パワパーク@Wiki 第212回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。



◎第212回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
212 140 81 59 .578 .271 3.61 4.3 181 141 38
日本ハムには敵わなかったが前半戦・後半戦と着実に貯金を増やす事に成功した。
日本ハムにこそ負け越したものの他の4球団には無難に勝ち越した。
ソフトバンクは2位で2年連続CS進出を確定する。
星空散歩Ⅲ選手が首位打者(.391)・最多安打(254)のタイトルを獲得する。
シーズン254安打は元オリックス大田良祐選手が持つ243安打を70年ぶりに破りあけぺナシーズン最多安打記録である。
最終年の海野民子選手が40本塁打を放ち、有終の美を飾った。
今期4番を務めた若手成長株のニョロモ選手が前半戦苦しむも30本塁打、100打点をクリアーする。
3番のメガパワー選手も2年連続30本塁打を達成する。
投手陣では守護神の川洲選手が32セーブを挙げるなど安定した投球を見せた。
そして先発陣全員が10勝到達するなどソフトバンク投手陣の強さが感じられた。
しかしhyuchi3氏の無謀な仕掛け、意味のない打順変更などに悩まされた。 試合を仕掛ける時は相手の投手を確認しよう!


☆今期のパ・リーグを振り返る(第212回)

  • 優勝は、日本ハム。圧倒的な強さを感じられないが5連覇を達成。
  • 二位は、 ソフトバンク 。2年連続で同順位。
  • 三位は、楽天。今期も楽・オ・ロでの熾烈な3位争いを演じる
  • 四位は、オリックス。前半戦・後半戦と伸び悩む。
  • 五位は、ロッテ。Bクラスへ逆戻り。
  • 最下位は、西武。暗黒期に突入する。全球団に20敗近くする。


☆プレーオフ展望(第212回)

ソフトバンクは2年連続2位でCS進出を果たす。初戦のCS第1ステージでは接戦の末、3位で進出した楽天と対戦する。レギュラーシーズンでの対戦成績は15勝13敗とほぼ互角の勝負だった。第1戦目の先発はソフトバンクがエース『だれさき』投手。楽天は『上杉克也』投手が最有力。そしてCS第2ステージでは以前ほどの圧倒的な強さでは無いものの5連覇を達成した日本ハムが待ち構えている。昨年は日本ハムに勝利しソフトバンクが日本シリーズに進出している。



☆今期のオールスター(第212回)

選手名 出場回数 成績
星空散歩Ⅲ 2年連続4回目 .285(0本0点) 
川洲 初選出・1回目 9.00(0セ1奪) 
今期もソフトバンクからは野手1人・投手1人がオールスターに選出された。
2年連続4回目の出場となった星空散歩Ⅲ選手は今年も1番ショートで出場。
.285とまずまずの成績を残した。
投手では川洲選手が嬉しい初選出。
1戦目2戦目と好リリーフを見せるものの、3戦目でよもやの失点。
試合の結果は3戦1勝2敗でパ・リーグが敗れる。



☆野手陣総括

  • 212期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 星空散歩Ⅲ .391 254 8 60 54 0 57 0
2 hyuchi3 .290 172 13 61 5 5 20 4
3 メガパワー .284 157 30 85 87 1 14 0
4 ニョロモ .291 158 30 108 60 7 1 2
5 海野民子 .259 132 40 93 99 1 8 1
6 ペイリン .263 143 27 90 55 1 9 9
7 予想GUY .184 99 8 36 65 2 8 13
8 DH ツキノ .229 120 18 46 62 0 4 0
9 大引啓次 .219 119 7 30 51 0 20 2

【寸評】
今期は得点率を4点台までのばした。
不動の1番星空散歩Ⅲ選手が首位打者、最多安打記録更新と大活躍。
クリーンアップは全員30本塁打達成。ニョロモ選手は大躍進の年だった。
7番以降もつながるようになれば、より強力な打線がつくれるだろう。
★各選手能力はこちらです。



☆投手陣総括

  • 212期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 だれさき 3.76 14 9 0 120 99 20
11 おィ!!其処の君 3.19 13 12 0 80 78 16
12 ドリーム7 2.76 16 10 0 103 86 22
13 杉内3 5.27 12 9 0 65 99 26
14 ネーノ  4.57 14 10 0 58 85 32
15 ジョン 2.65 3 3 6 34 38 7
16 カゲロウMk=2 3.74 1 1 2 23 32 9
17 ダイ 3.38 8 5 1 59 42 11
18 川洲 1.08 0 0 32 11 7 2

【寸評】
今期は大隣憲司投手の引退により苦戦した。
先発陣の層が薄くなったため、杉内3投手が先発にまわったり、スーパー名無しになるなど、
混乱が多かったがなんとか耐えきった。
そんな中、守護神川洲投手が驚異の防御率をおさめた。タイトルも遠くはない。
★各選手能力はこちらです。



☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。





  • 最終編集者 :さとる
  • 更新箇所 :野手・投手総評(第212回)
  • 更新日時: 2008年12月06日 02時10分07秒
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -