パワパーク@Wiki 第230回道スポ







北海道日本ハムファイターズ 【第230回 第4版~優勝号~】

シーズン優勝!!!

あけペナ230回 - 2009/4/11 発行者:浪人

◆悲願の優勝
ついに、目標であった『リーグ優勝』を果たした。
長い間wikiが崩壊しさらに無人球団にもなりかた苦労している球団。
そこに当時在籍していた、秋山幸二・水木一郎の2選手が移籍し『チーム再建』を課題に頑張ってきた。
その甲斐あり今回のリーグ優勝を向かえることができた。
今期は昨期不本意な成績に終わった星空散歩の復調して終わってみれば36本塁打
長い間成績不振に苦しんでいた㈱㌍の打点王など数々の嬉しい場面が見れた。
投手に関してもそうだ。先発転向に自信を無くしていた涌井秀章が最優秀防御率の獲得
生え抜きベテランのエースALKINの最多勝獲得など最高の戦力で優勝できた。
ベテランに負けじと若手もがんばってくれて、下位打線を支える若手の選手。
中継ぎで結果を残した投手など充実した一年だったと思う。
シーズン中盤から独走状態になり、他球団を全く寄せ付けない強さでゴールイン。
マジックもどんどん減っていき勝ち星を重ねて気づけば12連勝をしていた時もあった。
日本ハムにはもの凄い勢いがあった。
選手の平均年齢もまだ若いのでしばらく黄金期が続きそう。
そしてチームにとってかなり久しぶりとなるリーグ連覇・日本シリーズ連覇へ向けて
一生懸命やっていきたい。      







北海道日本ハムファイターズ 【第230回 第3版】

シーズン総評・結果

あけペナ230回 - 2009/4/11 発行者:浪人


◆シーズン総評
今期は『完全優勝』を目標に1年を戦い見事に優勝した。次は日本シリーズに万全な調子で臨みたい。
さて今期は勝ち星が90勝を超えて他球団を寄せ付けない勢いでシーズンを終了。シーズン途中にあった12連勝が大きかった。
次は防御率。
先発陣に抜け目がなく、先発5人のうち2人が防御率2点台、2人が1点台と今の日本ハムの象徴的な成績を残した。
だが中継ぎ陣に不安が残る。
防御率がいいと言えるのは1人くらいで、その他の二人は防御率が若干高い。早急に手当てをしたいところ。
続いて得点率。昨期に比べ大きく成績が上がった記録のうちのひとつ。
100打点をマークしたのが球団に二人おり勝負強い打撃を見せつけた。そのうち一人が打点王を獲得する。
失策数は減ったがやはりまだ多いような気がする。
失策から流れが変わる事が多いので、守備への意識を高くして流れを作らない野球をしたい。
来期もこの勢いを維持し、リーグ2連覇へ向けて頑張りたい。      
勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
95 40 5 12 .605 .256 2.34 4.5 137 139 13







北海道日本ハムファイターズ 【第230回 第2版】

前半戦終了

あけペナ230回 - 2009/4/07 発行者:浪人

◆前半戦終了!
今日前半戦が終了し、現在順位は1位。最高の位置に立っている。
ここまでの大奮闘は、やはり投打の噛み合いが絶妙だった。
打っては5番の㈱㌍がチーム本塁打・打点トップの活躍を見せ、打点はリーグ1位。復調した星空散歩も見逃せない。
昨季を超えるペースでう本塁打を量産し、やっと本来の実力を発揮している。
さらには1~3番まで3割を超えるハイアベレージを叩き出しており、調子は絶好調。
投げては昨季、自分では満足の行かない成績を残して悩んでいた涌井秀章が鬱憤を晴らすかのような活躍。
生え抜きエースのALKINも2ケタ勝利を早くもマークしており、今期も彼は絶好調。
新戦力の黄金変化は、防御率はいいのが出ているが勝ち星がどうしてもつかないのが残念である。
中継ぎ陣も特に悪いという成績を残している選手はおらずに安定した投球で役割を果たしている様子。
守護神のフィリップは、大崩することなくキチンと最終回を締め勝利を演出。完璧な投手リレーが出来上がっている。
後半もこの調子を維持し、長い間遠ざかっていた悲願のリーグ優勝。そして2年連続の日本一を目指す。

