|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

森鴎外「随筆六則」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

随筆六則

     
 歌といふのはどんな遊だつたらう。羅馬時代のDionysos-Bacchosの祭の事を書いてあるのを読んでゐると、かがひといふのもこんなものではなかつたかといふ感じがする。


     梯
 人は似た境遇の為めに似た事をするものらしい。伊太利のBandelloの書いた短篇を見ると、Fra Filippo LippiがCosimo de Mediciの二階に閉ぢ籠められて、画をかゝせられてゐるうちに、退屈で為様がなくなつて、寝牀の布を截つて、繩梯にして、二階の窓から抜け出すことが書いてある。それを見てから余程立つた後に、Bjoernsonの作を読んで行くと、女優になりたがつてゐる娘が、牧師の家の二階にゐて、Romeo and Julietteの出窓の場の稽古をすると云つて、同じ趣向の繩梯を拵へて、それを発見せられて、忍んで来る男があるのではないかと疑はれることが書いてある。これはBjoernsonがBandelloの作を見て書いたわけではあるまい。


     秤
 高尾を同じ目方の小判に換へたと云ふ伝説に似た話がある。Kurfuerst von Brandenburgは希臘の旅商人の息子の美少年を同じ目方の琥珀に換へた。此少年の機嫌を取る為めに、千六百六年から七年に渡って、七箇月間雨が降らないで、街頭に餓死するものがあるのに、奢侈を極めた祭をさせた。此話はOscar WildeのThe portrait of Mr. W. H,の中に引いてある。


     三途川
 三途川には懸衣翁奪衣婆があつたといふ。COCYTUSの流には渡守CHARONがあつて、女の沙汰は聞えない。


    切腹
 切腹は西洋人はせぬと思ってゐると、Henri de Regnier  
の小説 La Double MaitresseでHubert de Mausseuilが腹を切つて咽を衝いて死ぬる。


    日に数食す
 日本人は昔は日に二食であつたが、今三食になつてゐる。しかし農家では四食以上に及ぶことがある。これは西洋も同じ事で、Mistralの書に南仏の農家に行はれてゐる名目が見えてゐる。

 一、七時  -le dejeuner
 二、十時    -le grand-boire
 三、一時    -le diner
 四、四時    -le gouter
 五、夜      -le souper





メニュー

更新履歴
取得中です。