パワパーク@Wiki 他球団考察~第226回(西武)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



他球団を考察します。とにかく。


218期


ロッテ          7勝  20敗  1分(今季首位)

守備力がセパ合わせて一番高く、選手ほぼ全員がB。
総合力Aで難なく2連覇を達成した。
野手陣が10年目以上の選手が多く、容易く抑える事は難しい。
投手陣は独特の配置の仕方をしており、中継ぎ・抑えの能力がとても高い。


要注意選手… huaⅣ+(外野手)

PWと肩力以外Sで、オールスターには3回出場。
塁に出すと一番厄介な選手。
超特能の緊縛があるため変化球での勝負では勝ち目が、
あまり望めない。




オリックス         14 勝  12敗  2分(今季4位)

なかなかwiki評価があがらない為、選手の育成にてこずってる様子。
良い意味でバランスがあるチーム。悪い意味で特徴が無いチームといえる。
野手陣は世代交代中であり、まだまだ若手の成長が必要。
投手陣は成長過程の投手がたくさんおり、のちのち脅威となってくるだろう。

要注意選手…有藤茂樹(中継ぎ投手)

変化球の数は4球種とチームで一番。
制球力、スタミナ共にあるので、打ち崩す事は困難。
まだ4年目なので成長に期待できる選手である。





日本ハム           15勝  11敗  2分(今季5位)

昨シーズン日本一となったが、今期は5位と低迷。
攻撃力と走力が上がってきたが、投手能力の方が他球団と比べるといまいちといったところ。
まだまだ選手が足りない様子。
野手陣は移籍組の秋山幸二,水木一郎を中心にだいぶ整ってきた感じがある。
投手陣は先発陣が全員名無しと悲惨な状況であり、まだまだ苦労しそうだ。

要注意選手…秋山幸二(遊撃手)

S能力が4つと、球界最高の選手。
超特能の豪力で本塁打を量産する。
できるだけランナーを溜めないであたりたい打者。


楽天             17勝  10敗  1分(今季6位)

総合能力ではB+と優勝争いができる力を持っている。
選手平均年齢も若く、これからといったチームでもある。
野手陣は3,4番の能力が熟成しており、その他にも伏兵と呼べる存在が数人いる状態だ。
投手陣は中堅の選手が多く、これから脅威になってくるだろう。

要注意選手…赤坂V参(抑え投手)

防御率0.00で負け無し。
変化球も5球種と豊富。
11年目とこれから全盛期に入る選手。




ソフトバンク         10勝  17敗  1分(今季2位)

総合力Aととても実力があるチーム。
特に攻撃力と中抑力があり、試合中盤からの反撃は注意したいところ。
打撃人は安打製造機星空散歩Ⅲを中心に力のある選手が揃っている。
投手陣は先発がやや不安ながらも、それを補える中継ぎ抑えがいるため万全といえる。

要注意選手…ペイリン(捕手)

今期打点王。
9年目とまだまだ能力ピークは先だが実力は充分にある。
左投手にとても強いのが特徴の選手。


219期


ロッテ          13勝  14敗  1分(今季3位)

野手陣、投手陣共に強力で、
特に中継が強いチーム。

要注意選手…huaⅣ+ (遊撃手)

MT・走力・守備力がSで
チームの中で、打率が一番高い。
過去オールスターに4回も出場している。

オリックス          19勝  8敗  1分(今季6位)

選手育成にちょっと手こずっているようにみえる。
一刻も早く、wiki評価をあげたいところ。

要注意選手…楯岡藍子 (先発投手)

特殊能力の数がチームで一番多く、
防御率もチームで一番。

日本ハム           20勝  7敗  1分(今季5位)

人数が段々そろってきた。
選手の平均年齢・現役年数が低く、将来性のあるチーム。

要注意選手…秋山幸二(遊撃手)

肩力以外全部Aという驚異的な能力の持ち主。
特殊能力の数もチームで一番多い。
オールスターに7回も出場しており、
その内の2回オールスターMVPに輝いている。



楽天             15勝  10敗  3分(今季4位)

総合力Aで、特に先発投手が怖いチーム。
これからも脅威となるであろう。

要注意選手…サイコガンダム(捕手)

