パワパーク@Wiki 第79回オリックス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリックスバッファローズ


野手紹介


ポジ 選手名 作成者 年齢 コメント
城戸円 杉本工場長 36歳 昨季は55盗塁でパの盗塁王に輝いた、オリックスの切り込み隊長。パワーこそないものの持ち前のミート力でチームの勝利に貢献する。今期はチャンス◎を獲得し、さらに安打数を増やしに行く。
賛美委 産英 40歳 19年目のベテラン。巧打と堅実な守備は衰えず。ヒットを量産して、チームの勝利に貢献できるか?中年の星になりたいところだ
周杰倫.. rto428 24歳 打撃能力が高い2年目の選手。昨季は若干打率が低かったように思える。6番打者でチャンス×は痛いが、威圧感で投手を圧倒してほしい。
ジョンソン ジョン 37歳 足の速い巧打者。そのうえチャンスにも強く、特に満塁では恐ろしい存在に。しかし、年齢には勝てず、能力の衰えも見える。そこで最近、対左投手の練習を極秘でしてるとかしてないとか・・・
アルク ある 25歳 4年目の選手。この所満足な結果が残せないでいる。目標だった打率280も未達成。総力がBに上がった事で外野の守備はそこそこ出来そうである。早く活躍して盗塁○を買いたいところである。目指せ未来の盗塁王。
ハイパー小倉 レッド 26歳 俊足・巧打・堅守と3拍子揃っている。セカンドを守り、6番を打つユーティリティプレイヤー。パワーはないのに意外とホームランを打つ。最大の武器はやはり足で、盗塁数も伸びてきている。
クロサギ 黒崎 27歳 今期はチーム1の長打力で、チームの7番に。守備力も高いが、タイムリーエラーがかなり痛い。
四冠 三冠 28歳 昨季は打撃3部門で自己最高の成績を残す。今期からオリックスの一員に。安定した能力を発揮出来るかが鍵となる。走攻守どれをとっても穴のない選手。
DH りょうちん 2年6組☆ 18歳 高卒ルーキー。チームのお荷物にならないで欲しい


投手紹介


選手名 作成者 年齢 コメント
10 前田公輝 Bill 33歳 そろそろ衰えが見え始めた、どん底時代を支えた14年目のエース。能力バランスは良い。コンスタントに防御率をマークして行けるか。
11 アルクェイド 偽琥珀 28歳 オリックスの命運を握る二枚看板の一人。MAX154km/hのストレートは威力抜群。変化球に関しても二種のスライダーはそれぞれLv5,7とキレも増してきた。今期逃げ球を獲得して多かった被本塁打が減ると予測。成績も安定しそう。
12 羽馬ライダー soft 26歳 直球は150キロを越え、変化球はスライダー・カーブに加え、今期はナックルも取得。その上スタミナも人一倍ある。安定した能力で成績を伸ばす。昨年は勝ち越せなかったので、今期の巻き返しに期待。。入団当時の期待どおりオリックスのエースとなれるか。今後の課題は、コントロールの強化であろう。
13 技巧派左腕 栗くん 22歳 オリックスの若きドクターK。元々定評のあったスタミナとコントロールも伸び、チェンジアップのキレも増してきた。少しずつ勝ち星も多く挙げれるようになってきた。オリックスのもう一枚の先発看板となれるか。
14 野茂 カメレオン壱 20歳 一期前に新人王を受賞した投手だが、先発になってからは、まだまだコントロール・スタミナにまだまだ難点があり、チームの負け数だけを稼いでしまった。今期はこの選手が開花するかにチーム全体が関わってくる。
15 じゅんき じゅんき 18歳 大卒ルーキー。150㌔の直球と3種類の変化球で打者を翻弄する。
16 広田勝利 レン 23歳 左腕から繰り出されるMAX147キロの速球とキレのあるHスライダーとSFFの2球種を武器に打者を抑えたい。クイックが何気に上手い。昨年は中継ぎで8勝・防御率2.87と奮闘した。スタミナ・制球・ピンチでの投球など課題は山積みだが、何とかチームに貢献したい。
17 野球浪人Ⅱ 野球浪人 19歳 フォークで三振を取るピッチングが持ち前。勝ち運にも期待。このチームのAクラス入りのキーマンである中継ぎの一人。
18 菊地原毅 ボビー 23歳 守護神。最高のキレを誇るスライダーと抜群の制球力で打者を牛耳る。前選手を超える成績も十分に期待できる。実は球速も147とそこそこある。


総評

昨季は最下位。
典型的なスモールベースボールのチームである。
野手・投手ともに中心選手がチームを引っ張っていく。野手陣の打撃の奮起に期待。
野手陣は、昨季盗塁数リーグ1位の通り、機動力野球を展開したい。
投手陣は、先発の前田公輝・アルクェイドの2枚看板で勝数を稼ぎたい。

野手

得点力の高い上位打線での得点がどれだけ取れるか。
走力の高い城戸円・ジョンソン・ハイパー小倉・アルクの俊足カルテットが塁上を駆け抜けられれば。
一発に頼るのではなく、繋ぎの攻撃が出来るかが、鍵。

投手

先発は前田公輝・アルクェイドを中心としてローテーションしていく。
羽馬ライダーもそろそろ勝てる投手になって欲しいところ。
問題は中継ぎ陣…。先発がいい働きをしても中継ぎが悪くては試合には勝てない。
ルーキーと二年目の選手だけで凌げるか不安だが、期待するしかない。
このチームの投手陣は若い投手が多く、先発・中継ぎ共にがまだまだなのが現状。
抑えはルーキーながら20Sを達成し、新人王を獲得した菊地原毅に期待。

前回結果

チーム成績

5位 60勝77敗3分

勝率.437(5位)  打率.267(4位)  防御率4.07(5位)  得点率3.4(5位)  本塁打116(5位)  盗塁155(1位)  失策44(5位)


注目すべきは、盗塁数。なんとリーグ1位を記録した。
機動力野球が出来たが、長打力に欠け得点力不足は否めない。
チーム失策数は昨年より2つ減ったがまだ多い。
今後の課題は、守備と安定した先発投手である。
守備を改善すれば、もっと強いチームになる。
投手陣は、先発・中継ぎに安定した投手が欲しいところ。



トップ10入り・タイトル獲得選手紹介

順位 成績 選手名 監督名
打率4位 .324 城戸円 杉本工場長
盗塁2位 45個 城戸円 杉本工場長
盗塁3位 34個 ジョンソン ジョン
盗塁9位 24個 アルク ある
奪三振8位 112個 羽面ライダー soft
セーブ数1位 29個 菊地原毅 ボビー


今季の展望

足を生かしたスモールベースボールを今季も目指す。
最大の課題の守備は、多少改善された。昨季よりはマシになるだろう。
投手陣は若い投手が多く心配が尽きない。
特に3年目の抑え・菊地原の責任は重大だ。
だが、昨季より成長しているのは事実。
今年こそ悲願のAクラス入りを狙う。

最終更新者…杉本工場長(6/18)