パワパーク@Wiki ★220期~228期 パリーグ展望★(日本ハム)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




★第228回★

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃 A

今期の打者新加入選手は1人。大卒ルーキー近視だ。彼は力こそ無いものの守備力・ミート力などでは能力が優れているため1年目からの期待ができる。wikiにも協力すればし将来日ハムにとって欠かせない存在となりそうだ。
さて今期の日ハムはオフに大激震が走った。まずはあけペナ史に残る強打者・秋山幸二が限界年齢のため引退。さらに転生せずに以前の日ハムの状態のようにありつつあるチームに行きチーム再建を実行する予定だ。次に激震が走ったのは日ハムにとって欠かせない存在となっていた水木一郎の引退。当初の予定では投手に転生するだけなので大問題ではなかったものの引退すると入れ違いに残り1枠の投手枠のところにセリーグより間違えて入団してしまった、などと言う選手が移籍してきた。そのため今期はテスト選手としてバスター打法を試みている。次に激震が走ったのは日ハムのクリーンナップとしてチームに貢献していたふじさんの名無し化。すでにミート力がトップクラスに達していたため非常に勿体なかった。この3選手の引退、名無し化が今期の日ハムにどう響いてくるか非常に心配である。

守備走塁 A

守備面でも3選手の引退が大きく響く。チームの守りの軸となるショート・セカンド・センターの3選手が退団した。という事で今季より遊撃手を務めるのは若き守備職人・陽仲寿だ。彼はどのシーズンでも失策数が2を超えない。非常に安定した成績を残している。またチームにも献身的でこれからの日ハムを引っ張っていく存在となりそうだ。二塁手は㈱㌍が務める。二塁手を務めるには守備力が12と少し心配だが日ハムの現状では彼が務めるほかない。走塁面でも水木一郎の引退が響く。

投手力 s

投手陣ではアリキーノが先発に、フィリップが中継ぎに入れ替わった。また昨季まで守護神として活躍してきた涌井秀章が中継ぎにまわっている。投手陣での退団選手は1人。全角1文字までだ。彼は日ハムの勝ち頭として毎期安定した防御率を残し続けていた。しかし多忙のため今期オフに引退。




★第227回★

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃 A

今期の打者新加入選手は1人。高卒ルーキーのボルトンだ。彼は守備には難があるものの、走攻で優れている。また威圧感を持っているため1年目からの活躍を期待したい。
さて今期も昨季に続き2番㈱㌍作戦を実行していく予定だ。この作戦は一見2番にフルスイング打法の打者を置くという馬鹿げた作戦に見えるが9番にトップバッター級の活躍を見せるタツミを置くことで下位で好機を作りだし上位で還すという作戦だ。この作戦が功を奏し見事Aクラス入りを果たした。今期の不安は昨季まで日ハムの繋ぐ4番として貢献していたロスサンダースが引退したことだ。誰が彼の代わりを務めることになるのか、今の日ハムは若手が多いだけに楽しみだ。

守備走塁 A

守備面ではこちらも中堅手ロスサンダースの引退が少しひびく。代わりにセンターはふじさんが務める。守備力Cと多少の不安があるものの持ち前の守備範囲の広さを見せてもらいたい。若き守備職人、陽仲寿は毎期着実に成長しているため将来遊撃手を務めるのはほぼ確実だ。走塁面での大きな変化は特にない。

投手力 s

投手面では新加入選手は1人。大卒ルーキーの技巧派ひろくーんだ。大きく飛び抜けたものは無いが逆にいえば欠点も無い。投手新人王を狙って1年目から奮起してもらいたい。
先発力は今季もSランク。昨期全員がエース級の活躍を見せてくれただけに今季も期待がもてる。中継ぎ陣では一発病という難病を克服したアリキーノに期待。また昨季の大活躍で中継ぎエースになった明徳義塾も今期も安定感ある投球を披露してくれるだろう。また昨季の成績で培った信頼を失ってしまった守護神・涌井秀章はチームからの信頼を取り戻せるか・・・守護神の意地を見せてもらいたい。

