パワパーク@Wiki 219期総括


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





219期リーグ戦総括

今期活躍した選手&各球団の総括

-日本ハム-

注目選手 秋山幸二 チームの看板選手。この人がいなければ日ハムは再起不能になるだろう。しかし今期はホームラン王も2本差で譲り無冠に終わってしまった。
来期はチームのためにも復活して欲しい。
ALKIN 中継 2年目若手のホープ。今期は昨年のように勝ち星が伸びなかったものの12勝。防御率は悪いが他の数字では
かなりの成績を上げているのでよしとしたい。来期も勝ち頭として活躍して欲しい。

総評
秋山幸二のストップによりチーム打率が.208。3割を超えた打者もいない。新人が多いので仕方ないかもしれないがこれはまずい。さらにwiki非協力者も出てきたため苦しくなってきた。早く秋山幸二のためにも常勝球団にしたいところだ。


-西武-

注目選手 桑原 打撃主要部門でトップ10に入る活躍を見せてくれた。衰退期に入ったがこの様子ならまだまだ活躍していけそうだ。
神風 先発 今期は安定した防御率に加え勝ち星も13勝にのばした。投球イニングも200イニングを超え
先発としての活躍は十分できた。来期は15勝を目指してやって欲しい。

総評
随所で成長が見られた西武。2位でシーズンを終えた。昨年はCSを制しているので今回も要注意チームだ。若手も多いので来期も上位に食い込んできそう。


-ロッテ-

注目選手 huaⅣ+ 今期初タイトルとなる盗塁王を獲得した。打撃でも成績が良いように伸びており
これからのパリーグの顔となる選手になりそうだ。
国見偽 抑え 恐ろしい41歳。変化球は衰えを知らない。しかし登板機会が減ってしまい最優秀救援を取ることができなかった。
それでも先発投手が安心してマウンドを譲ることができる選手であることは間違いないだろう。

総評
今期は3位に終わったロッテ。野手の衰退が大きかった。投手陣は安定した成績を上げたが去年ほどではない。来年化ける選手が出てくるか楽しみにしたい。

-楽天-

注目選手 サイコガンダビー 今期は.324・HR32・打点87と結果を出した。4番はツルリンでこの2人が厄介になった。
来期はきっちり抑えたいところ。
赤坂V参 抑え 今期は並み居る守護神を抑え見事最優秀救援に輝いた。例年登板機会が少ないためセーブ数が伸びていなかったが
今期は39イニングと増えた。来期も活躍が期待される。

総評
今期4位で終わった楽天。3・4番の活躍が大きかった。投手陣は安定した活躍を見せていたが、防御率が異常に高い選手が目立った。来期は下位打線の爆発があれば上位に食い込めそうだ。

-ソフトバンク-

注目選手 ニョロモ 今期初の本塁打王を獲得。パリーグの大打者となった。
しかしセカンドの守備では9失策と評価しにくい数字が出た。打撃をのばしていきたいが守備の要でもあるため選択が難しくなりそうだ。
あっきー 先発 今期20勝を挙げ防御率も2点前半。負けは3と投手MVP最有力になった。まだ成長段階なだけに恐ろしくなりそうだ。

総評
悲願の優勝を果たしたソフトバンク。投打において最高のできとなった。来期も上位にいること間違い無しのチームだ。


-オリックス-

注目選手 設楽 オリックスの大打者。成績は悪くはないが衰えを隠せない。セカンドの守備でもエラーが多くからだがついて行っていないようだ。
早く後継者を見つけたいところだ。
片倉行人 先発 今シーズンただひとり2桁勝利した。防御率は1点台と全く悪くはないのだが援護がなかった。
来期も腐らずにやって欲しい。

総評
新人が育っていないように見えたオリックス。特に主砲や守備の要がいないように思えた。そのため投手陣の頑張りも虚しく最下位に終わった。野手の役割分担を徹底して欲しい。


-リーグ戦を終えて-

全体の総括
今期はタイトル争いがおもしろかった。野手では本塁打王がニョロモになり投手では最優秀救援が赤坂V参になった。選手の衰退ということもあり当然ではあるがなんか寂しい。ベテランばかりが活躍するのも面白味に欠けるが、来期は若手・中堅・ベテランそれぞれが持ち味を発揮し盛り上げて欲しい。


