|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

長谷川時雨「明治大正美女追憶」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

明治大正美女追憶
 最近三、五年、モダーンという言葉の流行は、すべてを風靡《ふうび》しつくして、ことに美女の容姿に、心に、そのモダンぶりはすさまじい勢いである。 で、美女の評価が覆《くつが》えされた感があるが、今日のモダンガールぶりは、まだすこしも洗練を経ていない。強烈な刺戟《しげき》は要するにまだ未熟 で、芸術的であり得ないきらいがある。つねに流行は、そうしたものだといえばそれまでだが、デパートメントの色彩で、彼女らはけばけばしい一種のデコレー ションにすぎない。
 さて振りかえって過ぎ越しかたを見る。そこにはいつも、一色の時代の扮飾《ふんしよく》はある。均一の品の多いのは、いつの世とてかわりはないが、さす がに残されるほどのものには、各階級を支配し、代表した美がある。尤《もつと》も現代の理想は、差別を廃し、平等となる精神にある。とはいえ、根本は一つ でありながら、美と善とは両立せねばならぬ。そして生れながらにして、美を心に、姿に授けられたものは、砂礫《されき》のなかのダイヤモンド、生《いき》 るにけわしき世の、命の源泉として、人生を幸福にするものといえる。
 かつて、「現代女性の美の特質」とて、大正美人を記《しる》した中に、あまりに世の中の美人観が変ったとて、「現代は驚異である」とわたしは言ってい る。現代では、度外《どはず》れということや、突《とつ》飛ということが辞典から取消されて、どんなこともあたりまえのこととなってしまった、実に「驚 異」横行の時代であり、爆発の時代である。各自の心のうちには空さえも飛び得るという自信をもちもする。まして最近、檻《おり》を蹴破《けやぶ》り、桎梏 《しつこく》をかなぐりすてた女性は、当然ある昂《たかぶ》りを胸に抱《いだ》く、それゆえ、古い意味の(調和)古い意味の(諧音《かいおん》)それらの 一切は考えなくともよしとし、(不調和)のうちに調和を示し、音楽を夾雑音《きようざつおん》のうちに聴くことを得意とする。女性の胸に燃えつつある自由 思想は、(化粧)(服装)(装身)という方面の伝統を蹴り去り、外形的に(破壊)と(解放)とを宣告し、ととのわない複雑、出来そくなった変化、メチャメ チャな混乱、iいかにも時代にふさわしい異色を示しているーーと語っている。
 その時代精神の中枢は自由であった。束縛は敵であり、跳躍は味方だった。各自の気分によって女性はおつくりをしだした。美の形式はあらゆる種類のものが認識され、その奔放な心持ちは、ゆきつくところを知らずにいまもなお混沌《こんとん》としてつづいている。
 この混沌たる時代粧よ。
 改革の第一歩は勇気に根ざす、いかに馴化《じゆんか》された美でも、古くなり気が抜けては、生気に充《み》ちた時代の気分とは合わなくなってしまう。混沌たる中から新様式の美は発しる。やがて、そこから、新日本の女性美は現わされ示されるであろう。
 古《いにしえ》から美女は京都を主な生産地としていたが、このごろ年ごとに彼地へ行って見るが、美人には一人も逢《あ》わなかったといってよいほどで あった。一世紀前位までは、たしかに、平安朝美女の名残りをとどめていたのであろうが、江戸のいんしんは、彼地から美女を奪ったといえる。徳川三百年、豊 麗な、腰の丸み柔らかな、艶冶《えんや》な美女から、いつしか苦味をふくんだ凄艶《せいえん》な美女に転化している。和歌よりは俳句をよろこび、川柳《せ んりゆう》になり、富本《とみもと》から新内節《しんないぶし》になった。その末期《まつご》は、一層ヒステリックになった。
 そのヒステリーが、ひとつ、ガチャンと打破したあとに、明治美人は来た。その初期は、維新当時、男にも英雄的人物が多かった通り、美女もまた英雄型で あった。と、いうのは、気宇のすぐれた女ばかりをいうのではない、眉《まゆ》も、顔だちも、はれやかに、背丈《せたけ》などもすぐれて伸《のび》々とし て、若《のび》竹のように青やかに、すくすくと、かがみ女の型をぬけて、むしろ反身《そりみ》の立派な恰好《かつこう》であった。