総合力  A+

ここ近年Aクラス入りを続け安定した成績を残し続けている日ハム。クライマックスシリーズでは第1ステージは突破するも第2ステージで優勝チームに負けってしまっている。
今期オフ日ハムに激震が走った。日ハムの4番として活躍していたロスサンダースがまさかの引退。代わりに今期は4番に秋山幸二が復帰した。衰えを知らない現役最強打者は今季が最後の年。今まで培ってきた能力・経験、全ての力を発揮し三冠王目指し頑張ってもらいたい。日ハムが日本一に輝くためにはチーム一丸となり投打が完璧に噛み合って来た時はじめて日本一が見えてくるだろう。先程も行ったが「チームの半数以上が名無し、万年最下位、完全に崩落していた」日ハムを当時の常勝軍団西武からチーム再建のためにやってきた秋山幸二。彼がいなければ今の日ハムは絶対になかったと言ってもいいだろう。最後に日本一という名の最高のプレゼントをしてあげたい。

☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 apple 黄金変化

○ソフトバンク○

要注意選手 ☆star☆ れお

○ロッテ○

要注意選手 huaⅣ+ 蛇団鋼

○オリックス○

要注意選手 結婚詐欺師 有藤茂樹

○楽天○

要注意選手 mokemoke Savas

☆来期予想順位☆

超久しぶりに・・・今季こそは全て当ててみせる!!!

゚+o。1位゚+o。 ソフトバンク

゚+o。2位゚+o。 オリックス

゚+o。3位゚+o。 日本ハム

゚+o。4位゚+o。 楽天

゚+o。5位゚+o。 ロッテ

゚+o。6位゚+o。 西武

※私が独自に研究し勝手に出した予想です。(;^ω^A




★第226回★

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃 A

打者での新加入選手は0。昨期と同じメンバーでシーズンを戦い抜く。打撃の主軸の2人が年々老体化しているなか、昨期途中から4番として活躍したロスサンダースと
パワーSの2番㈱㌍には期待が集まる。またオフに大黒柱“秋山幸二”がクラウチングからフルスイング打法にフォーム改造に成功。どう結果がでるか、楽しみだ。
昨期1年目ながらシーズン通して5番を務め続けたブルホズは新人王を獲得した。今の日ハムにとって彼のような長距離砲は貴重である。
巧打系の打者が目立つ日ハム。昨期同様無事Aクラス入りなるか。

守備走塁 A

守備面では秋山幸二・水木一郎の二遊間コンビが互いにコンバート。昨季とは逆の形だ。彼ら2人はどのポジションもこなせるだけの守備力を持っているだけに安心できる。
昨期、守備力が注目され入団してきた陽仲寿は1年目ながらサードをこなし140試合で2失策と見事な守備を披露してくれた。
走塁面では、昨期と大きな能力の差はあまり見られない。水木一郎の走力が若干落ちたという感じか。

投手力 s

投手面では先発力、中抑力ともにSクラス。完璧だ。新戦力選手としてはロッテより不感の王が移籍してきた。彼は昨季防御率2.34を記録しているだけに期待できる。
また昨期先発投手陣は全員が防御率3点代以下。半数以上が2点代と期待できる。
中継ぎ投手陣では明徳義塾が変化球を完璧にマスター。これからの日ハムを背負っていく存在になりそうだ。昨期新守護神として活躍した涌井秀章もこれからの日ハムを背負っていく存在になってほしい。
昨期日ハムが記録した怒涛の12連勝した時半数近くが完封勝ちと昨期は投手力の大切さを思いしったシーズンだった。それだけに今期も投手陣がカギを握るだろう。

総合力  A+

昨期久しぶりのAクラス入りを達成した日ハム。昨期の日ハムの傾向は火がつくと誰も止まられないという感じだ。12連勝を記録したのはもちろんの事、5連勝など連勝が多かった。しかしその分連敗も多かった気がする。・・・今期の日ハムは連勝して、連敗しない、まさに最強チームを目指して戦いたい。
今期の日ハムは昨期大成功した、2番㈱㌍作戦を引き続き実行していく予定だ。そして3番はなんと秋山幸二ではなくふじさんが務めるようだ。秋山幸二は5番にまわり溜まったランナーを還す。
投手陣では昨期先発を務めていた小神6が中継ぎにまわり代わりにロッテより移籍してきた不感の王が先発を務める。どう結果が出るか・・・楽しみだ。日ハム投手陣は全投手が多彩な変化球を操る。
今期は投手陣を軸に確実に1勝を積み重ねていきたい。

☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 apple 早田

○ソフトバンク○

要注意選手 れお ☆star☆

○ロッテ○

要注意選手 huaⅣ+ 蛇団鋼

○オリックス○

要注意選手 結婚詐欺師 片倉行人

○楽天○

要注意選手 mokemoke キャサリン



★第225回★

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃 A

打撃面では昨期水木一郎が大ブレイク。今までとは見違える成績を残した。現在老退中だがまだまだ能力は高い今期も日ハム不動の1番打者として活躍を誓う。
ロスサンダースはダウンスイングを活かし俊足巧打の打者として成長を遂げている。秋山幸二はチームの中心打者だ。昨季は持ち前の豪力を存分に発揮し、41本塁打を記録した。
ここ最近日ハムの4番として定着してきた㈱㌍はパワーがSにまで成長。昨期はそのフルスイングから30本塁打を記録した。
ロスサンダースの他にもふじさん・ドリーム9・タツミなど巧打系の打者が日ハムには目立つ。だが大卒ルーキー、ブルホズは長距離砲だ。将来の日ハムのクリーンナップを狙う。
今期の日ハムは長打系の打者が不足しているというのが印象だ。コツコツ繋ぐスモールベースボールを展開していきたい。

守備走塁 A

守備面ではロスサンダースが守備力Bに突入。さらに水木一郎・秋山幸二の2人が守備職人を取得。日ハムにとってこれは大きい。
また大卒ルーキー陽仲寿は守備力が認められ入団。今後も守備中的に育てていく方針のため将来の日ハムの守りの要となってくれそうだ。
走塁面はSクラス!半数以上が走力C以上と機動力も生かせそうだ。積極的に次の塁を狙っていく。


投手陣には西武より昨季まで日ハムが注意選手としていたフィリップが移籍入団。右のオーバーハンドからMAX152㌔速球と5種類の多彩な変化球を持つ。それだけでなくは打つのが困難なナックルボールを操る。さらに超特殊能力“気迫”も持っているため連打はほとんどされない。今期は日ハムのエースとして期待がかかる。
また昨期防御率2.27を記録したALKINにも期待がかかる。先発投手達は旬の投手達が集まっているためにかなり良い成績を残してくれるだろう。
中抑力は昨期先発を務めた涌井秀章が抑えにまわる。そして昨期抑えを務めたアリキーノが中継ぎにまわった。明徳義塾はすでにほとんどの変化級をマスターした。今期成績がなかなか上がらない原因となってしまった投手陣だが今期はどう結果がでるか。

総合力  A

今期の日ハムを総合的な観点から見てみると打撃面では日ハム不動のトップバッター水木一郎が一つ鍵を握る。昨期同様の成績が残せれば日ハムAクラス入りも見えてくる。
また以前ほどの輝きは失ってしまったが最強打者秋山幸二は今期も健在。昨期同様本塁打を量産してもらいたい。昨期は前半成績が上がってこなかっただけに今期は前半からスタートダッシュを誓う
4番㈱㌍の打点数も今期の鍵を握りそうだ。その他には巧打系の打者が揃うためにコツコツ溜め一気に還す野球を展開したい。
守備面では今までも守りの要として活躍してくれていた水木一郎・秋山幸二の2人が守備職人を取得した。これにより日ハムの守備力はかなり向上しただろう。走塁面ではSクラス機動力を活かし積極的に盗塁なども狙う。 投手面では新戦力フィリップを中心に回転する。また昨期好成績を残したALKINとの二枚看板にも注目だ。

☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 長方形の箱 早田

○ソフトバンク○

要注意選手 結婚詐欺師 杉内3

○ロッテ○

要注意選手 礎樺什箆 蛇団鋼

○オリックス○

要注意選手 足腰弱男 ∞野球浪人∞

○楽天○

要注意選手 キャサリン mokemoke


第224回 ★新!総合力導入★

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃 A

打撃面では水木一郎が引退宣言を撤回。日ハムにとって彼の残留は大きい。4番㈱㌍は毎期安定して本塁打を量産する。そろそろ本塁打キングも視野に入ってくる。
一昨期ブレイクしたタツミが不調だったため代わってふじさんが1番打者を務めたが納得のいく成績は残せず終わった。逆に2番水木一郎は
引退宣言した途端打率が上昇。それも残留にとって少なからず影響があっただろう。さらにオフにはフォーム改造に成功した。
3番秋山幸二は現役最強打者として今期も健在。彼の活躍は後輩への刺激にもなる。

守備走塁 A

守備面では狂拳マンの引退により守備力は少し落ちた。水木一郎も老退期突入。これは困った。
走塁面では全体的に向上。周りのチームと比べても引けをとらない。

投手力 A

先発力がSに突入。昨期まで中継ぎだった涌井秀章が先発に転向。多彩な変化球と速球を武器に転向1年目でいきなり結果を残せるか。
また10年目こちらも豊富な変化球数と速球を武器とするトリュフにもブレイクの予感がする。1年目ながら抑えを務める期待の大卒左腕アリキーノは得意のスクリューと安定したコントロールを武器に打者をねじ伏せる。未来の日ハムの中心選手であり新人王候補だ。

総合力  A

今期の日ハムを総合的な観点から見てみると打撃面は1番水木一郎が出塁し2番タツミが続く。そして3番秋山幸二.4番㈱㌍が還す。といったパターンが理想だ。
といってもほかの打者にも期待できる。ロスサンダースやふじさんなどの巧打系の打者が多くいる。また今期の日ハムには足の速い選手が多い
水木一郎を筆頭に秋山幸二や“韋駄天”タツミ、ふじさんなど機動力を使うスモールベースボールを展開することもできる。
投手陣は速球派が多く揃うが、ほとんどの投手が多くの変化球を操る。昨期チーム投手MVPに選出された全角1文字までを中心にトリュフ・ALKIN・今期より先発に転向し注目される涌井秀章と先発陣は良い投手達が集まりチーム状況調査ではSランクになった。
中継ぎ陣はロドリゲスが相手打者を剛球で封じ込める。昨期までストッパーとして大きくチームに貢献してくれたエリート街道まっしぐらの明徳義塾は今期中継ぎにまわる。
UFO投法から繰り出される5種類の変化球と148㌔の速球と落ち着いた投球術を武器に相手打者を簡単に打ち取って見せる。
そして今期の日ハムの“重役”ストッパーを任されたのは大卒左腕ルーキー・アリキーノだ。技巧派アリキーノは得意のスクリューを武器に相手打者を抑え、ピシャリとシャットアウトしてくれる。



☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 mokemoke フィリップ

1年目だけの中継ぎ陣!そこが狙い目

 オフにエース神風が引退西武にとってこれは痛い。
 打撃の中心桑原も徐々に能力が低下している。しかしこのチームは相変わらずベテランと若手がうまくかみ合っている。
 問題点は中継ぎ陣が全員1年目という所だ・・・

○ソフトバンク○

高い得点力!低い防御率!このチームの黄金期は永遠なのか?

要注意選手 結婚詐欺師 杉内3
 一生抜かれることはないと言われ続けてきたあけペナ伝説の安打製造機田中れいにゃ。
 がしかし、ついに彼を超える人物が現れてしまった。・・・そう“星空散歩Ⅲ”だ。
 田中れいにゃの4351安打を大きく上回る4724安打。通算打率.347の伝説を残し彼はグランドから退いた。彼と同じ場所で戦えたことを誇りに思う。
 ・・・それと共に黄金期も去るであろう。そう願った。しかしソフトバンクは死なない。
 星空散歩Ⅲが抜けても☆star☆がいる倉本がいるそして結婚詐欺師がいる。彼の穴をカバーするのは容易い事ではない。
 1人では無理でも何人かでカバーすれば大丈夫。そんな思いがソフトバンクからは伝わってくる。
 日本ハムもそのような最高級のチームワークを持ったチームになりたい。
 本題に入るが来期の日ハムの打撃陣は☆star☆をトップバッターに置き、昨期まで7番を打っていた倉本が3番に上がってきた。  
 また例期通り、4番結婚詐欺師はその爆発的攻撃力を存分に発揮する。
 投手陣では相変わらず投手王国が健在。先発投手に狙い目が1人もいないという恐るべきチームだ。今期もこのチームは止められないだろう。

