パワパーク@Wiki 第213回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。



◎第213回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
213 140 59 77 .433 .274 3.54 3.2 102 112 28
今シーズンは見せ場も無く低迷したソフトバンク。
昨年とチーム打率、防御率は変わりなかったが得点率が1点ほど減少してしまった。
海野民子選手が引退、そして若き主砲で昨年の打点王ニョロモ選手の不調が痛かった。
野手で頑張りを見せたのは星空散歩Ⅲ選手とメガパワー選手だ。二人共11年目の選手である。
星空散歩Ⅲ選手は打率.401、270安打の活躍で2年連続首位打者と最多安打のタイトルを獲得している。
シーズン270安打は自身が昨年達成した254安打の記録を塗り替えるあけぺナシーズン最多安打の新記録である。
メガパワー選手は海野民子選手に変わり主砲を務めた。打率.356、41本塁打、97打点と大活躍の年であった。
しかしすべて2位と惜しくもタイトル獲得に至らなかったが準3冠王である。

投手陣では今期最終年のだれさき選手が14勝を挙げるなど優秀の美を飾った。
そして来期からエースとして期待がかかるおィ!!其処の君選手も後半戦こそ防御率を悪くしたが13勝とチーム2番目の勝ち星を挙げる。
若い投手陣は能力的には伸びてきているが結果が付いてこないのが現状だ。来期以降の活躍に期待したい。

wikiはS評価を10数期継続中などのこれからもS評価を維持し続ければ,また黄金期が到来するであろう。現在は我慢の次期である。


☆今期のパ・リーグを振り返る(第213回)

  • 優勝は、西武。最下位からの急浮上。見事CS優勝。
  • 二位は、ロッテ。再びAクラスへ。
  • 三位は、楽天。Aクラス3位。
  • 四位は、オリックス。2年連続同順位。
  • 五位は、日ハム。昨期までの強さはどこへいったのか・・・。
  • 最下位は、 ソフトバンク 。相次ぐ主力選手の退団で低迷。


☆プレーオフ展望(第213回)

今期は3年ぶりにBクラスの為CS進出ならず。



☆今期のオールスター(第213回)

選手名 出場回数 成績
星空散歩Ⅲ 3年連続5回目 .416(0本1点) 
メガパワー 初選出・1回目 .363(0本0点) 
今期はソフトバンクからは野手2人がオールスターに選出された。
3年連続5回目の出場となった星空散歩Ⅲ選手は今年は8番ショートで出場。
打率.416と好成績を残した。
そしてメガパワー選手が嬉しい初選出される。
3番セカンドで出場し、打率.316とこちらも好成績を残す。
試合の結果は3戦2勝1敗でパ・リーグで2年ぶりにセ・リーグに勝利する。



☆野手陣総括

  • 213期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 星空散歩Ⅲ .401 270 13 67 60 0 52 0
2 ☆star☆ .241 124 0 27 92 64 12 0
3 大引啓次 .265 167 12 48 70 2 14 2
4 メガパワー .356 195 41 97 48 1 11 6
5 ニョロモ .283 152 7 40 37 3 0 2
6 ペイリン .248 135 11 51 55 2 9 5
7 BAC .236 129 9 44 58 0 5 7
8 結婚詐欺師 .180 96 6 46 79 1 4 5
9 DH 倉本 .221 120 3 33 54 1 5 0

【寸評】
今期は海野民子選手の引退により破壊力がDOWN。
そんな中、星空散歩Ⅲ選手が前期自身が更新した年間安打記録を塗り替えた。打率も4割越えと大活躍。
そして、メガパワー選手が3割40本97打点、オールスター初出場と海野民子選手の穴を見事に埋めた。
まだまだソフトバンクの打線は若いので今後の有望選手を期待したい。
★各選手能力はこちらです。



☆投手陣総括

  • 213期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 だれさき 2.00 14 10 0 135 78 13
11 おィ!!其処の君 3.01 13 11 0 92 58 17
12 ドリーム7 2.64 11 11 0 94 70 13
13 杉内3 6.04 2 14 0 58 54 25
14 ジョン 4.48 5 14 0 45 59 18
15 政府開発援助 3.20 4 3 4 36 33 6
16 カゲロウMk=2 6.01 4 8 0 25 37 15
17 3.68 5 3 1 26 36 9
18 川洲 2.91 1 3 23 12 8 4

【寸評】
投手陣はもう少しの踏ん張りが無かった。
先発では今季で引退するだれさき投手を中心に、おィ!!其処の君投手、ドリーム7投手が2ケタ勝利をおさめた。
中継ぎ、抑えはまずまずの成績だった。
年齢は若い投手陣だか今期の西武のように若い力での活躍を願いたい。
★各選手能力はこちらです。



☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。





  • 最終編集者 :ニョロモ
  • 更新箇所 :保存
  • 更新日時: 2008年12月13日 15時45分23秒
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -