パワパーク@Wiki 第211回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。



◎第211回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
211 140 73 65 .528 .252 3.09 3.6 158 73 46
3期連続スタートダッシュに失敗し前半戦はBクラスに低迷する。
しかし後半戦に入ってから投打が噛み合いだし貯金をつくる。
終わって見ればまだ暫定だが2位で2年ぶりにCS進出をほぼ確定する。
星空散歩Ⅲ選手が首位打者・最多安打、ベテランの海野民子選手が本塁打・打点のタイトル獲得の可能性がある。
今期から4番を務めた若手のニョロモ選手が成長し、5番のメガパワー選手は30本塁打を達成する。来期以降も大きな戦力となるであろう。
投手陣では最終年のベテラン大隣憲司投手が好成績を残し、有終の美を飾る。
そしてもう一人のベテランだれさき投手は前半戦の不調が嘘のように後半戦以降安定した投球を見せ好成績を残す。
hyuchi3氏のエース級に挑むなど、無謀な仕掛けのせいで勝率を悪くしている。 試合を仕掛ける時は相手の投手を確認しよう!


☆今期のパ・リーグを振り返る(第211回)

  • 優勝は、日本ハム。圧倒的な成績で4連覇を達成。
  • 二位は、 ソフトバンク 。1年でAクラスに返り咲く。
  • 三位は、ロッテ。とうとう暗黒期から脱出する。13年ぶりにAクラス入り。
  • 四位は、楽天。3球団での熾烈な3位争いに敗れる。
  • 五位は、オリックス。前半戦は好調だったが後半戦に失速。
  • 最下位は、西武。ロッテに変わり暗黒期に突入の予感。


☆プレーオフ展望(第211回)

ソフトバンクは2位でCS進出を果たす。初戦のCS第1ステージでは久しぶりに3位で進出したロッテと対戦する。レギュラーシーズンでの対戦成績は15勝13敗とほぼ互角の勝負だった。第1戦目の先発はソフトバンクがエース『だれさき』投手。ロッテは『ロイキーン9』投手か『コスギⅥ』投手が第1戦目に登板予定。そしてCS第2ステージでは圧倒的な強さで4連覇を達成した日本ハムが待ち構えている。



☆今期のオールスター(第211回)

選手名 出場回数 成績
星空散歩Ⅲ 3年ぶり3回目 .357(0本0点) 
大隣憲司 2年連続3回目 5.40(0セ1奪) 
今期もソフトバンクからは野手1人・投手1人がオールスターに選出された。
3年ぶり3回目の出場となった星空散歩Ⅲ選手が1番ショートで出場した。
オールスターでの成績は持ち味を発揮し、打率.357と好成績を残す。
そして2年連続3回目の出場となるソフトバンクのエース 大隣憲司投手。
5イニングを投げ3失点。コントロールが定まらず負け投手となる。
試合の結果は3戦1勝2敗でパ・リーグが敗れる。



☆野手陣総括

  • 211期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 星空散歩Ⅲ .340 212 9 53 70 4 32 0
2 hyuchi3 .290 171 10 56 15 1 10 5
3 海野民子 .244 128 44 103 107 0 4 19
4 ニョロモ .258 139 17 54 35 2 1 5
5 メガパワー .247 135 30 80 100 0 10 2
6 DH ペイリン .240 130 21 67 82 1 4 0
7 タロウ .221 118 17 46 59 2 4 3
8 dul .189 98 6 22 60 2 1 6
9 大引啓次 .216 116 4 26 72 7 7 1

【寸評】
今期は得点率3.6と前期より1点ほどのばした。
1番、2番が塁にでてクリーンアップで返す理想の形だった。
また今期は若手も前期より成績がのびており打線復活に前進した。
★各選手能力はこちらです。



☆投手陣総括

  • 211期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 だれさき 2.40 16 9 0 128 92 12
11 大隣憲司 2.08 16 7 0 106 101 16
12 おィ!!其処の君 3.92 10 12 0 56 71 23
13 ドリーム7 2.83 10 12 0 56 71 20
14 憲6 2.95 11 12 0 90 80 21
15 カゲロウMk=2 5.86 3 4 2 17 20 6
16 杉内3 3.62 3 3 5 34 46 9
17 ジョン 4.76 2 3 2 28 29 8
18 川洲 3.12 2 3 28 15 17 4

【寸評】
今期のソフトバンクはチーム防御率3点台と2点台まで落とせなかった。
今期は先発全員2ケタ勝利とがんばった。
しかし、全体的に四死球、被本が増えてしまった。
来期は制球力やスタミナが問われてくるだろう。
★各選手能力はこちらです。



☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。





  • 最終編集者 :ニョロモ
  • 更新箇所 :総評過去保存
  • 更新日時: 2008年11月28日 19時19分07秒
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -