パワパーク@Wiki 第228回道スポ







北海道日本ハムファイターズ 【第228回 第4版】

シーズン終了

あけペナ228回 - 2009/3/24 発行者:浪人

◆シーズン終了
第228回の日本ハムのシーズンが終了し、結果は65勝67敗8分で順位は4位。惜しくもAクラス・CS出場することはできなかった。
今期オフであれだけの戦力が抜けたのにも関わらず4位は選手全員ががんばった証拠である。
特に投手陣には感謝したいところだろう。リードが小さい試合が多い中で、自慢の中継ぎ陣が大奮闘してそのリードを見事に守る活躍。
その結果は、チーム防御率2.72とデータにでている。本当素晴らしい活躍だった。
新規入団のタイガー選手も入団していきなりの名無し化だったが、最終回の登板でキチンと抑えてくれた。
ともかく今期の日ハムは、エースが抜けたダメージは大きく受けたが、中継ぎ陣の層の厚さを見せ付けたシーズンでもあった。

◆来期の課題
来期の課題は二つある。
1つ目は引退した秋山幸二選手の穴埋めだろう。
候補としては、㈱㌍・ドリーム9であるが結果が出ないままシーズンを終える選手でもある。
とにかく、能力向上をして特殊能力も身につけていかないと穴埋めは厳しいことが言える。
現在空いてる枠は3選手。今後入団してくる選手に期待をしたいが・・・。
ただ、トップバッターの穴埋めは見事にタツミ選手がこなしてくれた。
打率.297安打数197は水木一郎選手の代役選手としての結果には十分な結果である。
そして2つ目の課題は先発投手陣の整備。
現在、先発のエース級に活躍しているといえる選手は3選手のみ。
3選手で上位に食い込むのを目指すのはかなり厳しい。現在いる若手の成長がカギ。
その若手の中で将来先発としての活躍が期待される選手を紹介しよう。
まずは、明徳義塾選手である。彼は中継ぎエースとして現在活躍しているが、今の調子からいくと
先発に回しても面白そうな選手。
変化球も多彩で150kmを誇る速球も持っていて、勝ち星をどんどん積み上げる可能性が高い選手。
二人目は、涌井秀章選手。彼もまた中継ぎエース・昨季までは守護神として活躍していたが、彼も先発転向が期待される。
先発能力は申し分なく、三振を取るピッチングは先発でも絶対通用するはず。
このような選手が活躍すると将来が楽しみなってくる。来期はぜひ上位に食い込んでほしい。
ガンバレ!日本ハム!      








北海道日本ハムファイターズ 【第228回 第3版】

前半戦終了

あけペナ228回 - 2009/3/24 発行者:浪人

◆前半戦を終えて
早くも前半戦を終えて、我ら日本ハムは現在33勝34敗3分と4位で前半を折り返した。
今期の日本ハムは、得点力がとても低く勝つことが現在厳しくなっている状況。
日本ハムの最高打点はブホルズ選手の29打点で、Aクラスに食い込んでいたときよりも差が出ている。
その中でも投手陣と1番のタツミ選手が光っている。
タツミ選手は29盗塁と奮闘して得点機を作りチームに貢献。チーム盗塁数の4割は彼の記録である。
後半もこの調子を維持したいと彼は話している。
さて、投手陣は前年どおりの絶好調。
新しく先発回ったアリキーノ選手が、素晴らしい投球を見せてノーヒットノーランを達成。
中継ぎで活躍ができなかっただけに、その悔しさをバネに先発で結果が出ている。
先発も安定しているが、やはり今のチームを支えているのはリリーフ陣。
今期のオフに中継ぎエースとして君臨する変化球にさらにキレを増した明徳義塾選手や、エースとして活躍していたフィリップ選手が
防御率1点台という素晴らしい成績を残している。
抑えのタイガー選手も絶好調。失点こそ多いものの抑えるべき最終回ではキチンと締めて、勝ちを演出している。
さて後半の課題だが、やはり打線の奮起がないと投手が最小失点で抑えても勝てることはできない。
打線の奮起があれば確実に勝て抜いて行けるはず。ガンバレ!日本ハム!      