○ロッテ○

要注意選手 huaⅣ+ 蛇団鋼

スモールベースボール!小刻み野球

 今期日ハムと一番小競り合いそうなのはこのロッテだ。
 スモールベースボールといっても何より怖いのが総合力。なんとA+これは常勝軍団ソフトバンクと同じ値である。
 投手陣だが今回はこの蛇団鋼をピックアップした。彼はMAX156㌔の伸びのある速球と大きく変化するHシンカー・パーム
 さらには絶妙なコントロールも併せ持つあけペナ界の藤川球児だ。彼が登板すると勝ちの可能性はグンっと下がる。要注意だ。

○オリックス○

要注意選手 あまのじゃく ∞野球浪人∞

揃ってきた足並み!あるぞリーグ制覇!

 一昨期はAクラス入りするも昨期は5位へ転落。 
 そんなオリックスだが何の心配もいらなそうだ。
 なぜなら今が一番熟され時の選手たちの集まりだからだ。
 今期は日ハムよりも良い成績を残してきそうだ。

○楽天○

要注意選手 加藤4 蛇魂王Ⅹ

大黒柱サイコガンダムの引退!激震走る!

 昨季はまさかのAクラス入りを果たすも。
 オフでサイコガンダムが引退。結果的に花道を飾ってあげることができた。  
 今期は若手を中心にまだまだ日ハム同様に伸びている途中のチームだ。  
 楽天のように日ハムも秋山幸二の花道を色鮮やかに飾ってあげたい・・・。

☆来期予想順位☆

今季こそは日ハム!!!ガンバレ日ハム!!!

゚+o。1位゚+o。 ソフトバンク

゚+o。2位゚+o。 オリックス

゚+o。3位゚+o。 日本ハム

゚+o。4位゚+o。 ロッテ

゚+o。5位゚+o。 西武

゚+o。6位゚+o。 楽天

※私が独自に研究し勝手に出した予想です。(;^ω^A



第223回

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃  A

打撃面では初のAクラス入り。㈱㌍がパワーS寸前。昨季は本塁打33本を残し、本塁打ランキングトップ5の仲間入り。日ハムにも頼もしい長距離法が現れた。
また、昨季は2年目ながら打率.316を記録したタツミも日ハム新世代の中心人物になってくれそうだ。
さらに毎期不完全燃焼に終わってしまっている水木一郎もオフに緊縛を取得した。このために今季こそは大噴火してくれそうだ。今期は勝負の1期と言ってるだけに意地を見せてくれるだろう

守備走塁  B+

守備面は遊撃手秋山幸二が年齢老化により毎期失策数が増えているのが不安要素だ。
だが、全体的に見ると意外にも守備力は落ちていない・・・。
走塁面では新4番候補㈱㌍以外は全員が走力C以上と、こちらも以外にも上がっている。機動力もうまく活かせそうだ。

投手力  

若手のホープ明徳義塾が昨季は防御率2.93を記録し将来のエース候補の狼煙をあげた。
また、大黒柱原田巧が抜けたものの、新エース全角1文字までが原田巧並みの安定感を見せてくれた。wikiを頑張ってくれれば素直に喜べるのだが・・・。
そしてALKIN・移籍してきた小神6にも注目が集まる。



☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 桑原 上原浩治

日ハム最大の好敵手!!!

