パワパーク@Wiki 第210回台チームMVP(日本ハム)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






選手間投票で1位になった野手と投手を表彰するページです。


第219回チームMVP

第219回野手MVP 秋山幸二(3)

秋山幸二が野手として3期連続MVPに選ばれた。
打率.290、本塁打37本、85打点、25盗塁としてチーム1の成績を残した。
今期はタイトルなしに終わったがいまだパリーグ最強の4番バッターなので来期は是非ともタイトルを取ってもらいたい。

第219回投手MVP Savas

投手部門ではSavasが初受賞した。チーム防御率が4.74だった今期の中で防御率2.84は驚異である。
チームの援護にめぐられなかったためか負け越しになってしまったため来期は援護をしたいとこである。




第218回チームMVP

第218回野手MVP 秋山幸二(2)

秋山幸二が野手として2期連続MVPに選ばれた。
打率.310、本塁打48本、98打点、35盗塁でパリーグ全体のMVPにも選ばれており文句なしの受賞である。
タイトルとしては本塁打王だけとなりたったの1冠、打点王を逃したため少し寂しいタイトルとなった。
しかしチーム内では打率、本塁打、打点、盗塁と全部門でトップとなり、チームではダントツの4冠である。
上位打線がもっと頑張って、パリーグ最強の4番バッターをフル活用してほしいものである。

第218回投手MVP ALKIN

投手部門ではALKINが初受賞した。防御率3.80とそれほどいい成績ではないが、20勝12敗3Sとまたもや日本ハムから2年連続で20勝投手がでた。
しかしタイトルはロッテのコスギⅥが21勝したため、最多勝の獲得はならなかった。
投球回数も289回を投げ、これはチーム最多。それに比例して奪三振も99とこれもチーム最多となりチーム2冠。おまけに四死球127、被本塁打34もチーム最多となった。
とはいっても実はALKINはまだ1年目の投手であり、当然のことながら今期の新人王を獲得した。1年目で20勝できるとはたいしたものである。
来期は2年目のジンクスなど吹っ飛ばして日本ハムの中継ぎエースとしてフル稼働してほしい。



第217回チームMVP

第217回野手MVP 秋山幸二

記念すべき第1回目の野手MVPは秋山幸二が選ばれた。
打率.330、本塁打64本、143打点、おまけに21盗塁と大暴れ、文句なしの受賞となった。
秋山幸二はパリーグの年間MVPにも選ばれ、まさに名実共に球界№1野手として君臨している。
また秋山幸二はインタビューに対して
「チームが日本一になれたことを誇りに思います。来期もチームが上位に食い込めるよう全力で頑張ります。」
とコメントした。


第217回投手MVP 天災地変Ⅱ

記念すべき第1回目の投手MVPは天災地変Ⅱが受賞した。天災地変Ⅱは防御率2.38、27勝9敗3S、329回1/3を投げて、132奪三振という超人的な成績。
27勝はシーズン最多勝記録を2勝も上回る偉業となった。
天災地変Ⅱはインタビューに対して
「チームMVPという賞を受賞したことを光栄に思います。来期も活躍できるよう頑張ります。」
と控えめなコメントだった。




これまでの受賞者
第210回台チームMVP(日本ハム)

通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -

最終編集者:猪狩攻・最強アスリート
最終更新日: 2009年02月01日 11時16分40秒