パワパーク@Wiki 弟229回道スポ









北海道日本ハムファイターズ 【第229回 第4版】

シーズン総評・結果

あけペナ229回 - 2009/4/2 発行者:浪人


シーズン総評
今回は下の表と照らし合わせながら見て行こうとおもう。
今期は貯金を20個以上を作る事ができ、見事シーズンを2位で終えた。
勝ち星も80勝を超え優勝できる数ではあったが、オリックスには及ばなかった。
他の成績も見て行こう。まずは攻撃面。
シーズン開始前から騒がれていたSS砲3人で構成されるクリーンナップで本塁打量産が予想された。
が、シーズンが終わればチーム本塁打数121本で終了。虚しい結果となった。
戦力は整っているが、例年通りどういう訳か結果がついてこない。
ただそんな中でも嬉しい一面も見れた。それは盗塁数。
盗塁数は172個とリーグでは多い方の数である。今期の得点源はきっと、
この盗塁から来ているのだろうと予想がつく。来季も走るに走ってチャンクメイクをしてほしい。
続いて守備面を見て行こう。
失策数は多くなさそうに見えるが15個は大問題。
エラーによって相手にチャンスを作るキッカケにもなり、すなわち失点にもつながる。
それを15回今期はしてしまったので、投手の防御率にも響いてるようにも見える。
来季は守備への意識を高め、守って攻める野球をしていきたいが・・。
とりわけ、戦力は揃ったが問題はたくさんある。そこを修正し、上位に食い込み続けたい。      
勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
83 54 3 9 .605 .256 2.97 3.7 121 172 15







北海道日本ハムファイターズ 【第229回 第3版】

前半戦終了・成績・後半への課題

あけペナ229回 - 2009/3/31 発行者:浪人

◆前半戦終了
日本ハムも前半が終了し、終了時点で現在2位。いい位置につけている。
得点力も昨季の前半よりも1点上がり、課題を克服できたことを知らしめた。
だが、新しく四番に座っている星空散歩Ⅳ選手の調子なかなか上がらずにいる。
シーズンの活躍を期待されていたが、前半から下り調子では先が不安である。
また、対象に同じく新加入の松中祐樹選手が絶好調。安定した成績を残して、打率・本塁打・打点はチームトップの成績。
後半もこの調子を維持し、チームを引っ張っていってほしい。
ロケット打法にフォームチェンジをしたふじさん選手も3割をキープし、チャンスメーカーとしての役割も果たしている。
投手陣は先発陣が安定している。
先発転向をした、明徳義塾選手は中継ぎ時代よりもいい成績を残しタイトル争いに絡んでおり後半の活躍も期待できる。

◆後半の課題
後半の課題は下位打線の奮起・そして中継ぎの安定だろう。
下位打線の平均打率は2割台で、上位で得点を稼げたり、チャンスメイクできても下位ではどうしてもつながらない。
下位打線が奮起すれば必ずオリックス追撃がかなり楽になる。
中継ぎの方では、中継ぎエースとして活躍していた選手二名が先発転向し苦しい状況。
中継ぎで支えていた日本ハムとしては放っておけない状況であるのだ。
下位打線と中継ぎの調子が大きく上がれば必ず優勝できる。期待したい。      







北海道日本ハムファイターズ 【第229回 第2版シーズン開幕号】

シーズン開幕・注目選手

あけペナ229回 - 2009/3/30 発行者:浪人

◆シーズン開幕
第229回あけぼんペナントが今日開幕し、今熱い戦いが繰り広げられている。
日本ハムの開幕戦は2期連続で敗戦し、不安な出発となった。
だが、現在の日本ハムにはなんのその。敗戦からの6連勝を記録し今パで1番勢いに乗っていると言っても過言ではない。
自慢のクリーンナップも本塁打・打点ともにいい結果がでており、チームを引っ張っている。
投手陣も先発も皆安定しており、勝ち星を順調に重ねる。中継ぎも大崩することなく、仕事をキッチリ果たし勝ちを演出。
今の調子を全員維持してほしい。
◆注目野手・投手
開幕にあたって今自分が期待、注目してる選手を紹介したい。
野手では、現在2番にすわり今期オフにロケット打法に改造した、ふじさん選手だ。
数年成績に伸び悩み、しかも名無し化まで経験する苦労人。
そんな彼がロケット打法に改造し、かつての名選手水木一郎選手と被る。
今期の打線は彼の出塁によって勝負が決まる可能性が高い。
何故なら最強のクリーンナップの前にランナーを揃えると本塁打で得点が取れるので一打で得点が取れる。
今期はチャンスメーカーとして活躍を首脳陣は期待するだろう。
投手では、明徳義塾選手に注目したい。今期は自ら監督に志願し先発に転向する。
中継ぎで高い貢献度を残した彼は一体どこまで先発で貢献できるか。
またかつてUFO投法の先発で大きな功績を残した選手は、自分の中では見たことがない。
どんどん活躍して、勝ち星を重ねてタイトル獲得に臨んでほしい。      







北海道日本ハムファイターズ 【第229回 第1版】

オフシーズンニュース

あけペナ229回 - 2009/3/29 発行者:浪人

◆入退団選手・転生情報
今期のオフは、今までにない補強に成功した。
まず、ソフトバンクの主砲として活躍していた星空散歩選手が加入。SS砲からのフルスイングが加入することによって
㈱㌍選手と4・5番のフルスイングコンビが確立。
ソフトバンクで残していた成績を日本ハムでも十分に出したい。
そしてオリックスからも強打者の松中祐樹選手が加入する。彼もまたSS砲なので、3・4・5番で脅威の打線が組める。
今期は昨期の課題だった得点力不足が十分に解消されそうな予感。
昨期転生に失敗した猪狩さんの選手も投手として転生に成功。
150kmを超える速球とマサカリから繰り出されるHシンカーで中継ぎで活躍を期待。
新規入団の方では、2名の選手が入団。wikiへの協力はまだだが、守備への貢献と挨拶はあるのでまだマシ。
一方はバットコントロールに期待ができ、一方はスイッチヒッター。
下位打線を支える選手になってくれることを今期は期待したいところ。
◆キャンプ情報
さて、今期のキャンプは2つ変化が見られた。
まず、伸び悩んでいたふじさん選手のホォームチェンジだ。以前はノーマル打法だったが、今期からロケット打法に変更。
バットコントロールはもうすでに最高ランクに達しているので、フォームチェンジをしていたことで結果が出るのは目に見える。期待したい。
そして次は、今期から再び抑えにまわることに涌井選手のフォームチェンジ。
トルネード投法に変更することにより、フォークに磨きがかかり三振が増える可能性がある。
今度こそ日本ハムの絶対的守護神としての活躍、そして最後のシメは三振で終える回数が増えそうだ。
今期のオフは優勝に向け大きく前進するオフだった。
今期こそ今期こそ、と毎回書いてあるが今回は本当に今期こそ狙えそうだ。
ガンバレ!日本ハム!      




バックナンバー 第217回道スポ 第218回道スポ 第219回道スポ 第220回道スポ 第221回道スポ
第222回道スポ 第223回道スポ 第224回道スポ 第225回道スポ 第226回道スポ 第227回道スポ
第228回道スポ 弟229回道スポ