本塁打数・打点数がチームの中で一番多く、
三振数がチームの中で一番少ない。







ソフトバンク         12勝  16敗  0分(今季首位)

チームの能力を見ると、
走力守備力以外全部Aで、
今季の順位も納得のいくものであった。

要注意選手…あっきー(先発投手)

球速がチームの中で一番速い。
新人王に輝いたことがある。

220期


ロッテ          13勝  14敗  1分(今季4位)

総合力B+で、手強いチーム。
チーム攻撃力はCでセパ合わせて一番低いが
走力・守備力がAで強い。
今季は中継ぎの防御率が1割台で強かった。

要注意選手… 国見偽(控え投手)

今季の防御率は素晴らしいものだった。
特殊能力の数と総変化量がチームで一番。
オールスターには7回出場している。


オリックス          20勝  7敗  1分(今季6位)

攻撃力・走力・守備力のバランスがとれているチーム。
先発投手の能力が全体的に高く、今後の脅威になりそうだ。

要注意選手…佐藤 (中継ぎ投手)

1年目にして、オールスターに出場し
防御率も1割台に抑えた投手。
将来期待できる投手。



日本ハム           17勝  9敗  2分(今季5位)

段々人が集まってきている。
総合力Bで、中継力以外全部Bという手強いチーム。
今季は5位という結果に終わったが
これから、どんどん強くなっていく気がする。

要注意選手…水木一郎(外野手)

PWと肩力以外全部Sの強い選手。
まだまだ7年目
これからも期待できる選手。




楽天             16勝  11敗  1分(今季3位)

総合力でみると、セパ合わせて2番目の強豪チーム。
投手陣は2人以外制球A以上で
これからも脅威となるであろう。

要注意選手…ツルリン(遊撃手)

安打数・打点数・本塁打数がチームで一番。
能力も高め。
オールスターには3回出場している。

ソフトバンク         16勝  12敗  0分(今季首位)

総合力A+でセパ合わせて一番。
投手陣をみると、今季はすべての選手が勝ち越している。
野手陣にいたっては、全員MTがB以上という
恐ろしいチームである。

要注意選手…星空散歩Ⅲ(外野手)

特殊能力の数はチームで一番。
オールスターには11回も出場している。


221期


ロッテ          22勝  6敗  0分(今季6位)

今季は全てのチームに負け越してしまった。
来季はどうなることやら・・・

要注意選手… 蛇団鋼(中継ぎ投手)

6年目にして防御率が1割台と
なかなかの好成績。
まだ6年目
今後恐ろしくなってくるかもしれない。


オリックス          20勝  7敗  1分(今季5位)

全体的にバランスのとれているチーム。
投手先発陣の能力は高め。

要注意選手… あまのじゃく(遊撃手)

8年目にして野手陣の中では能力が一番高い。
守備以外全部B以上で結構高い。
新人王に選ばれている。


日本ハム           18勝  10敗  0分(今季4位)

段々チームの能力が上がってきた様子。
これから、もっと強くなるであろう。

要注意選手…秋山幸二(遊撃手)

日本ハムの野手陣を支えている存在。
しかし、衰えは隠せない。
MVPに7回出場と
輝かしい経歴の持ち主。


楽天             16勝  11敗  1分(今季3位)

投手先発陣の変化球の数が
一人を除いて全員4つ以上持っているチーム。
チーム全体の能力をみると、
総合力Aと高い。
これから脅威となってくるであろう。

要注意選手…サイコガンダム(捕手)

今季は、打率、本塁打数がチームで一番だった。
三振数がチームで一番少なかった。


ソフトバンク         10勝  18敗  0分(今季首位)

総合力はA+でリーグ一。
野手陣のMTが一人を除き全員B以上
投手陣の制球は一人を除き全員B以上。
これからも脅威となってくるであろう。

要注意選手…あっきー(先発投手)

今季は防御率がチームで二番目に低かった。
球速は159kmとチーム、いや
セパ合わせて一番高い。
まだ8年目
今後が恐ろしい。


222期


ロッテ          19勝  8敗  1分(今季6位)

総合力Aでリーグで2番目だが
今季も6位という結果に終わってしまった。
先発陣をみると、あまりいい成績がとれていない様子。
それに引き換え中継陣は防御率が今季全員2割台と
素晴らしい成績を残している。