◆後半戦注目選手
前半戦で活躍したいくつかの選手を挙げてみる。
ふじさん・松中祐樹・星空散歩Ⅳ・㈱㌍・ALKIN・涌井秀章・フィリップ。どれもチームの主軸の選手である。
その中でも注目している選手が二人。一人は星空散歩Ⅳ。もう一人は涌井秀章である。
星空散歩は昨季不調だったために、今期の前半戦の活躍は安心するものだろう。しかし、彼の実力はまだまだこんなモノじゃない。
以前在籍していたソフトバンクでは45本の本塁打を記録した年があった。その実績があるために、この本塁打数は少しさびしい。
後半戦にどれだけ自分の実力を見せれるかによって日本ハムの勝ち星は左右される。
ソフトバンクでの実績を超える勢いで後半戦へ臨んでほしい。
チームの次世代エース候補・涌井秀章。かつては守護神で実績を残していたが、チームの先発不足により先発転向。
転向一年目は客観的に見たら素晴らしい成績を残したように見えた。だが、彼は満足していなかった様子。
オフには「先発は向いていない」とまで発言していた。だが今期は違う。
オフに新しい特殊能力「逃げ球」を習得する。これが彼の飛躍を確信づけた。
現在防御率チーム先発陣トップ・勝利数チーム2位・奪三振2位と最高の成績を残している。
後半戦に向けての調整は万全。気合は誰よりも入っている。
後半戦を最高のモノにし投手部門タイトル獲得、そしてリーグ優勝へ活躍を誓う。      








北海道日本ハムファイターズ 【第230回 第1版】

シーズン開幕!!

あけペナ230回 - 2009/4/06 発行者:浪人

◆シーズン開幕!
今日第230回あけぼんペナントが開幕し、今回もパ・リーグは混戦が予想される。
今期のキャンプで昨期素晴らしい成績を残した松中祐樹選手が一本足打法にフォームを改造。さらなる飛躍が期待される。
星空散歩選手も守備を最高レベルまでに磨きをかけ、ますます守備が安心できるようになった。
日本ハム自慢の3・4・5番SS砲トリオは今期も健在。昨期を上まわる本塁打数を期待したい。
昨期結果がでなかった星空散歩選手。今期は昨期の悔しさをバネに本来の実力を発揮してくれることを願うばかり。
さらに昨期ブレイクしたドリーム選手にも注目だ。パワーに磨きをかけて、さらに威圧感まで習得した。
昨期の成績を上まわる活躍が予想でき、日本ハムの攻撃にさらなる厚みが増した。
一方投手陣では、西武から黄金変化選手がトレードで加入。三振狙いの投球が持ち味のこの選手。
不感の王選手を上まわる勢いで、是非タイトル獲得へ望んでほしい。
昨期新人王のH.Nomo選手も大きな成長が見られた。2年目ながらもシンカーを極め、さらに4球種の変化球を覚えた。
昨期新人王を取った成績を超えるという気持ちで今期を望み、2年目のジンクスを払拭させる活躍を期待。
今期のキャンプも成長しか見られず現在方向はとても良好であることが伺える。
開幕ダッシュを決めプレーオフで日本一ではなく、リーグ優勝プレーオフ優勝の完全優勝で日本一になりたい。      




バックナンバー 第217回道スポ 第218回道スポ 第219回道スポ 第220回道スポ 第221回道スポ
第222回道スポ 第223回道スポ 第224回道スポ 第225回道スポ 第226回道スポ 第227回道スポ
第228回道スポ 弟229回道スポ