|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

横光利一「面」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


吉《きち》を、どのような人間にしたてるかということについて、吉の家では晩餐後《ばんさんご》、毎夜のように論議せられた。またその話がはじまった。吉はうしにやる雑炊をたきながら、しばの切れめからぶくぶく出るあわをじっとながめていた。
「やっぱり吉を大阪へやるほうがいい。十五年もしんぼうしたなら、のれんがわけてもらえるし、そうすりゃ、あそこだからすぐに金ももうかるし。」
そう父親がいうのに母親はこう答えた。
「大阪は水がわるいというからだめだめ。いくらお金をもうけても、早く死んだらなんにもならない。」
「百姓させればいい、百姓を。」
と、兄はいった。
「吉は手工《しゆこう》が甲だから、信楽《しがらき》へお茶わん作りにやるといいのよ。あの職人さんほど、いいお金もうけをする人はないっていうし。」
そう目を入れたのは、ませた姉である。
「そうだ、それもいいな。」
と、父親はいった。
母親はだまっていた。
吉は、流しのたなの上に光っているガラスの酒びんが目につくと、庭へおりていった。そして、びんの口ヘじぶんの口をつけて、あおむいて立っていると、まもなく、ひと流れの酒のしずくが舌の上でひろがった。吉は口を鳴らして、もういちどおなじことをやってみた。こんどはだめだった。で、びんの口を鼻へつけた。
「またっ。」
と、母親は吉をにらんだ。
吉は、「へヘヘ。」とわらって、そで口で鼻と口とをなでた。
「吉を酒屋のこぞうにやるといいわ。」
姉がそういうと、父と兄がわらった。
その夜であった。吉はまっくらな、はてのない野の中で、口が耳までさけた大きな顔にわらわれた。その顔は、どこか正月に見た、ししまいのししの顔ににているところもあったが、吉を見てわらうときのほおの肉や、ことに鼻のふくらぎまでが、人問のようにびくびくと動いていた。吉は必死ににげようとするのに、足がどちらへでもおれまがって、ただあせがながれるぱかりで、けっきょく、からだはもとの道の上から動いていなかった。けれどもその大きな顔は、だんだん吉の方へ近よってくるにはくるが、さて、吉をどうしようともせず、いつまでたっても、ただにやり、にやりとわらっていた。なにをわらっているのか吉にもわからなかった。とにかく、かれをばかにしたようなえがおであった。
よく朝、ふとんの上にすわって、うすぐらいかべを見つめていた吉は、ゆうべゆめの中でにげようとしてもがいたときのあせを、まだかいていた。
その日、吉は学校で三度教師にしかられた。
最初は算数の時間で、仮分数を帯分数になおした分子ときかれたときに、だまっていたので、
「そうれ見よ。おまえはさっきからまどばかりながめていたのだ。」と、教師ににらまれた。
二度めのときは習字の時問である。そのときの吉の草紙《そうし》の上には、字が一字も見あたらないで、お宮の前のこまいぬの顔にもにていれば、また人間の顔にもにつかわしい三つの顔が書いてあった。そのどの顔も、わらいをうかばせようとほねおった大きな口の曲線が、いくども書きなおされてあるために、まっ黒くなっていた。
三度めのときは学校のひけるときで、みんなの学童が包みをしあげて礼をしてから出ようとすると、教師は吉をよびとめて、もういちど礼をしなおせとしかった。
家へ走り帰るとすぐ吉は、鏡台の引き出しから油紙《ゆし》に包んだかみそりを取り出して、人目につかない小屋の中でそれをみがいた。とぎおわると軒へまわって、つみあげてある割り木をながめていた。それからまた庭へはいって、もちつき用のきねをなでてみた。が、またふらふら、ながしもとまでもどってくると、まないたをうらがえしてみたが、きゅうに井戸ばたのはねつるべの下へ走っていった。