要注意選手…huaⅣ+ (遊撃手)

チームの中で唯一安打数が200を超えた選手。
打率がチームの中で一番高かった。
現役年数15年目のベテラン。

オリックス          15勝  13敗  0分(今季3位)

総合力Bでパリーグで1番低いが
今季は3位となかなかの成績だった。
先発陣の能力は高め。

要注意選手… あまのじゃく(遊撃手)

チームで一番能力が高い。
守備以外は全部B越えしており
これからも怖い選手。

日本ハム           19勝  8敗  1分(今季4位)

全体的にバランスのとれているチーム。
これといった特徴はない。

要注意選手…水木一郎(外野手)

PW以外全部Sという驚異的な能力の持ち主。
秋山幸二選手に続く恐ろしいバッターになりそうだ。


楽天             17勝  11敗  0分(今季5位)

総合力B+と結構いいが
先発陣の今季の防御率が一人を除いて4割台と
あまりよろしくない様子。

要注意選手…赤坂V参(控え投手)

楽天の頼れる控え投手。
今季の防御率は2.04でチームで一番よかった。

ソフトバンク         8勝  20敗  0分(今季首位)

総合力A+でセパ合わせて一番高く
今季の成績も納得のいくものだった。
投手陣を見ると、防御率1割台の選手が5人おり手強い。
これからも脅威となるであろう。

要注意選手…星空散歩Ⅲ(外野手)

特殊能力の数はチームで一番。
今季の打率と安打数がチームで一番よかった。
オールスターに13回も出場している。

223期


ロッテ          19勝  8敗  1分(今季6位)

総合力A+だが、
最近調子がよくない様子。
投手陣は全員コントロールB以上で
なかなか強い。

要注意選手…蛇団鋼 (中継ぎ投手)

今季はチームの中で一番防御率が低く
奪三振数はチームで一番多かった。
球速がチームの中で一番速い。


オリックス          14勝  14敗  0分(今季5位)

攻撃力Sでパリーグで一番。
投手先発陣はコントロールA以上。

要注意選手・・・あまのじゃく(遊撃手)

能力が全体的に良い。
今季の本塁打数はチームで一番多かった。

日本ハム           17勝  11敗  0分(今季4位)

最近調子が良くなってきた感じがする。
野手陣は二人を除き、全員MTがB以上
チーム全員の能力を見ると
攻撃力と走力と先発力がA。

要注意選手…水木一郎(外野手)

PW以外全部Sという驚異的な能力の持ち主。
今季の打率はチームで一番良かった。
今季の安打数はチームで一番多かった。

楽天             19勝  8敗  1分(今季3位)

総合力Aで、
セパ合わせて3番目。
全体的にバランスの取れているチーム。

要注意選手…蛇魂王Ⅹ(先発投手)

今季の勝ち数はチームで一番多かった。
そして、先発陣の中では一番負け数が少なかった。


ソフトバンク         10勝  16敗  2分(今季首位)

黄金期に入ってると思われる。
投手陣の今季防御率をみると
一人を除いて防御率は3割以下。
恐ろしいチームである。

要注意選手…あっきー(先発投手)

球速が160kmとめちゃくちゃ速い選手。
今季の奪三振数はチームで一番多かった。
オールスターに4回も出場している。


224期


ロッテ          17勝  10敗  1分(今季6位)

能力はあるのだが、
成績があまり伸びてない様子。
投手陣をみると
一人を除き全員が変化量7の変化球を一個以上持っている。

要注意選手…高橋七美ちゃん (控え投手)

今季の防御率はかなり低く
納得のいくものであった。
変化球の総合変化量はチームで一番。


オリックス          11勝  17敗  0分(今季2位)

段々力がついてきている。
これといってあまり特徴の無い気がする。

要注意選手・・・あまのじゃく(遊撃手)

すべての能力がB以上の選手。
新人王に輝いた事もある。

日本ハム           16勝  12敗  0分(今季5位)

パリーグの中では一番チームの人数が少ない。
全体的にバランスのとれているチーム。

要注意選手…水木一郎(外野手)