 今期投手の注目選手はあえて5年目上原浩治を挙げてみた。MAX153㌔の直球と
 落差の大きなフォークを武器に安定した成績を残しそうだ。
 打撃陣では1.2番の出塁率、3.4.5番の安定感が相変わらずある。
 Aクラス入りを狙う日ハムにとって倒さなければならない相手だ。

○ソフトバンク○

要注意選手 星空散歩Ⅲ 結婚詐欺師 ニョロモ あっきー 杉内3

☆現在黄金期!無敵の若鷹軍団!☆

 今のソフトバンクを止められるチームはパリーグにはない・・・
 まずはAクラス入りを果たし短期決戦で討ちとめるしかない。
 切れ目のない打線・安定感抜群の投手陣。あけペナ史に名を刻んだ星空散歩Ⅲも今期で引退。最後の年も華やかに舞うだろう。

○ロッテ○

要注意選手 huaⅣ+ コスギⅥ

大暴落中

 経済同様暴落中のロッテ。昨季までは超特殊能力を持っているボメルと東出が
 いたがその二人も引退。これからチームを強くしていきたい。

○オリックス○

要注意選手 あまのじゃく 片倉行人

Aクラス!Aクラス!!Aクラス!!!

 悔しいが日ハムより先にAクラス入りを果たしたオリックス。
 今季もエースを中心に勝ち星を増やす。
 設楽はあえて?引退ぜずに名無し化。チームもこれに応えたい。

○楽天○

要注意選手 サイコガンダム 蛇魂王Ⅹ

安定したチーム防御率!

 楽天にはスーパースター選手はいないものの
 全員野球で勝つチームだ。
 このチームは1.2番を出すとうるさいようだ。

☆来期予想順位☆

今季こそは日ハム!!!ガンバレ日ハム!!!

゚+o。1位゚+o。 ソフトバンク

゚+o。2位゚+o。 日本ハム

゚+o。3位゚+o。 西武

゚+o。4位゚+o。 オリックス

゚+o。5位゚+o。 楽天

゚+o。6位゚+o。 ロッテ

※私が独自に研究し勝手に出した予想です。(;^ω^A




第222回

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃  B+

打撃面では昨季29本塁打の㈱㌍のパワーがAに向上したため一発の期待ができる打者が出来た。
また、猪狩攻・ふじさんの1.2番コンビは他チームに比べても全く負けてない。
下位にも昨季新人王のマリオBOYやタツミがいるため1.2番が2個あるよう感じだ。これは他チームの脅威になるであろう。

守備走塁  A

守備面ではついに猪狩攻がパワー以外オールSになった。つまり中堅手への犠牲飛はかなり減る。内外野共に多少の不安があるが例年の事のため大きな心配はない。
そして走塁面はAクラス。機動力をうまく使い更に得点力を伸ばせるだろう。

投手力  

一昨季入団してきた原田功に続き全角1文字までがロッテより移籍してきた。
これにより不安要素の一つであった先発が安定してきた。
中継ぎ陣も安定して成長してきているため今期は安定したチーム防御率を残せそうだ。

☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 桑原 フィリップ

衰え知らずの常勝軍団!

 昨季は大投手原田巧が抜けたにも関わらずリーグ2位の成績を残してきた。
 2番~5番まで超特殊能力を持っている恐るべきチーム。
 投手陣もいまが旬の投手達が揃っている。

○ソフトバンク○

要注意選手 結婚詐欺師 星空散歩Ⅲ あっきー

全員が要注意選手!

 昨季完全勝利で日本一となったソフトバンク。
 全員がしっかりと自分の役割を果たす打者達と
 他チームを圧倒する投手達。今季もこのチームが優勝最有力候補か!

○ロッテ○

要注意選手 huaⅣ+ 蛇団鋼

不覚にも昨季は最下位。雪辱を果たす!

 昨季はまさかの最下位。
 最終結果としてはクリーンナップ全員が本塁打ゼロ・・・
 しかしこのチームの打撃陣には超特殊能力を持った選手が5人もいる
 そのため油断は全くできない。
 そして投手陣には中継ぎに蛇団鋼がいる。彼は投球回数と同数に等しい数の奪三振を奪う要注意だ!

○オリックス○

要注意選手 あまのじゃく 片倉行人

伸び盛り育ち盛り!

 中心選手の設楽に衰えが見えるものの新主砲あまのじゃくが3番に座る。
 平均年齢が日ハム並みに若いため同様これから驚異になろうであるチームだ。

○楽天○

要注意選手 サイコガンダム 陶器

昨季大健闘の3位!