「これはうまいぞ、うまいぞ。」
そういいながら吉は、つるべのしりのおもりにしばりつけられた、けやきのまるたを取りはずして、そのかわりには石をしばりつけた。
しばらくして吉は、そのまるたを三、四寸も厚みのある、はばびろい長方形のものにしてから、それといっしょに、えんぴつとかみそりとを持って屋根うらへのぼっていった。
つぎの日も、またそのつぎの日も、そしてそれからずっと吉は、まいにちおなじことをした。
一月もたつと四月がきて、吉は学校を卒業した。
しかし、すこし顔色の青くなったかれは、まだかみそりをといでは屋根うらへかよいつづけた。そしてそのあいだもときどき家のものらは、ばんめしのあとの話のついでに吉の職業をえらびあった。が、話はいっこうにまとまらなかった。
ある日、昼めしをおえると父親は、あごをなでながらかみそりを取り出した。吉は湯をのんでいた。
「だれだ。このかみそりをぼろぼろにしたのは。」
父親は、かみそりの刃《は》をすかして見てから、紙のはしを二つにおって切ってみた。
が、すこしひっかかった。父の顔はすこしけわしくなった。
「だれだ。このかみそりをぼろぼろにしたのは。」
父はかたそでをまくって、うでをなめると、かみそりをそこへあててみて、
「いかん。」といった。
吉は、のみかけた湯《ゆ》をしばし口ヘためて、だまっていた。
「吉がこのあいだといでいましたよ。」
と、姉はいった。
「吉、おまえどうした。」
やっぱり、吉はだまっていた。
「うむ、どうした?」
「ははあ、わかった。吉は屋根うらへばかりあがっていたから、なにかしていたにきまつている。」
と、姉はいって庭へおりた。
「いやだい。」
と、吉はさけんだ。
「いよいよあやしい。」
姉は梁《はり》のはしにつりさがっているはしごをのぼりかけた。すると吉は、はだしのまま庭へおりて、はしごを下からゆすぶりだした。
「こわいよう、これ、吉ってば。」
かたをちぢめている姉は、ちょっとだまると、口をとがらせてつばをかけようとした。
「吉っ。」
と、父親はしかった。
しばらくして屋根うらのおくの方で、
「まあ、こんなところに面がこさえてあるわ。」
という姉の声がした。
吉は姉が面を持っておりてくると、とびかかった。姉は吉をつきのけて面を父にわたすと、父はそれを高くささげるようにして、しばらくだまってながめていたが、
「こりゃよくできとるな。」
また、ちょっとだまって、
「うむ、こりゃよくできとる。」
といってから、頭を左へかしげかえた。
面は父親を見おろして、ばかにしたような顔でにやりとわらっていた。
その夜、納戸《なんど》で父親と母親とは、ねながら相談をした。
「吉をげた屋にさそう。」
最初にそう父親がいいだした。母親はただだまってきいていた。
「道路に向いた小屋のかべをとって、そこで店を出さそう、それに村にはげた屋が一けんもないし。」
ここまで父親がいうと、いままでだまっていた母親は、
「それがいい。あの子はからだがよわいから遠くへやりたくない。」
といった。
まもなく吉はげた屋になった。
吉の作った面は、その後、かれの店のかもいの上でたえずわらっていた。むろん、なにをわらっているのかだれも知らなかった。
吉は二十五年、面の下でげたをいじりつづけてびんぼうした。
ある日、吉はひさしぶりでその面を見た。すると面は、いかにもかれをばかにしたような顔をしてにやりとわらった。吉ははらがたった。つぎにはかなしくなった。が、またはらがたってきた。
「きさまのおかげで、おれはげた屋になったのだ。」
吉は面をひきおろすと、なたをふるってその場でそれを二つにわった。しばらくしてかれは、げたの台木をながめるように、われた面をながめていたが、なんだかそれでりっぱなげたができそうな気がしてきた。
 

メニュー

更新履歴
取得中です。