219期前半戦総括

前半戦活躍した選手&各球団の総括

-日本ハム-

注目選手 秋山幸二 前半戦は絶不調。HRこそ2位に付けているが打率は3割を切っている。彼には考えられない結果となっている。
能力もAが4つと他の選手よりは能力が良いが衰えがはっきりとしている。後半戦の巻き返しに期待。
ALKIN 中継 昨年の新人王。防御率こそ悪いが2年目なので合格点。防御率は無視し、他の数字で頑張って欲しい。

総評
今期は有人選手がかなり増えた。日ハム1年目の選手が6人。しかし去年の名無しよりも能力が劣るため結果が悪い。後2~3期後はとんでもないチームになっているかもしれない。今は辛抱。


-西武-

注目選手 桑原 秋山スピリッツを引き継いだ男。現在1番ながら打率、本塁打、打点で素晴らしい結果を残している。
衰退期に入ったものの超特殊能力があるので結果は残せそう。後半戦も要注意。
神風 先発 チームの勝ち頭。衰退期に入ったハズなのだが衰えているようには全く見えない。次は超特殊能力を狙いたい。

総評
昨期ロッテを破り日本シリーズ進出した西武。今期は全員の能力が高めなので2位に付けている。今期もCS進出は確実だ。しかしエースが衰えてきているのが心配。


-ロッテ-

注目選手 huaⅣ+ dreamとの1・2番コンビは球界注目の的。今期は超特殊能力を身につけ臨んだ。
結果は良い感じに現れている。ロッテのトップバッターとして泥濘はなさそうだ。
国見偽 抑え 恐ろしい41歳。変化球は衰えを知らない。登板した13試合全てでセーブを挙げており失点は未だ無し。今期もMVPは決まりか?

総評
2年連続CS敗退しているロッテ。今期こそはと臨んだものの3位にとどまっている。何が悪いかは分からない。後半戦は接戦を確実の取れるようにしたい。

-楽天-

注目選手 ツルリン 楽天の主砲。HR数は衰退期に入ったのでサイコガンダビーに劣るものの存在感は大きい。守備でも名遊撃手として活躍。そろそろタイトルが欲しい。
欧州 先発 6年目ながら良い活躍を見せてくれている。この成績をこれからどこまで伸ばし続けられるかがカギだ。

総評
現在4位に入っている。しかし若手野手陣の打率が芳しくない。早く化けなければ主力が引退してしまう。時間との勝負になりそうだ。

-ソフトバンク-

注目選手 ニョロモ 現在本塁打ランキングトップに付けている。これまでタイトルは秋山幸二がいたため取れなかったが今シーズンの活躍はそれを凌ぐ活躍。
野手MVPが取れるか注目したい。
あっきー 先発 6年目で現在13勝2敗と大きく勝ち越している。どの能力を取ってもエース級なのでこれからどこまで成長するのか。

総評
現在首位。強力打線のお陰で投手陣の負けは少ない。打線は打率、本塁打、打点のトップに立つ3選手全員がいる。そのため一人ひとりが役割を果たしている。CSはどうなるのか!


-オリックス-

注目選手 設楽 オリックスの大打者。今期は超特殊能力を取った。ものの結果が出ない。さらに他の選手も打てなくなるという負の連鎖が。
この状況を打開できるのは彼しかいないだろう。
片倉行人 先発 オリックス自慢の投手。今期は防御率が良いものの打線の援護がないため白星と黒星が均衡している。その結果を残し続けて欲しい。

総評
前回は4位に付け復活か?と思われたが今期は最下位。ルーキーに元気がない。ベテランも打てない。負の連鎖が続いている。早く止めたい。


-前半戦を終えて-

全体の総括
去年の3チームが今年も争っている。Bクラスも3チームで争う形になっている。あけペナ歴が長い選手がいるチームほど強い。逆に今から頑張ろうとしているチームが勝てていない。このままではいつになっても同じ成績になってしまう。それぞれの球団での努力が必要になってくる。これからに期待。