パワパーク@Wiki 223総括(西武)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第223回西武後半戦総括


チーム後半総括
投手陣はほぼ全員防御率3点以下と絶好調のシーズンとなった。
野手陣も主砲mokemoke選手を軸として奮闘。
しかしソフトバンクの圧倒的な力の前に屈し、今期も日本シリーズ出場はならなかった。
破壊力は問題ないが、やはり機動力の面でソフトバンクには遠く及ばない。
今後は機動力の高い選手の活躍に期待したい。

注目選手 野手 長方形の箱
今季でプロ15年目のベテラン長距離砲。
年齢を感じさせない成績でいまだチームに欠かせない戦力となっている。
引退する時まではチームを引っ張れる選手でいてほしいものだ。
注目選手 投手 悟空
投手陣唯一の防御率1点台ピッチャー。
これまでとは打って変わって安定感のあるピッチングを見せた。
まだ若くこれからが期待できる選手だ。
-後半戦を終えて-
全体の総括
優勝は大方の予想通りソフトバンク。残念だが今の戦力で勝てる相手ではない…
クライマックス枠は毎年混戦。今期はなんとか出場、1回戦を勝ち抜いたもののソフトバンクを倒せる戦力がない限り1回戦の勝ち抜きはあまり意味がない。
さらに不感の王がロッテに移籍。早急に次期エース候補を立てることが必要不可欠となる。

第223回西武前半戦総括


チーム前半総括
苦しい立ち上がり 今季も優勝から遠のいている
打線では、打率が低いが本塁打で得点を重ねている。
下位打線の打率は1割台と寂しい 3割あるのはmokemokeだけ
本塁打に、打点に野手を引っ張る。全体で、本塁打総数が多いようにみえる。
先発陣もやや力不足か、勝ち越してる選手が一人だけ
防御率は決して悪くはないので、やはり接戦を落としているのか
打者の力不足か 援護射撃が足りてないのか 
他球団の投手陣もなかなか力をつけてきているので、
打ち崩すのが難しいのが一番の原因だと思う。
中継ぎでは悟空が2点台の低い防御率で、ひっぱている。
名無しの、B.J.ライアンも昨年は抑えで5敗と苦しんだが、負けなしと良い。
Aクラス入りを確実なものにしたい。

注目選手 野手 松中祐樹
例年に比べて活躍中,前半戦だけで打率.267 13本 46打点と、当たっている。
昨期はシーズン終了時に打率.225 本塁打14 打点61だったので
この後も、昨年を上回る活躍を期待したい。 


注目選手 投手 不感の王
昨年の不振を打ち払うような、活躍だ。 
昨期は、防御率4.06 13勝12敗だったが、
今のところチーム最多の8勝.防御率も2.01とチームで一番低い
負けも4敗と低い。昨年を上回る活躍になるだろう。


-前半戦を終えて-
全体の総括
どのチームも投手力が整ってきている 防御率が一番悪いチームで3、37と低いのがわかる。
ソフトバンクが今年も一位も劇走。13ゲーム差で日ハム2位。ゲーム差なし、勝率の差で西武3位。3.5ゲーム差で4位に投手が好調楽天。
まだまだCS圏内、1.5ゲーム差で、オリックス。熾烈なAクラス争いが行われるであろう。ロッテは今年も最下位が決定的。


第212回 第213回 第214回 第215回 第216回 第217回 第218回 第219回 第220回 第221回 第222回





最終更新者:五十嵐峻
最終更新日時: 2009年02月25日 05時35分07秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -