パワパーク@Wiki 190~199期

西武の球史

190~199期まで


199期 優勝!

シンプルな題名で申し訳ないです。(笑)
今季は最初、出だしが悪かった…Bクラス転落かとも思われた。しかし、後半の巻き返しで…ついに首位に立った!
そして、優勝を決めた!最後の最後で突き放しての優勝だ。2位とのゲーム差は小さい。粘って勝った。
ただ今チーム内でちょっとしたトラブルがあるが、せっかく強くなっている西武でやめるのやめないの言ってないで、チームのためにつくしてほしいです。(偉そうに言って申し訳ないです。)


198期 まきかえし。

今季はいい感じだったが、1位と1.5ゲーム差で惜しくも2位で終わった。しかし、3位とは18ゲーム差をつけての2位というところが、強さを感じさせる。
まだまだ若い選手が多い中、その若い選手や、ベテランの選手までよく頑張ったとも言える。そして、若い選手はぐんぐん成長を見せそうだ。優勝の兆しも見えてきた。
さて、次季は、優勝も狙えるのではないだろうか。


197期 一旦ブレーキ。

今季は初日もスタートが良くなく、3位と1ゲーム差で4位で終わった。やはり、ザザビーさんや越智さんがチームから抜けたのが大きく響いたともいえよう。
さらに、新入団した選手も多くまだ、力不足なところもある。だがそれは、この先が楽しみなところもある。期待が持てそうだ。
とりあえず、次季は、Aクラスに入ることを目標にしたらいいだろう。


196期 3連覇!。

194、95期に続いてのリーグ優勝となった。2位ソフトバンクと18.5ゲーム差をつけての優勝だ。だんだん2位とのゲーム差も広がってきた。
今季は初日に走り出しが悪かったものの、取り返していって気付いたら2位とのゲーム差も上のようになった。そして、先発投手陣が伸び盛りである、これも勝てる原因だとも言える。
そして、前期はクライマックスシリーズも負けてしまった。名無しが痛いところである。今季はどうなるか!?


195期 黄金時代。

前回に引き続きのリーグ優勝となった。2位日ハムと7.0ゲーム差をつけての優勝だ。
今季は先発投手陣の防御率の高さ、これが良かっただろう。投手陣は制球力が高い選手も多くなってきた。
名無しの選手が入団してしまったが、それにもかかわらず、優勝できたのは、選手個々人の能力の高さ、これのおかげでもあるかもしれない。まさしく題名の通りとも言えよう。
……しかし、まだ課題がある。前期でもあったが、全員でwikiをやること、パリーグではwikiでの評価が高い。みんなでwikiをやってでの優勝も目指してみたいものだ。


194期 ついに・・・!!。

170回以来のリーグ優勝となった。2位オリックスと1.5ゲーム差をつけての優勝だ。
今季は打線があまり爆発しない中、投手陣がよく粘ってくれたとも言えるかもしれない。
しかし、まだ、課題もある。全員でwikiをやることや、チームを引っ張ってきたとも言えよう、vガンダム選手、越智選手の能力の衰えてしまうところが痛いところ…。今後そのような点をどのようにカバーするかも大切だろう。


193期 いろいろな仕掛け。

楽天が優勝。だが、5ゲーム差で2位で終わった。
今季は、打順を変えたり、相手投手を見極めたりして仕掛けていった。結果は前のようになった。打順をいい状態に固めることは大事なようだ。
もう少しで優勝も見えてきそうだ。


192期 大物選手加入で躍進。

今季はAクラス・2位で、ポストシーズン進出は178回以来。
FAで楽天から、野村克也選手・幻影の詩人選手、日本ハムから越智選手が復帰した。
前半戦は首位まで射程圏内だったが、後半戦の連敗が響き、楽天が圧倒的な強さで連覇。オリックスとの2位争いを何とか制した。
若手投手も成長している。ここをクリア出来れば、170回以来のリーグ優勝も見えてくる。次期に期待できそうだ。


191期 最下位脱出ならず。

楽天がV2を達成。
我がチームは、前回は散々だったが、191回は守備を徹底させた。
若手投手が多い為、苦しいが守備は試合の流れの中でも重要な要素。
100回シーズンは残り8季。チームを何とか優勝へ・・・。


190期 どん底・・・・。

楽天が圧倒的な強さで優勝。
2位のオリックスが投打のバランスを見せ付けた。
3位日本ハムは、主力の移籍・退団が相次ぎながらも打線がカバーした。
我がチームは、散々な成績・・・・。どう立て直すか・・・。


最終更新者:moemoe