パワパーク@Wiki 第211回選手評価点(西武)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



   選手名                                                     今シーズンの働きについてコメント                                                   評価点 
選手名 コメント 5
きょん子 リーディングヒッターとして存分の働きをした。長打も打てる頼れる1番バッターとして君臨した。 9
ミカエル 少し残念な結果になったが、遊撃手として失策0は素晴らしかった。 7
奈々 打率こそ低かったものの、本塁打32本でチームの主軸として貢献した。 8
秋山幸二 チームトップの33本のホームランを放つも、打率が2割5分台と低迷した。
年数から考えるとそこまで追い求めるのは酷か。
8
長方形の箱 失策の多さが気になった。 5
mokemoke 新人ながら本塁打19本は立派。第211回パリーグ野手新人王にも選ばれた。 5
apple 三塁の守備はよかった。 5
福盛龍 特に活躍しなかった。 3
カズオ 特に活躍しなかった。 3
龍輝 良くもなく悪くもなくといったところか。投手最年長としては少し物足りない。 7
ts 防御率2.88は立派である。チームのエースとして君臨している。 8
フィリップ 防御率5.94と荒れ気味だった。被本塁打の多さを何とかしないと‥ 3
HEAVEN 防御率4.65とほろ苦いルーキーイヤーとなった。 4
神風 チーム最多の17敗を喫し、いまいち並に乗れなかった。まずは被本塁打を減らしたい。 4
戦国大名 チーム最多の被本塁打26と散々な結果となった。 3
社長 防御率4.63ながらもチーム最多の11勝と勝ち星が2桁にのった。
強運を生かしたピッチングが光ったが、来期は実力で抑えてもらいたい。
7
幻想卿 防御率を3点台に抑えどうにか2桁勝った。だいぶ力はついてきた。 7
デニー 抑えとして防御率2点台は合格点。抑えとして2度の失敗も、33セーブとセーブ王まであと2差と迫る好投を見せた。 8