パワパーク@Wiki 他球団考察~第217回(西武)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

他球団を考察します。とにかく。


211期


ロッテ          11勝  17敗  0分(今季3位)

一人除いて全員走れる機動力のチーム
捕手の肩軽視のチーム方針につけこみどんどん走ろう

要注意選手…ムシーナ(中継ぎ投手)

久々津虎鉄選手の特殊能力の多さもすばらしいが、同じくこの選手の変化球も脅威である。
強力選手を中継ぎに配置するチーム方針も健在



オリックス          17勝  9敗  2分(今季5位)

バランス重視のチーム編成をしている
やはり、最強の抑え選手が脅威だといえる


要注意選手…宇佐美ハル(抑え投手)

リーグ最強のストッパー
チームの大黒柱である

日本ハム           8勝  19敗  1分(今季1位)

圧倒的な破壊力を誇る打撃のチーム
投手陣は崩れてきたが、それを大幅に上回る驚異的な打撃力

要注意選手…石井拓郎(左翼手)

左腕を苦にしない左打者
打ち出したら止まらない


楽天             11勝  17敗  0分(今季4位)

つなぎの打線で点を取ってくる
オリックスと同じくバランス型である


要注意選手…ヘンダーソン(遊撃手)

リーグ最高の打者
遊撃手としても高水準


ソフトバンク         9勝  19敗  0分(今季2位)

すばらしい投手陣で勝っているチーム。大隣選手の引退も何のその
野手は若手の育成段階だが、wikiをしっかりしているのでいずれ脅威に成り得る


要注意選手…星空散歩Ⅲ(遊撃手)

驚異的な能力を誇るリードオフマン
ショートの守備も◎



212期


ロッテ           9勝  17敗  2分(今季5位)

圧倒的な走力と守備力があるチーム。
総合力はA+でセパ合わせて一番高い。


要注意選手…ムシーナ (中継ぎ投手)

なんと言ってもこの投手の魅力は多彩な変化球である。
5つの変化球全部7方向という脅威的な能力を持っている




オリックス          8勝  19敗  1分(今季4位)

全体的にバランスが取れているチーム。
控えもいいが、中継ぎも強い。


要注意選手…宇佐美ハル(控え投手)

今季もこの選手が脅威になるだろうと思われる。
通算317セーブとチームでは一番。
しかしその一方で衰えを隠せない

日本ハム           8勝  20敗  0分(今季首位)

今季首位のチーム。
投手が段々脅威になってきた。


要注意選手…まさと(先発投手)

チームで一番の変化球の数を誇る。
防御率もチームで一番。
今後も脅威になるであろう。



楽天             8勝  20敗  0分(今季3位)

総合力はB+で2番目に高いチーム。
先発投手が非常に恐ろしい。


要注意選手…石田(先発投手)

チームで一番の球速と防御率を誇る選手。
通算セーブもチームで一番である。



ソフトバンク         7勝  21敗  0分(今季2位)

今季惜しくも優勝を逃してしまったチーム。
平均年齢が2番目に低い将来楽しみなチームである。


要注意選手…星空散歩Ⅲ(遊撃手)

ミート、走力、守備力がひじょうに高い選手。
オールスター4回出場という輝かしい経歴の持ち主である。



213期


ロッテ           14勝  14敗  0分(今季2位)

総合力A+でリーグ1番。
非常に強いチームだと言える。

要注意選手… 久々津虎鉄(中継ぎ投手)

今季のパリーグ投手MVPに選ばれた。
特殊能力の数はチームで1番持っている。




オリックス          13勝  15敗  0分(今季4位)

総合力はCだが
攻撃力・走力・守備力のバランスが取れていると思う。


要注意選手…山内隆宏(中継ぎ投手)

変化球の数はチームで一番。
そして、チームで最年長の選手。

日本ハム           18勝  8敗  2分(今季5位)

チーム状況は、あまりよくないと言えるだろう。
チーム人数は14人と心配なチーム。

要注意選手…ノームデュー(先発投手)

能力からみると、チームで一番。
通算奪三振数991と非常に強力な選手だといえるだろう。


楽天             15勝  12敗  1分(今季3位)

先発投手が強力なチーム。
総合力B+とあなどれない。


要注意選手…上杉克也(先発投手)

通算奪三振数2108とチームで一番。
オールスターに7回出場という
輝かしい経歴の持ち主である。


ソフトバンク         18勝  7敗  3分(今季6位)

全体的にバランスのとれているチーム。


要注意選手…杉内3(先発投手)

球速は152kmとチームで一番。
まだ28歳なので、これからが楽しみな選手。


214期


ロッテ           14勝  12敗  2分(今季2位)

総合力A+で
チームの現役年数平均9.7とパリーグでは一番高い。
かなり手ごわいチームである。

要注意選手… 久々津虎鉄(中継ぎ投手)

今季の投手MVPに輝いた。
特殊能力の数は、チームで一番。






オリックス          15勝  13敗  0分(今季5位)

総合力Cだが
攻撃力・走力・守備力のバランスがとれているチーム。

要注意選手…泉(遊撃手)