 昨季は見事A入りを果たしクライマックスシリーズに出場した。
 今期は機動力を活かしたスモールベースボールを展開してきそうだ。

☆来期予想順位☆

毎度日ハムをAクラスに入れてるんですが・・・ww

゚+o。1位゚+o。 ソフトバンク

゚+o。2位゚+o。 西武

゚+o。3位゚+o。 日本ハム

゚+o。4位゚+o。 楽天

゚+o。5位゚+o。 ロッテ

゚+o。6位゚+o。 オリックス

※私が独自に研究し勝手に出した予想です。(;^ω^A




第220回

☆来季の展望☆(日本ハム編)

打撃  

打撃面は喜田剛、AKB48の退団により長打力が低下。また秋山幸二が避けては通れない年齢の壁によりパワーBに低下。
これにより日ハムにパワーA以上の選手がいなくなった。
昨季もそうだったがやはり、1番水木一郎のブレイクが期待される。今伸び盛りの彼がハイアベレージを残せば得点力も伸びるだろう。

守備走塁  B-

守備面は3期連続GG受賞中の中堅手・水木一郎と遊撃手秋山幸二が中心。
全体的に見ても守備力は昨季よりも安定しているといえるだろう。
走塁面でも中心的なのは水木一郎。昨季は32盗塁をマークしリーグ5位!その脚力は今季も注目だ。

投手力  

投手面はでは5選手もの大加入。なかでもロドリゲスは最優秀救援5回の記録を持つ剛腕投手
彼の加入により中抑力はかなり上がった。同じく移籍選手のトリュフも先発陣の柱となってくれそうだ。
新規入団の多い投手陣は10期後ぐらいには投手王国を築きあげていてくれることだろう。

☆来季の展望☆(他チーム編)

○西武ライオンズ○

要注意選手 桑原 原田巧

若手とベテランの結束力!

 昨季の野手MVP桑原・数々のタイトルを取ってきた原田巧率いる球団。
 どの部分にもあまり穴のないチーム。
 穴と言えるのはまだ若い中継ぎ陣ぐらいか・・・

○ソフトバンク○

要注意選手 星空散歩Ⅲ あっきー

パリーグ敵無し!常勝軍団

 昨季でついに7度目の首位打者を獲得した星空散歩Ⅲ。もはや彼を止めるのは不可能
 引退を待つしかないといっても過言ではない。さらに彼の後を打つクリーンナップの打撃力もリーグNO.1
 投手力でも158㌔の快速左腕あっきーがチームを牽引している。
 絶対的投手力・抜け目の無い打撃でAクラス入りするだろう。

○ロッテ○

要注意選手 dream 国見偽

長距離砲不在も安定した得点力!

 球界NO.1の1.2番コンビへと定着したhuaⅣ+とdream。
 どちらかが出塁すれば盗塁○を活かし好機を作りだす。 
 投手では完璧な中継ぎ陣達が待ち構えているため終盤の得点は期待することができない。

○オリックス○

要注意選手 設楽 天災地変Ⅱ

なめたらアカン!

 一見注意するところは無いように見えるが
 昨季の打率.防御率は日ハムよりも良い成績を残している。
 元日本ハムの天災地変Ⅱが投の柱といったところか。

○楽天○

要注意選手 サイコガンダム 陶器

投手王国健在!

 1番加藤4が高い打率を残せば3.4.5番が還す。
 そして以外にも守備力が高い。
 安定した投手陣と高い守備力で失点を最小限にに
 少ないチャンスで点を取ってくる野球をする。

☆来期予想順位☆

昨季はあんまり当たりませんでしたが・・・ww

゚+o。1位゚+o。 ソフトバンク

゚+o。2位゚+o。 ロッテ

゚+o。3位゚+o。 日本ハム

゚+o。4位゚+o。 西武

゚+o。5位゚+o。 楽天

゚+o。6位゚+o。 オリックス

※私が独自に研究し勝手に出した予想です。(;^ω^A







最終更新者 横濱高
最終更新日 2009年04月06日 通算訪問者 -
最終更新時間 19時00分54秒 今日の訪問者 -
最終更新日時 2009/04/06 19:00:54 昨日の訪問者 -