PW以外全部Aという驚異的な能力の持ち主。
今季はチームの中で一番安打数が多かった。

楽天             15勝  10敗  3分(今季4位)

パリーグの中で一番現役年数の平均が低いチーム。
先発陣の能力が高め。

要注意選手…欧州(先発投手)

球速がチームの中で一番速い上に
ノビ〇の特殊能力がついてる選手。
チームの中で一番奪三振数が多い。

ソフトバンク         10勝  18敗  0分(今季首位)

今まさに黄金期に入っているチーム。
今のソフトバンクに勝てるチームはいないであろう。

要注意選手…暦(中継ぎ投手)

今季はチームで一番防御率が低く
無敗だった。
オールスターには3回出場しており、
その内の一回はオールスターMVPに輝いている。


225期


ロッテ          14勝  12敗  2分(今季6位)

今季も6位。
今絶不調のチーム。
ただ、チーム全体の能力は良いので
いつ上位に入ってもおかしくない。

要注意選手…高橋七美ちゃん (控え投手)

変化球の変化量ALLMAXという
驚異的な控え投手。
ロッテの頼れる控えといったところか。

オリックス          12勝  16敗  0分(今季4位)

バランスのとれているチーム。
野手陣をみると、二人を除いて全員PWがB以上、
投手陣は一人を除き全員B以上である。

要注意選手・・・佐藤(中継ぎ投手)

今季防御率がチームの中で一番低かった選手。
オールスターに2回出場経験がある。

日本ハム           12勝  16敗  0分(今季3位)

チーム全体をみると先発力と中継力がSと
強力である。
バランスのとれているチームである。

要注意選手…水木一郎(遊戯手)

PW以外全部Aという驚異的な能力の持ち主。
今季はチームで一番打率が高かった。

楽天             13勝  14敗  1分(今季2位)

チームの平均現役年数が9.4で
パリーグでは2番目に長い。
ただ、チームの平均年齢は
パリーグでは2番目に若い。

要注意選手…mokemoke(捕手)

今季チームの中で
一番打率が高かく、
本塁打数もチームで一番多かった。
4番の役割を見事果たしている。

ソフトバンク         13勝  14敗  1分(今季首位)

今季も首位。
どこまで続くのか・・・。
今まさに黄金期に居るチーム。

要注意選手…あっきー(先発投手)

球速が物凄く速い選手。
今季はチームで一番防御率が低かった。
様々なタイトルを獲得している。


226期


ロッテ          13勝  15敗  0分(今季5位)

チームの能力をみると
いつ上位に入ってもおかしくない。
チームの走力がSで
どのチームよりも高い。

要注意選手…高橋七美ちゃん (控え投手)

変化球の変化量AllMAXの選手。
しかも、まだ10年目。
これからも活躍が期待されそうだ。

オリックス          5勝  22敗  1分(今季2位)

かなり力をつけてきたチーム。
投手陣をみると
2人を除いて全員が勝ち越ししている。

要注意選手・・・リリィ(控え投手)

最優秀救援賞を受賞しており、
オールスターには5回も出場している。
しかもそのうちの一回はMVPに選ばれている。

日本ハム           3勝  24敗  1分(今季3位)

チームの能力がすごく高いが
なぜか上位に入れないチーム。
能力が高いうえに、平均年齢がそれほど高くないので
黄金期も近いかもしれない。

要注意選手…秋山幸二(二塁手)

特殊能力の数がチームのなかで一番多い。
オールスターには13回も出場している。
本塁打王に10回もなっており
僕が見た中では一番の選手だ。

楽天             4勝  23敗  1分(今季首位)

今季首位になることができたチーム。
投手陣を見ると、一人を除いて全員が
変化量7の変化球を一個以上持っている。

要注意選手…赤坂V参(中継ぎ投手)

すべての変化球の変化量がALLMAXの選手。
オールスターに7回も出場経験がある。

ソフトバンク         9勝  19敗  0分(今季4位)

今季4位に落ちてしまったチーム。
黄金期もついに終わったのであろうか・・・。

要注意選手…あっきー(先発投手)

球速がかなり速い選手。
今季は奪三振数がチームの中で一番多かった。




最終更新者:上加勢
最終更新日時: 2009年04月29日 22時26分25秒
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -


過去他球団考察
211回~217回