ミートがSそして、走力・肩力・守備がBの
手強い選手である。


日本ハム           25勝  3敗  0分(今季6位)

現役年数平均2.7年でセパ合わせても、
一番低く、まだまだこれからのチームである。

要注意選手…日本代表.(先発投手)

球速が、チームで一番の選手。
持金もチームで一番。


楽天             13勝  15敗  0分(今季首位)

守備力と走力が高いチーム。
先発も強い。

要注意選手…上杉克也(先発投手)

奪三振数と防御率が、チームで一番。
過去8回のオールスター出場経験があり
今季のオールスターにも出場していた。


ソフトバンク         13勝  15敗  0分(今季4位)

先発が、手強いチーム。
総合力B+であなどれない。

要注意選手…杉内3(先発投手)

球速がチームで一番。
まだまだ29歳で、これからが楽しみな選手。


215期


ロッテ           17勝  10敗  1分(今季2位)

走力と守備力がSというとんでもないチーム。
これからも、脅威となるであろう。

要注意選手… huaⅣ+(外野手)

MT 走力 守備力が高く
新人王も獲得しており
オールスターには2回出場している。



オリックス          22勝  6敗  0分(今季5位)

攻撃力と走力と守備力が高いチーム。
特に走力は高い。

要注意選手…泉(遊撃手)

全体的にバランスの取れている選手。
MTはチームで一番高い。



日本ハム           25勝  3敗  0分(今季6位)

合計人数が4人という
リーグで一番少ない。
このままでは、やばいのでは・・・

要注意選手…ノームデュー(先発投手)

チームでは、一番奪三振数が多い。
制球力とスタミナが高い。



楽天             16勝  12敗  0分(今季4位)

走力と守備力に長けているチーム。
先発もあなどれない。

要注意選手…上杉克也(先発投手)

特殊能力の数がチームで一番多く
今季もオールスターに出場した。




ソフトバンク         19勝  8敗  1分(今季3位)

攻撃力と走力と守備力が高いチーム。
今季3位で
これから、もっと強くなっていくだろう。

要注意選手…星空散歩Ⅲ(遊撃手)

MTと走力と守備力に長けていて
特殊能力の数がチームで一番多い。
過去オールスターに7回出場という
輝かしい経歴をもつ。


216期


ロッテ          17勝  11敗  0分(今季3位)

総合力Aと
リーグ一番
今後も脅威となるであろう。

要注意選手…huaⅣ+ (外野手)

MTと走力と守備力がSの選手
打率がチームで一番。




オリックス          16勝  12敗  0分(今季4位)

総合力はCだが
攻撃力、走力、守備力はバランスがとれている。

要注意選手…泉(遊撃手)

MTがチームで一番高い選手。
アベレージヒッターの特殊能力をもっており
通算安打が多くなりそう。




日本ハム           26勝  2敗  0分(今季6位)

5人しかいないチームだが
攻撃力は結構高い。

要注意選手…秋山幸二(遊撃手)

肩力以外全部Sという
驚異的な能力を持っている選手。
元々西部にいて
皆を引っ張っていってくれた。




楽天             19勝  9敗  0分(今季5位)

全体的にバランスのとれているチーム。
総合力B+とあなどれない。

要注意選手…上杉克也(先発投手)

通算奪三振数と
通算勝利数がチームで一番。
オールスターには9回も出場している。





ソフトバンク         21勝  7敗  0分(今季2位)

攻撃力が高いチーム。
中抑力も高い。

要注意選手…杉内3(先発投手)

球速がチームで一番早い。
通算奪三振数と通算勝利数が
先発の中では一番多い。

217期


ロッテ          11勝  17敗  0分(今季首位)

総合力は前より落ちたが
チーム全体の走力は
リーグで一番高い。

要注意選手…ボメル (三塁手)

本塁打・安打数が
チームで一番高い。
特殊能力も結構あるので
あなどれない。




オリックス          16勝  10敗  2分(今季5位)

総合力はCだが
攻撃力と走力は高い。

要注意選手…楯岡藍子(先発投手)

奪三振数と勝利数がチームで一番。
特殊能力の数もチームで一番。





日本ハム           12勝  16敗  0分(今季3位)

攻撃力・走力・守備力のバランスが取れているチーム。
ただ、人数が5人で
セパあわせて一番少ない

要注意選手…秋山幸二(遊撃手)

肩力以外Sという驚異的な能力の持ち主
本塁打王・打点王には4回もなっており
MVPには5回も選ばれている。




楽天             11勝  17敗  0分(今季6位)

総合力Bで
先発力は高い。
攻撃力はあまりないが
走力と守備力が高い。

要注意選手…ツルリン(遊撃手)

打点と本塁打数がチームで一番多い。
特殊能力の数もチームで一番。






ソフトバンク         11勝  17敗  0分(今季2位)

攻撃力・守備力・走力のバランスが取れているチーム。
中抑力がSと
セパあわせて
一番高い。

要注意選手…あっきー(中継ぎ)

球速は156kmと結構高め
変化球の数も結構多い
オールスターに2回出場している。