 上代寧楽《じようだいなら》の文明は、輝かしき美麗な女を生んで、仏画に仏像に、その面影を残しとどめている。平安期は貴族の娘の麗わしさばかりを記し ている。鎌倉時代、室町《むうまち》のころにかけては、寂《さび》と渋味を加味し、前代末の、無情を観じた風情《ふぜい》をも残し、武家|跋扈《ばつこ》 より来る、女性の、深き執着と、諦《あき》らめをふくんでいる。徳川期に至って目に立つのは、美女が平民に多く見出《みいだ》されることである。これは幕 府が大名の奥方、姫君などを籠《かご》の鳥同様、人質《ひとじち》として丸の内|上屋敷《かみやしき》に檻禁《かんきん》させていたので、美しき女の伝も つたわらぬのでもあれば、時を得て下層の女の気焔《きえん》が高まったのでもあろう。湯女《ゆな》、遊女、水茶屋の女たちは顔が売ものである。そのなか で、上代にはあれほど手練のあった貴婦人たちが、干菓子のように乾《ひ》からびた教育を、女庭訓《おんなていきん》とするようになってから、彼女たちに 代ったものはなんであったか、大名たちの下《しも》屋敷や国許《くこもと》における妾《めかけ》狂いは別として、自由なる社交場として吉原《よしわら》や 島原の廓《くるわ》が全盛になった。機を見るにさかしい者たちは、遊女らの扮粧《ふんそう》を上流の美女に似せ、それよりも放逸で、派手やかであり、淫蕩 《いんとう》な裲襠姿《しかけすがた》をつくりだし、その上に教養もくわえた。で、高名な浮世絵師えがくところの美女も、みなぞの粉本《ふんぽん》はこの 狭斜《きようしや》のちまたから得ている。美人としての小伝にとる材料も多くはこの階級から残されている。その余力が明治期のはじめまで勢力のあった芸妓 《げいぎ》美である。貴婦人の社交も拡《ひろ》まり、その他女性の擡頭《たいとう》の機運は盛んになったとはいえ、女学生スタイルが花柳人《かりゆうじん ち》の跳梁《ようりよう》を駆逐《くちく》したとはいえ、それは新しく起った職業婦人美とともに大正期に属して、とにかく明治年間は芸妓の跋扈《ばつこ》 を認めなければならない。歴々たる人々の正夫人が芸妓上りであるという風潮に誘われて、家憲の正しいのを誇った家や、商人までが、一種の見得《みえ》のよ うにして、それらの美女を根引《ねびき》し、なんの用意もなく家婦とし、子女の母として得々としたことが、市民の日常、家庭生活の善良勤倹な美風をどんな に後になって毒したかしれない。その軽率さ、いかに国事ことしげく、風雲に乗じて栄達し、家事をかえり見る暇《いとま》がなかったといえ、その後、頻々 《ひんぴん》として起った、上流子女の淫事は、悲しき破綻《はたん》をそこに根ざしている。
 思えば、国家の大事を議する人々の、機密の集りだという席が酒亭であって、酌するものを客の数より多くをならべて、敢《あえ》て恥《はじ》ず、その有様 を撮《と》らせ、そのまた写真を公然と新聞に掲げていたのが、漸《ようや》く影を見せなくなったのは、やっと、大正十二年大震後のことではないか。
 あの謹厳な、故|山県《やまがた》老公もまた若くて、鎗《やり》踊りをおどったとさえ言伝えられる、明治十七、八年ごろの鹿鳴館《ろくめいかん》時代 は、欧風心酔の急進党が長夜の宴を張って、男女交際に没頭したおりであった。洋行がえりの式部官戸田子爵夫人極子が、きわめて豊麗な美女で、故伊藤公が魅 惑を感じて物議をひきおこしたとの噂《うわさ》もあった。岩倉公爵夫人ー東伏見宮《ひがしふしみのみや》大妃周子殿下の母君も、殿下が今もなおお美しいが ごとく清らかな女だった。大隈《おおくま》侯夫人綾子も老いての後も麗々しかったように美しかった。その中にも故|村雲尼公《むらくもにこう》は端麗なる 御容姿が、どれほど信徒の信仰心を深めさせたか知れなかった。
