パワパーク@Wiki 216総括


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



216期後半戦総括
西武
{注目選手 きょん子 最後の年を打率.347、219安打、20本塁打と有終の美を飾った。次選手も期待できそうだ。
きゃんあい 今期はチーム2位の17勝を挙げ、すっかり主力の仲間入りを果たす。まだ若いので来季以降も活躍してくれるだろう。

{総評
打撃陣、投手陣が完璧にかみ合い現在パリーグ最強といってもいい。今後は若手の活躍が重要になってくる。

ロッテ
{注目選手 エリック ロッテのパワーNo.1選手。チームトップタイの21本塁打を挙げ存在感を示すがロッテの管理野球の中で顔は隠れ気味。
キャサリン 6年目で100奪三振以上を記録している剛腕。大きなパームと速球で今季は12勝をマーク。警戒が必要であることは間違いない。

{総評
特徴不足のロッテ。今季も本塁打は合計107本と飛びぬけて少ない数字に終わった。このままでは上位を狙うのは難しいだろう。

楽天
{注目選手 ピノ チーム野手最年長のベテラン。いつの時代もチームの命運を左右してきた選手。いつまで成績を維持できるかがカギとなる。
MARRY 40歳を超えながらlv7の変化球を持つ剛腕。今期は先発陣最良の8勝9敗と衰えを感じさせない成績を残した。ベテラン中心の楽天にとって頼れる存在である。

{総評
若手とベテランがうまくかみ合わない楽天。主力と新人の差は深刻。早急に若手選手を育てる必要がありそうだ。

オリックス
{注目選手 あまのじゃく DH 3年目ながら22本塁打を放つなど活躍。低迷する若手陣の中で気を吐く。
楯岡藍子 チーム1のベテラン。先発陣唯一の防御率2点台、さらに14勝を挙げ存在感を示す。あと3年でどこまで踏ん張れるか?

{総評
若手の急成長、ベテランの活躍で一気に強豪チームまでのし上がったオリックス。ただ野手はベテランに頼り過ぎの感があるためこれからは若手が引っ張っていくべきであろう。

日本ハム
{注目選手 選手不在
選手不在

{総評
スーパー名無しが大量に入団しているものの戦力としてはあまり変わりない。やはり名無し以外の選手を獲得するのが最優先であろう。

ソフトバンク
{注目選手 メガパワー 一番の4割打者、星空散歩Ⅲ選手の同期。今期はチームトップの33本塁打を放ち、通算300本塁打まであと1と迫った。大記録目前で活躍できるか。
4年目の若き守護神。33セーブと才能を如何なく発揮した。ソフトバンクの要注意人物であることは間違いない。

後半戦を終えて
{全体の総括
西武が見事な連覇を果たした216期。上位の戦力差が埋まりつつある中、日本ハムの状況は致命的。ドラフト選手を獲得する気もさらさらないようだ。上位陣はオリックスの急浮上や西武とソフトバンクの一騎討ちなどでさらに活気に満ち溢れている。上位、下位チームのバランスは全く維持できていない。

216期前半戦総括
前半戦活躍した選手&各球団の総括
-西武-
{注目選手 桑原 全てにおいてハイレベルな能力を持っている。前半戦終了時点で打率は4割を越している。緊迫の取得や守備能力の向上により文句の付け所のない選手となった。
伊藤智仁 今まで防御率が高めだった。が今期に入り防御率は1点台である。まだ成長途中である中継ぎ陣を引っ張ってもらいたい。

{総評
黄金期突入と言っても過言ではない西武。ただ短期決戦の弱さが目立つ。得点率5点台を保ち、今期で引退するきょん子さんのためにも悲願の優勝を。

ロッテ
{注目選手 dream 2番ながら打率、ホームランはチームトップ。盗塁もなかなか。ロッテカラーがでている選手だ。
蛇団鋼 1年目の期待のルーキー。パーム7、高速シンカー5、球速148㌔のコントロールCと能力は文句ない。先発としてもなかなかの活躍を納めている。新人王をとることができるか。

{総評
前半戦は投手の沈黙&得点力不足により成績が低迷。しかし先発&打線の奮起さえあればまだ上を狙うことはできる。とはいっても一発屋が必要だと思われる。

-楽天-
{注目選手 ツルリン 現在チーム内3冠。ではあるがHR15本に対して打点32は物足りない。これからもっと打っていって欲しい。
蛇魂王Ⅹ 入団時は新人王を期待されていたが獲得できずズルズルきてしまった。が今期は一味違う。防御率1点台と安定しており被本塁打も少ない。接戦にはもってこいの投手である。
{総評
打線が沈みきっている。ピノさんの衰えにより得点力が減っているからだ。2・3・4が打っているがそれ以降が音無である。投手陣では中堅がおらず苦しくなっている。若手が育つまで辛抱して欲しい。

オリックス
{注目選手 おおぴら なぜかバント◎を持っている4番。リーグを代表するバッター。今期のオリックスが上位にいるのは彼のお陰であろう。
片倉行人 30歳の遅咲きの選手。5敗を喫していながらも防御率1点台と先発不足のチームを助けた。これからはエースとしてチームを引っ張っていけるか。

{総評
貧打といわれていたオリックス打線がついに爆発。投手では片倉行人さんが新エースとして名乗り出た。楯岡藍子さんの苦労が救われてきている。CSまで気を抜かず闘って欲しい。

日本ハム
{注目選手 選手不在
選手不在

{総評
名無し&wiki非協力者の集まりと化している。これから日ハムを助けたいと思う。

-ソフトバンク-
{注目選手 星空散歩Ⅲ ミスター4割。前半戦では.431をマーク。トップバッターが2回に1回出塁するのは大きすぎる。
杉内3 毎年防御率が高いが勝ち星は多いという勝ち運が凄い投手。奪三振が多い。が四死球、被本塁打数が目に余る。これから改善していきたいところだ。

{総評
投手陣全員が3点以上と打ち込まれている。が打線がカバーしてくれている。誰か一人大化けして欲しいところだ。

-前半戦を終えて-
{全体の総括
前半戦では打率が非常に高い。チーム打率が.280~を打っているチームが4チーム。楽天打線の沈黙により他の4球団で争われている。その中を西武が頭一つ抜けている。優勝にはいかに短期決戦を制することができるかがカギだ。日ハムは依然名無し化&wiki放置が続いている。このままでは危ないので助けを求めたい。



第212回 第213回 第214回 第215回 第216回 第217回 第218回 第219回




最終更新者:五十嵐峻
最終更新日時: 2009年01月28日 03時20分27秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -