パワパーク@Wiki 第77回ロッテ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千葉ロッテマリーンズ☆


累積訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -




基本の打順 守備位置 選手名 作成者 寸評
デビルカズヤ かをる ドラフト入団の大器の片鱗見せる第71回新人王。俊足巧打に磨きをかける。今季は核弾頭として出塁役に徹する。さらなる進化への期待が膨らむ。俊足巧打を多いに活かしたいところ。
がしえもん ソフトバンクから移籍して来た走攻守のバランスの取れた選手。気合で相手投手を圧倒する。
八神ロクレイス k 西武から移籍して来て6年目を迎える巧打の強打者。チャンスに強く、ここ一番で頼れる打撃が魅力。守備も上手い。
KERORO 軍曹 ソフトバンクから移籍して来て即4番に座る待望の長距離砲。その圧倒的なパワーに加えて確実性も兼ね備えてた打撃で、相手投手を打ちのめせ!
剣八 御神 楽天から移籍して来て5年目を迎えるクラッチヒッター。気合で相手を圧倒する。打点量産を期待。
王松尚越 コバ まずまずのパワーを持つ。試合終盤に勝負強さを発揮する。
船笠愁帆 獅子 広島から移籍した来て2年目を迎える俊足巧打の守備職人。内野の要として守備で盛り立てる。打撃も安定感があり、安心。満塁男でもある。状況に応じて上位打線に入ることもある。
だいご 師匠 第75回の新人王。極度の不調に陥らない能力はあるようだが、全体的な力は まだまだ。成長が望まれる。
内藤 靖4世 高卒ルーキー。新人としての安打を打つ技術は評価に値。将来のアベレージヒッター候補。

基本の投順 選手名 作成者 寸評
先① アート PK ロッテ一筋の快速球サウスポー。打者を威圧する投球で、連打や被弾を防ぐ。パームが得意球。
先② しょぼ次郎 山口 打者を威圧し、被弾も連打も許さない左殺しの剛速球左腕。得意球はHシンカー。
先③ 禍出雲 黒龍 クイックモーションが上手く、走者を背負っても走らせない。
先④ サットン ブルース 右下手から繰り出される球は制球力抜群で球質も良い。連打を許さず、安定した力を発揮し、鋭い変化球で打者を翻弄。
先⑤ バスターX バスター 第75回新人王。精神的な弱さを克服し、今季は先発の一角を担う。安定感のある投球が魅力。
中① starrysky オレ 抜群の制球力を誇り、見た目以上の直球を投じる中継ぎ右腕。相手打者に力を出させない安定した投球術で被弾も防ぐ。マウンド捌きの上手さも魅力。
中② ロイキーン のぐち 快速球のリリーフ左腕。4つの変化球を自在に操り、被弾や連打を防ぐ。安定感があり、信頼も厚い。
中③ 眉村健2 海堂高校2 移籍入団の中継ぎ右腕。狙ったところに決まるパームが得意球。被弾も少ない。
速水ペルシャ ☆いてまえ☆ 交換トレードでヤクルトから移籍して来て8年目を迎える守護神。150キロ超えの直球と大きな変化球を武器に、セーブを量産。連打されない投球術も身上。第67回新人王。


<野手総評>
待望の長距離砲を迎え、パワー不足解消。相手投手に嫌がられる打者も多くなった。しかし、脚力が落ちた点が不安材料。長距離砲を中心した打撃重視の野球を展開する必要がありそうだ。下位打線を臨機応変に組み変えながら、打順の巡りを良くすることも重要になるはずである。守備もまだまだ堅いが、昨季と比較すると やや劣る。

<投手総評>
先発陣のスタミナに大きな不安を抱える。しかし、全体的に制球力に優れ、各投手それぞれの信頼は厚い。中継ぎフル稼働体制で試合に臨む。中継ぎ陣の踏ん張りが勝利の鍵を握る。

<チーム総評>
大幅に戦力が入れ替わったため、野球の質に変化が生じるかもしれない。しかし、総合力はまだまだ高い。全員野球を徹底し、目指せ5連覇!

<結果>

開幕直後は中継ぎ投手が打ち込まれるなど かなり苦しみ、一時は最下位に沈む。しかし、中盤8連勝をきっかけにAクラスに復帰。そこから暫く続いた2位争いを制す。その勢いで首位に躍り出る。その後、一時は2位以下を引き離すかと思われたが、失速し、首位と2位を行ったり来たりの展開が続いた。終盤に2位以下を引き離すことに成功。先に全試合終了し、2位以下の結果待ちとなった。そこで追い上げを喰らい、一時は首位を奪われるが、何とか復帰でき、最終的には僅差ではあったが、完全優勝での5連覇達成となった。
日本シリーズでは、開幕戦を落とし、2戦目は大炎上。マズイ雰囲気が漂いかけたが、3戦目に完封で白星を挙げると、形勢逆転。4戦目は接戦を制して勝利、5戦目も終盤の競り合いを制して勝利。6戦目は序盤に打線が火を吹き、中盤にもダメを押して、大勝。日本シリーズも5連覇を飾った。
他を圧倒する力がないため、シーズン・日本シリーズ共に苦しい展開だったが、投手陣の頑張りと、リーグ1の長打力を活かしての優勝・日本一だった。


主な編集者:いてまえ軍団団長