北海道日本ハムファイターズ 【第228回 第2版】

シーズン開幕!!

あけペナ228回 - 2009/3/23 発行者:浪人

◆とうとう開幕!
あけぼんペナント第228回が今日開幕して、新しい戦力で今期は臨む。
気になる開幕戦は惜しくも敗退し、いいスタートとは言えないスタートとなった。
また、開幕と同時に移籍してきたタイガー選手の名無し。さらに、バットコントロールが一級品のふじさん選手までが名無し化しさらに心配な状況に。
だが、現在記事を書いてる時点では日ハムは2位。始まったばかりだが維持をしてほしいところ。
◆若手ピックアップ
前回同様期待の若手を紹介していきたい。
まず誰もが期待するのがやはり水木一郎選手の転生選手である㈱空中散歩選手であろう。
社会人より入団して長打力が魅力な選手なのだが、やはり目に留まるのはバスター打法。
バスター打法の選手はほとんど見たことがないのが、普通だろう。だからこそ楽しみなのである。
上手くいけば本塁打を量産し、新人王を獲得。失敗すれば、不甲斐ない1年で終える。
そんな大物ルーキーが入団したが、自分の中での注目はタツミ選手。
ここ数年結果を残すようになり、将来的は1番バッターに座っている姿を彷彿させた。
ロケット打法で、さらにバットコントロールを磨けば引退した水木一郎選手と被る。
今期のカギは彼にかかっている。
彼が打率を残せば次第に得点率は上がっていくことはまず間違いないであろう。
◆今期の采配
今期は戦力が大きく抜けたので前年どおりの打線とは180度違う打線です。
また投手はスタミナの低下から、あえて先発にスタミナのない選手を回し中継ぎエース方式で行くことにしました。
守護神だった涌井選手には、中継ぎフル回転。新しく入団してきたタイガー選手が新守護神です。      







北海道日本ハムファイターズ 【第228回 第1版】

オフシーズンニュース

あけペナ228回 - 2009/3/22 発行者:浪人

◆入退団選手・転生情報
今期で、なんと3名の退団者が出るという優勝を目指している日ハムにとって大ダメージのオフシーズンだった。
その中でも、日本ハムの主砲・秋山幸二選手と全角一文字まで選手の退団である。
塁の埋まっている状態で、秋山選手に回ると確実に一人は帰ってくる確立が高く日ハムのポイントゲッターとなっていた。
そんな選手が抜けてしまい今後の日ハムには大きな課題が残った。
全角一文字まで選手は、黄金の先発投手陣の中心核の選手であり再建後2度目のCS出場の時には完全試合とMVPに近い活躍を見せた選手であった。
wikiこその活躍はさほど記憶に無いが、彼なくしてのCS出場はなかったように思える。
退団が非常に残念な二選手が抜けたことによって、第228期の日ハムは苦しい位置にある。
また長年トップバッターとして座り続けた水木一郎選手も、長打力が持ち味でさらに謎に包まれたバスター打法で転生入団し、新しい3番として活躍が期待される。
◆キャンプ情報
が、その一方でキャンプでの若手の成長が必要になる。
オフのキャンプでは、注目の成長株のドリーム9選手がパワーを大幅アップさせ今期の活躍が期待される。
陽仲寿選手も自慢の守備にさらに磨きをかけてゴールデングラブへさらに一歩近づいた。
投手の方では守護神の涌井投手が速球にさらに磨きをかけて、セーブ数の増加が期待される。
中継ぎエースの明徳義塾選手はキレ○を習得し、さらに楽しみな存在になった。      




バックナンバー 第217回道スポ 第218回道スポ 第219回道スポ 第220回道スポ 第221回道スポ
第222回道スポ 第223回道スポ 第224回道スポ 第225回道スポ 第226回道スポ 第227回道スポ
第228回道スポ