パワパーク@Wiki 227回西武総括


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第227回西武総括


The Lion's Roar~獅子咆哮~
今回は野手に焦点を絞ってみましょう。
まずは、打率です。今期のチーム打率は1割9分6厘つまり2割すら打てていない状況です。この原因は何でしょうか?
それは圧倒的に中・長距離を狙いすぎているからだと考えられます。もちろん、ホームランなどの長打は重要です。
しかしながら、そのホームランでさえパリーグ5位、セ・パ両リーグを合わせると11位であり、特殊能力もなくしてホームランの量産は困難です。
これでは得点率が上がらないのも頷けます。そして、打撃重視のために守備はおろそかになっているため失策数はパリーグ最下位。
もちろん、名無しが多く、その名無しも能力的に高いものではないというのも一つの理由です。
ですが、この事態を脱却する第一歩は各自がチーム状況を察して必要な選手のタイプを判断することです。
現在チームに必要なのは言うまでもなく大砲ではありません。巧打・守備をこなせるオールマイティーな万能選手です。
最後に:あくまで育成は個人の自由です。しかし、チームとしての力が伸びなければ選手が活躍することは不可能です。
今後の野手陣の活躍を期待しています。

Attention,please!~野手~
<apple>  
長年西武を支えた強打者にもついに引退のときがやってきました。
ダウンスイングによって内野への打球が多くチームのつなぎとしての役割を意識しながら確実に結果を残してきた。
さらに守備面での貢献も目を見張るものがあった。西武の遊撃手といえばこの選手以外考えられない、といっても過言ではない。
今期もチームを引っ張り有終の美を飾りました。現役19年、お疲れ様でした。

Attention,please!~投手~
<黄金変化>  
今期から新加入した本格派投手は1年目から期待以上の結果を残してくれました。
チーム状況が芳しくないなか防御率2点台という成績は申し分ない。ただ四死球の多さが玉に瑕である。
尤も、三振も多いので大きく取り上げるほどのことではない。衰退前に制球及びスタミナをどこまで上げられるかがポイントだ。
今後の活躍にも期待しています!

Total~全体総括~
リーグ戦の覇者はここ数期常に好調を維持しているオリックス。攻防ともに優れており今期に至っては勝率7割を超え、当面衰える気配はない。次いで、一時下降したものの16連勝を含むバランスのとれた戦力でソフトバンクが2位となった。3位、4位はそれぞれ日本ハム、楽天。日本ハムは前回よりも結果は良くないが大きなマイナスは見当たらない。問題は楽天だ。前回覇者である楽天は常に優勝争いはおろかクライマックスシリーズの常連であったが今期は何の因果か勝率5割弱である。しかし、まだまだ戦力の疲弊は見られないのでいずれ巻き返してくるだろう。5位にはロッテ。ロッテ野球の神髄である機動力は健在だが投手力が安定していない。少なくとも、全盛期に比べれば数段劣る。そして、我らが西武はもはやお決まりの6位。それにしても名無しの多いこと多いこと・・・。はっきり言って半ば崩壊している状況。ただ、唯一の救いは投手の名無しに戦力となるスーパー名無しが多いことだ。それでも、野手・投手ともに成績はパリーグの中で下位に位置し、戦力は比較にならないほど低い以上、上位に食い込むことは難しい。ここはひたすら耐えて、耐えて再起を図るしかない。











最終更新者:蓮琥
最終更新日時: 2009年03月19日 18時34分52秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -