、リーグを席巻する投手になっているだろう。

チ ー ム 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
優勝 ソフトバンク 140 101 35 4 11 .742 .303 2.44 5.4 201 123 100
2 日本ハム 140 66 68 6 9 .492 .251 3.53 3.6 116 132 47
3 西武 140 65 68 7 11 .488 .250 3.20 3.1 121 163 38
4 楽天 133 61 74 5 10 .451 .241 3.52 3.2 115 130 47
5 オリックス 140 53 81 6 5 .395 .247 3.62 2.6 85 152 29
6 ロッテ 132 48 78 14 4 .380 .219 2.42 1.8 47 119 53

第267回



              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 五十嵐亨 ミートSに威圧感を兼ね備えていて打率が高い選手。後ろに怖い打者がいるので出すと厄介だ。
要注意投手 ユウタⅩ オリックスのエース。衰えが始まったがそれを吹き飛ばすようね活躍を見せている。







              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 小坂誠 今期が最終年の選手。ベテランらしいいぶし銀の活躍を見せている。
要注意投手 電球 投手陣の中で一人奮闘しているベテラン選手。変化球と得能が豊富で攻略が難しい。





              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 Y.Y 再びロッテに戻った選手。かつての長打力は無いが、繋ぐ四番として活躍する。
要注意投手 レントン 変化球と得能が豊富なベテラン投手。気迫持ち。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 月映巴 いまだ衰えを見せないベテラン選手。走攻守に活躍している。
要注意投手 直球・変化球・制球力と3拍子揃っているベテラン投手。気迫持ちなので攻略が難しいだろう。






              

              
              
選手名
              
 
危険度
 
              
成績・コメント
              
要注意野手 マイルドセブン 衰えが始まってきたが、影響はほとんど無いだろう。緊縛・威圧感持ちなので要注意人物だ。
要注意投手 かっつぁん 何といっても総変化量33の変化球は驚異的。得能も多く持っているのでこの投手が先発の時には仕掛けないようにしたい。


恒例、新人採掘のコーナー



球団 名前 投法打法 選手タイプ 寸評
ソフトバンク ニョロモⅢ 両・バスター 強打者 ルーキーながらBB砲と将来に期待できる選手。wiki使いなので成長が早く若い時から活躍し始めるだろう。
西武 ララバイ 右・サブマリン 変化球投手 制球力に課題を持っているが、シンカーの切れが抜群の投手。威圧感を持っているので若い時から活躍できるだろう。

チ ー ム 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
優勝 ソフトバンク 140 102 36 2 11 .739 .297 2.82 5.4 181 132 16
2 楽天 140 69 68 3 6 .503 .242 3.49 3.0 118 155 16
3 オリックス 140 62 74 4 4 .455 .258 3.80 3.7 128 158 20
4 西武 140 60 77 3 6 .437 .262 3.78 3.8 166 142 40
5 日本ハム 139 58 80 1 6 .420 .246 4.25 3.4 125 123 52
6 ロッテ 140 49 81 10 4 .376 .241 3.07 2.3 77 153 32











ここまで楽天