パワパーク@Wiki 206~216期

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第216回シーズン

常勝軍団

開幕スタートダッシュとはならなかったが、去年通りの強さを見せ前半戦を貯金30と1位。
後半もその強さを維持したまま去年よりは勝率を落とすが、勝利数は2期連続99勝達成。
今期は打撃陣の活躍が凄かった。クリーンナップが3割30本100打点を達成し、打点ランキング4位までを独占。
今期最終シーズンとなるきょん子選手も、3割20本60打点と一番打者の役目をちゃんと果たす。
投手陣も昨期4冠(勝率、防御率、奪三振、勝利数)を獲得した原田巧選手が、今期も4冠を獲得する。
他の先発陣の活躍も凄く、全員が2桁勝利を達成。抑えのデニー選手も無敗とちゃんと仕事を果たす。
投打共に完璧な仕事をしたといえる。

第215回シーズン

圧倒的強さ

前半圧倒的強さをみせ断トツ1位となり、後半更に勢いをつけシーズン終了した時には
2位ロッテとのゲーム差を10以上も離し優勝。
奪三振最多,最多勝では3位までを防御率,打点,本塁打では2位までを西武が独占という、
投打共に活躍し充実したシーズンとなった。

第214回シーズン

後半の追い上げも届かず

前半戦は得点率の高さに支えられ4位と少し出遅れた形になったが、後半驚異的な追い上げをみせ一時は首位に立つも、
楽天・ロッテの前に力及ばず3位。後半の勢いが前半にもあれば優勝になっていたのかもしれない。
ベテランのきょん子選手とクリーンナップの桑原選手,秋山幸二選手,長方形の箱選手。
更に下位打線のmokemoke選手,apple選手と打撃陣がとても活躍し、投手陣では1年目のきゃんあい選手が二桁勝利、
ベテランの風格が出てきた原田巧選手,ts選手,神風選手,デニー選手らが二桁勝利,100奪三振,30セーブと活躍をみせた。

第213回シーズン

安定していた勝利

前半開幕スタートダッシュに成功しロッテ・楽天との1位争いとなるが、後半単独1位となりそのまま逃げ切り優勝。
特に目立った連敗が無かったのが、優勝に繋がったのだろう。
野手陣、投手陣共に活躍が目立ったシーズンでもあり、最多勝、打点、本塁打、MVPと4つのタイトル獲得者がでた。

第212回シーズン

不甲斐無い打線、投手陣

前半なんとか勝率3割キープはしていたが、後半負けが続き勝率2割台でシーズン終了。
投手陣では二桁勝利者がでず、野手陣では打率2割後半が4名しかでなかった。
野手陣、投手陣共に最低ともいえる結果を残すシーズンとなった。

第211回シーズン

前半、後半共に見せ場無し

前半戦も後半戦も最下位という結果で今期は終わった。
前半戦ではたまに5位浮上という事があったが、後半戦に入ってからはずっと最下位という状況であった。
打撃陣、投手陣もほぼいいところが無し。唯一、秋山幸二選手が本塁打、打点、盗塁の3部門でTOP10入りを果たす見事な活躍だった。

第206回シーズン

後半の失速が痛かった・・・

前半は打撃人は野村克也を中心に好調。投手人はコスギⅤ、ほうりゅうじ君を中心に先発陣がふんばった。中継ぎに転向した幻影の詩人。抑えに転向したtsがみごとな活躍!しかし後半は前半戦の好調を維持できず連勝してはその分負けそのままズルズル下がっていった・・・がなんとか4位をキープ
今年は野村克也の最後のシーズンとなった。優勝!とはならなかったが最後は見事な2冠王となった。最後まで見事に西武を引っ張った野村克也は勇退を捧げよう。

最終更新者:moemoe