パワパーク@Wiki 第220回~229回西武新聞


一番下が最新の記事になります

見出し 西武新聞

第220回台

:最低限のCS進出は、果たした西武。
野手陣は、打率3割が一人しかいなく、野手は悔いの残るシーズンとなった。
投手陣は、先発陣が、かなり活躍したが、中継ぎが、いい成績を残せなっかた。
来シーズンは、tsがいなくなったが、BJ.ライアンが入り、TSの穴は埋まる。
後はわかての活躍がかぎとなる。|

第221回台

:今年はまずまずの成績だった。
野手はベテランが、活躍するも、若手は伸び悩んだ
投手は先発陣と抑えの成績がよかった。
来シーズンは、きょん子さんが入り、Wikiは心配ない。
あとは、若手陣の成長次第だ。|

第222回台

:前半戦は予想通り2位で終了。首位にも3位にもゲーム差がついた。
オールスターには、西武からはmokemokeが3番捕手、桑原が8番二塁手で出場
mokemokeは.250(1本3点)、桑原は.400(0本1点)の成績であった。
後半戦もシーズンの流れは変わらず、結局は2位でレギュラーシーズンが終了した。
プレーオフでは若手に勢いがあるオリックスに押され、第一ステージで敗退して秋が終わった。
オフシーズンはランダムが抜けたが、他には特に大きな動きが無かった。
wiki評価が念願のSに戻った。S取るのは当たり前なので、これからは続けて行きたいものである。|

第223回台(通常号)

:前半戦は日本ハムが2位で、まさかの3位でUターンした。(しかし、そのおかげで新人を指名できた)
しかし、後半になると西武らしさを発揮し、最終的には3位に大差をつけて79勝57敗4分の2位でシーズンを終了した。
首位のソフトバンクにまた大差をつけられたのと、相変わらずプレーオフに弱い所は改善しないといけない悪い癖であり、まとめると停滞したシーズンといえるだろう。
さらに、オフには神風、不感の王が惜しまれながらチームから去ってしまい、ほとんどが残念なシーズンであった。
だが、暗い話題ばかりでは無いというのも事実である。シーズンオフには、小田嶋の交渉権を獲得したドラフトを皮切りに有望な新人が入団するという明るいニュースもあった。
若い選手を抱えながら勝てるのは、西武の素晴らしい所だろう。来期以降も育ててかつ西武をリポートしていきたいと思う。|

第224回台
:オリックスに負け、シーズンを69勝67敗4分、勝率.507とギリギリ勝ち越しの3位で終えてしまった。
プレーオフでは、オリックスにリベンジしたものの、ソフトバンクに敗退し、日本シリーズ出場の夢は叶わなかった。
桑原が.313、,mokemokeが.343、appleが.310と3選手が全体的に低いチーム打率の中、3割を残してくれた。
先発陣はフィリップが13勝9敗と勝ち越し、通算勝利数を162と伸ばした。200勝まであと38勝と迫っている。|

第224回台オフ号
:チームに激震が走った。エースのフィリップと主砲のmokemokeがそれぞれ、日本ハム、楽天に移籍してしまった。
フィリップは通算162勝144敗で、通算防御率は.3,47を誇る西武のエース。
mokemokeは通算打率.280、1832安打、374本塁打、1151打点の西武の4番。黄金期には5番打者として活躍し、秋山幸二の退団以来西武の4番を打ち続けてきた。
2人の新天地での活躍と、穴を埋める若手の台頭に期待したい。|

第226回台
:今年は5位に低迷してしまった。
やはり主力が名無し化、移籍が原因だろう。若手の育成、そしてwikiをSランクに戻すことが最重要課題だ。
ただ、ドラフトでは、wiki意欲のあるながかわwさんがはいり、収穫はあった。
今季もきびしい戦いをしいられそうだが、まずは、CM出場をしていきたいと思う|

第227回台
:今季チーム内打率.222、防御率4.35と投打が噛み合わない1年だった。特に打順の5番以降が名無しと悲惨な状況になっている。
現在のチーム状況では、厳しい部分があるだろう。ただ、今季は悲しいニュースばかりではない。wikiに協力的な新人を獲得できた。
また、wikiランクもSに戻った。Sランクは普通なので現状を維持したい。そうすれば新人も成長し再起できるだろう。
チーム一丸となって、再起していきたい|

第228回台 チーム再建プロジェクト実施中
:完全に低迷している中、チーム再建が始まっている。野手は使えない名無しを消して、多くの選手を獲得することができた。
また、wikiにも積極的な新人選手を獲得できたことが、大きな収穫だっただろう。まだまだ、投手の問題など課題は多く残っているが
再起できるようにがんばって取り組んでいきたい。|

第229回台 新体制始動!!前半戦を振り返る
:今季からwiki使いの最強アスリートさんを加えた新しい体制でスタートしたでは、
チーム始動の今季はどうだったろうか。現在チームは3位、前期とは比べものにはならない順位である。
前半戦をおえて3位、チームとしてはCSも十分視野に入れるいいスタートをきれたのではないのだろうか。
久しぶりのCS出場、そこからチームは始まる。|

更新記者:泉
最終更新日時:2009年08月08日21時13分28秒
最終更新日時:2009/08/08 21:13:28 Sat
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -