パワパーク@Wiki 213総括


213期リーグ戦総括

今シーズン活躍した選手&各球団の総括
記入例
チーム 選手名 ポジション コメント

-西武-

注目選手 秋山幸二 西武の看板選手。今期2冠に加えMVPを獲得した。西武のリーグ制覇を語る上でこの人の存在を欠かすことはできないだろう。
原田巧 日ハムからやってきた大投手。抑えから先発に転向し17勝をあげ最多勝獲得。来シーズンも同様の活躍を期待したい。

総評
去年のダントツの最下位のチームが優勝。チームの核となる選手が活躍した。先発・抑え・クリーンナップこの3つがしっかりかみ合った。wiki効果が大きかったようだ。

ロッテ

注目選手 ボメル 29本のホームランに加え3割を超すアベレージ。現在ロッテには長打力のあるバッターがいないので4番になるような活躍を期待したい。
久々津虎鉄 今年は投手MVPを獲得した。防御率0点台をマーク。ムシーナさんとの2枚ベテラン看板でロッテ投手陣を盛り立てる。

総評
212盗塁&失策数2とチームカラーがしっかりしているロッテ。能力の割に打率が伸びなかったと4番不在が2位の原因だろう。しかし能力は持っているので来シーズンも上位に食い込んでくることは間違いないだろう。

-楽天-

注目選手 ピノ 盗塁といえばこの選手。3割4分1厘&200安打を記録。通算1000盗塁まであと54に迫っている。期待したい。
石田 防御率0点台&16勝を挙げた。最優秀防御率は獲得したが惜しくもMVPはとれなかった。この人なしでは戦えなかっただろう。

総評
盗塁数はリーグ2位だが自慢の堅守が崩れた。パワーがある選手が揃っているがホームラン数はリーグ最下位。しかし短期決戦には強いので来シーズンも危険な存在だ。、

オリックス

注目選手 設楽 チーム打撃3冠。4番としての活躍は十分。だが欲を言えば3割30本100打点をマークして欲しい。
楯岡藍子 先発投手としてチームを引っ張る。しかし以前より能力は落ちた。しかし自慢のパームは健在。チームのためにはここで根を上げるわけにはいかない。

総評
選手はいるのに点が取れない打線。黒星と白星が均衡している投手陣。もう少しチームカラーをはっきりさせたいところだ。

日本ハム

注目選手 独眼竜 自分をアピールするかのような活躍。チーム3冠はさすがである。まだまだやっていけそうである。
ノームデュー 前半戦は安定した活躍を見せていたが後半失速。野手のせいもあるかもしれないが負けを少しでも減らしたい。

総評
ショートを守るのは1年目で打撃タイプ。1人で70失策もしている。これが勝てない大きな原因だろう。それに加え打線の鎮火で先発投手は全員2点台だが勝ち星に恵まれなかった。wikiをどうにかしたい。

-ソフトバンク-

注目選手 星空散歩Ⅲ 。打率は脅威の4割越え。欠点が見つからない。来シーズンの活躍に期待。
だれさき チームトップの14勝を記録。防御率も2.00。引退までに300勝を記録して欲しい。

総評
防御率の悪化&下位打線の沈黙。これを脱出したいがトンネルは長そうだ。しかし今回の西武のように案外早くに脱出できるかもしれない。

-前半戦を終えて-

全体の総括
。この数字がズバ抜けているから勝ったというものが見あたらなかった今回のペナント。ただ野手が打てずに投手のがんばりが無駄になったり、下位打線が不発に終わったため得点率が下がったり、抑えが抑えきれなかったりと戦力が一極化している傾向にあった。チーム全員がwikiを行えるようなチーム状況にできれば解消されるだろう。来シーズンも混戦は必死だ。

213期前半戦総括

前半戦活躍した選手&各球団の総括
記入例
チーム 選手名 ポジション コメント

-西武-

注目選手 秋山幸二 西武の看板選手となった。どの数字をとっても最高峰。このまま活躍してタイトル奪取へ。
原田巧 日ハムからやってきた大投手。抑えから先発に転向しすでに2桁勝利を飾っている。このまま突っ走れるか。

総評
去年のダントツの最下位が1位に立っている。打線では1番とクリーンナップ。投手では先発陣とデニーさんのがんばりが大きいだろう。ただ自分としては8番が足を引っ張っている気が・・・。このまま最後までいけるか。

-ソフトバンク-

注目選手 星空散歩Ⅲ 。昨年に比べさらにパワーアップしたソフトバンクの切り込み隊長。打率4割付近、ホームラン12本を打っている。
だれさき ただいま9勝の大ベテラン。通算273勝は凄い。通算勝ち星はどこまでのばせるか。

総評
勝率5割を切っている。投手陣が打ち込まれ防御率が去年より1点多くなったからだろう。打線は若いながら奮起している。が去年より戦力は落ちていることは認めざるを得ないだろう。

-楽天-

注目選手 ツルリン 7年目ながらベテランクラスの数字を打ち出している。パワーとミート中心だが守備職人を持っているので非の打ち所がない。
石田 昨年度紹介した豪腕は衰えながらもチーム最多の8勝。防御率も1点台と安定。

総評
昨年度の日本シリーズチャンピオンが2位にとどまっている。チーム成績で見ればなぜかは分からないが原因は下位打線の鎮火であろう。しかし投手陣が安定しているのでこれから巻き返してくるだろう。

日本ハム

注目選手 独眼竜 自分をアピールするかのような活躍。チーム三冠の男がV6へとチームを引っ張る。
ノームデュー ここまで安定した活躍を見せている。決め球のパームを打ち崩すのは至難の業なのか。

総評
ショートを守るのは1年目で打撃タイプ。1人で46失策もしている。これが勝てない大きな原因だろう。さらに抑えのエースの退団で新たに入った戦国大名も5点ぎりぎりと苦しくなっている。

ロッテ

注目選手 huaⅣ+ ミート・守備力がAに加え走力Sの6年目27歳。この調子はどこまで続くのか。
ムシーナ 17年目にして5球種すべてが7と全く衰えていない。ロッテの代名詞となった。中継ぎとしてチームを牽引する。

総評
失策数1と堅守を誇るロッテ。負ける試合は大量失点で終わっているのでそこにつけ込みたい。

オリックス

注目選手 若手ながらハイレベルな能力。アベレージヒッターは大きい。27歳ながらもチームを牽引するアベレージヒッターだ。パワーEながらホームラン数もなかなか。
楯岡藍子 エースとして君臨する楯岡藍子さん。剛球持ちのため被本塁打も少なめ。しかし能力が衰えてきているのが目に見えて分かる。チーム事情で先発を離れることはできないがまだまだエースとしてやっていく。

総評
投打がかみ合っていないオリックス。下位打線の若返り&ベテランの衰えで勝てていない。しかし上位打線の能力は高いので確実に点を取ってくる。

-前半戦を終えて-

全体の総括
前回最下位の西武が首位を走っている。このような事態は誰が予測しただろうか。ホームラン数トップの西武に続き投打のかみ合う楽天と続く。ほとんどの成績が均衡している。が上位チームと下位チームの違いは防御率であろう。ロッテが1位で2.74、ワーストがソフトバンクで3.60。1点ない数字の違いが順位を表すカギになっている。間違いなく混戦を強いられるだろう。

ページ保存:猪狩攻