 富貴《ふつき》楼お倉、有明《ゆうめい》楼おきく、金瓶《きんぺい》楼|今紫《いまむらさき》は明治の初期の美女代表で、あわせて情史を綴《つづ》って いる。お倉は新宿の遊女、今紫は大籬《おおまがき》の花魁《おいらん》、男舞で名をあげ、吉原太夫《よしわらだゆう》の最後の嬌名《きようめい》をとどめ たが、娼妓《しようぎ》解放令と同時廃業し、その後、薬師|錦織《にしごおり》某と同棲《どうせい》し、壮士芝居|勃興《ぼつこう》のころ女優となったり して、男舞いを売物に地方を廻っていたが、終りはあまり知れなかった。お倉は妓籍にあるころよりも、横浜開港に目をつけて、夫と共に横浜に富貴楼の名を高 め、晩年も要路の人々の仲にたって、多くの養女をそれぞれの顕官に呈して、時世の機微を覗《うかが》い知っていた。有明楼おきくは、訥升《とつしよう》沢 村宗十郎の妻となって1今の宗十郎の養母  晩年をやすらかに逝《へ》ったが、これまた浅草今戸橋のかたわらに、手びろく家居《かきよ》して、文人墨客 《ぶんじんぽつかく》に貴紳に、なくてならぬ酒亭の女主人であった。
 芳町《よしちよう》の米八《よねはち》、後に今紫と一緒に女優となって、千歳米波《ちとせべいは》とよばれた妓《こ》は、わたしの知っている女の断髪の 最初だと思う。彼女は若いころの奔放さをもちながら、おとろえてゆく嘆きに堪えないでか、大酒をあおって、芝居見物中など大声をあげていた。浴衣《ゆか た》の腕をまくり、その頃はまだ珍らしい腕輪を見せ、やや長めの断髪の下から、水入りの助六《すけろく》(九代目市川団十郎歌舞伎十八番)のような鉢巻 《はちまき》を手拭《てぬぐい》でして、四辺《あたり》をすこしもはばからなかった。彼女が米八の若盛りに、そのころの最新知識の秀才二人を見立て、その うちの誰が、この米八の配偶として最もよいかという事になり、めでたくその一人と結びはしたものの、その人に早く死別して、あたら才女も奇矯な女になって しまったのであった。また赤坂で、町芸者|常磐津《ときわず》の師匠ともつかずに出ていたおちょうが、開港揚の人気の、投機的なのに目をつけて横浜にゆ き、生糸王国をつくった茂木、野沢屋の後妻となり、あの大資産を一朝にひっくりかえした後日|譚《ものがたり》の主人公となったのも、叶屋《かのうや》歌 吉という、子まである年増《としま》芸妓と心中した商家の主人の二人の遺子が、その母と共に新橋に吉田屋という芸妓屋をはじめ、その後身が、益田《ます だ》男爵の愛妾《あいしよう》おたきであり、妹の方が、山県有朋《やまがたありとも》公のお貞の方であるというのは、出世の著るしいものであろう。尤も、 故伊藤公の梅子夫人も馬関《ばかん》の妓、桂《かつら》かな子夫人も名古屋の料亭の養女ではある。女流歌人|松《まつ》の門三艸子《とみさこ》は長命で あったが、その前身は井上文雄の内弟子《うちでし》兼|妾《めかけ》で、その後、深川松井町の芸妓|小川小三《おがわこさん》である。水戸《みと》の武田 耕雲斎に思われ、大川の涼み船の中で白刃《はくじん》にとりまかれたという挿話《そうわ》ももっている。
 さて、駈足《かけあし》になって、列伝のように名だけをならべるが、京都の老妓|中西君尾《なかにしきみお》は、井上侯が聞太《もんた》だった昔の艶話 《つやばやし》にすぎないとして、下田歌子《しもだうたこ》女史は明治初期の女学、また岸田俊子《きしだとしこ》、景山英子《かげやまひでこ》は女子新運 動史をも飾る美人だった。愛国婦人会を設立した奥村五百子《おくむらいおこ》も、美丈夫のような美しさがあった。上野公園の石段にたって叫んでいた宮崎光 子《みやざきみつこ》も立派であった。有島氏と死んだ中央公論社の婦人記者|波多野秋子《はたのあきこ》、さては新劇壇の明星|松井須磨子《まついすま こ》も書きのこされまい。
芳川鎌子《よしかわかまこ》を知る人は、それより一足前にあった、大坂|鴻池《こうのいけ》夫人福子の哀れな心根に、女の一生というもののわびしさをも感 じるであろう。そういう点で、いまは宮崎龍介《みやざきりゆうすけ》氏夫人であるもとの筑紫《つくし》の女王|白蓮《びやくれん》女史の煙子《あきこ》さ んは幸福だ。
 なお多くの人の名をつらねても、伝の一片を書き得ないのを怨《やつら》みとしてこれを終る。
           ー昭和二年六月十五日『太陽』明治大正の文化特別号所載!
メニュー

更新履歴
取得中です。