|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

長谷川時雨「大橋須磨子」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大橋須磨子
 霜月はじめの、朝の日影がほがらかにさしている。澄みきった、落附いた色彩《いう》と香《か》があたり
に漂い流れている。
 朝雨にあらわれたあとの、すがすがしい空には、パチパチと弾《はじ》ける音がして、明治神宮奉祝の花火があがっている。小禽《ことり》が枝から飛立つ羽《は》ぶきに、ふち,紅《べに》の、淡い山茶花《さざんか》が散った。
 今日中にはどうしても書いてしまわなければならないと思いながら、目のまえの一本か二本の草木をながめ、引窓からながめるような空の一小部分を眺めて、ぼんやりとしている。
 けれど、秋の香《か》は、いつまでわたしをそのままにしておかなかった。菊のかおりが、ふと心をひくと、頭の底の方で鼓《つづみ》の音が丁《ちよう》と 響ききこえた。爽《さわや》かに冴《さ》えた音は、しんと頭《ヘへ》を澄ませてくれた。それにつれて清朗な笛の音も聞える。そして、湿やかに、なつかしみ のある三味線の音もあった。
 こしやこしゃと、乱れた想《おもい》で一ぽいだったと思った頭のなかは、案外からっぽだったと見えて、わたしは何時《いつ》かよい気持ちになって、ある 年のある秋の日に、あの広々した紅葉館《こうようかん》の大広間にいて、向うの二階の方から聞えてくるものの音に、しんみりと聞き耽《ふ》けっていたの が、いま目前に浮ぴあがって、その音曲《おんぎよく》の色調《いうね》を楽しみ繰出しているー
 ーななつになる子が、いたいけなこと言《ゆ》た。とのこほしと唄《う》とうた……
 上方唄《かみがたうた》の台広《だいびろ》の駒《こま》にかかる絃《いと》は、重くしつとりと響いた。こい毛を、まっくろな艶《つや》に、荒歯の毛すじ あとをつけた、ほどのいい丸髷《まるまげ》に結《ゆ》って、向うむきに坐って三味線をひいている人がある。すこしはなれたところに、色白な毛の薄い老女 が、渋い着ものをきて、半分は後見役《こうけんやく》で、半分は拝見の心持ちで、坐っている。もう一人大柄な、顔もおおきい、年もかなりまさっている老女 が、頭のまん中へちいさな簪巻《かんざしま》きを(糸巻きという結びかたかも知れない)つけて、細い白葛引《しろくずひ》きをぴんと結んで、しゃんとした 腰附きではあるが、帯をゆるくしめて、舞扇をもって立っている。
 その傍に、小腰をかがめて嫗《おうな》の小舞《こまい》を舞うているのは、冴《さえざえ》々した眼の、白い顔がすこし赤らみを含んで、汗ばんだ耳もとか ら頗《ほお》へ、頬から頸《くび》の、あるかなきかのおしろいのなまめきーしつとりとした濡《ぬ》れの色の鬢《びん》つき、銀杏《いちよう》がえしに、大 島の荒い一つ着《ぎ》に黒繻子《くろじゆす》の片側を前に見せて、すこしも綺羅《きら》びやかには見せねど、ありふれた好みとは異っている女《ひと》が、 芸にうちこんだ生《いきいき》々しさで、立った老女の方へ眼をくばっている
  ーさてもさても和《わ》ごりょは、誰人《だれびと》の子なれば、定家《ていか》かつらを!
 京舞井上流では、この老女ものの小舞は許しものなので、人の来ない表広間の二階の、奥まった部屋にこの四人は集っている。薄暗いほど欄間《らんま》の深 い、左甚五郎の作だという木彫のある書院窓のある、畳廊下のへだての、是真《ぜしん》の描《か》いた紅葉《もみじ》の襖《ふすま》をぴったり閉《し》め て、ほかの座敷の、鼓や、笛の音に、消されるほど忍びやかに稽古をつけている。
 立っている、糸巻きに髷《まげ》結んだ老女が、井上流の名手、京都から出稽古《でげいこ》に来て滞留している京舞の井上八千代i観世《かんぜ》流片山家 の老母春子、三味線を弾《ひ》いているのは、かつて、日清役《につしんえき》のとき、威海衛《いかいえい》で毒を仰いで死んだ清国の提督、丁汝昌《ていじ よしよう》の恋人とうたわれたおしかさん、座っている老女は、紅葉館創立以来のお給仕《きゆうじ》の総指揮役で、後見役のおやすさん。舞いをならっていた 女は、それらの人たちにとっては、客人《まろうど》でもあり、もすこし親しみのある以前の朋輩《ほうばい》でもあった大橋夫人須磨子さんだった。
 美に対する愛惜!そうした分明《はつきり》した心持ちを知らなかった時分のことではあるが、わたしはある日、呉服橋の中島写真館で、アルバムをくってゆ くうちに、一枚の写真の人物に引きつけられて、忘れられない美しい女《ひと》を目に残した。今から廿二、三年も前のことで、五、六人の美女にとりまかれ て、もつとも美しい女が中央《まんなか》に立って踊っている、そのひとだった。星のような眼がすこし笑っていた。おんなじ連中で、歌がるたをとっているの もあったが、わたしはどうした事か踊りの方にひきつけられていた。そして中央の美人は、濃い髪を銀杏がえしに結って、荒いかすりーその頃は漸《ようや》く はやりだしたばかりだと思ったf大島|紬《つむぎ》を着て写っていた。
 しかし、わたしはその人たちが何処《どこ》の連中だか知らなかった。知ったにしたところがその美しい人は、もう紅葉館の美姫としてではなかった頃であろ う。その後ほどなくわたしは竹柏園《ちくはくえん》先生のお宅の、お弟子たちの写真箱の中から、中島写真館で見出《みいだ》したとおなじ人の、おなじ写真 を見出した。
 「この方は、どなたで御座いましょう、先生」
 わたしの声は悦びに顫《ふる》えていたに相違なかった。
 「博文館の大橋さんの夫人です」
 そう聞くと、その姿こそ見る時がなかったけれど、紅葉館でも勝《すぐ》れた美貌の女であったということだけは知っているので、なるほどそうかと、不思議に満足をした気持ちであった。
 その後、近々と、この麗人を見る日が幾度かあった。ことに美しいと見たのは、もう三十幾つ1四十に近いと聞いていたが、ある年の晩春に、一重ざくらが散 りみだれる庭に立った、桜鼠《さくらねずみ》色の二枚|重《がさね》を着た夫人ぶりであった。いかな高貴の人柄というもはずかしくない、ねびととのった姿 で、その日は、貴紳、学者、令嬢、夫人の多くのあつまりであったが、優という字のつく下に、美と、雅と、婉《えん》と、いずれの文字をあてはめても似つか わしいのはこの人ばかりであると、わたしの眼は吸いつけられていた。金襴《きんらん》の帯が、どんなに似合ったことそ、黒髪に鼈甲《ぺつこう》の櫛《く し》と、中差《なかざ》しとの照り映《は》えたのが輝くばかりみずみずしく眺められたことそ。わたしは、昔物語のなかの、なにがしの御息所《みやすどこ ろ》などいう臈《ろう》たげな女君《めぎみ》に思いくらべていたりした。
 出世を嬌《たか》ぶらない、下のものにも気の軽そうな気質は、一言二言《ひとことふたこと》の言葉のなかにもほのめいて見られる。この人よりは顔も普通 で、出世もさほどでない女さえ、我第一の器量人といったふうに振舞うのが多いのに、大橋家の家憲がそうしたのか、彼女の生れたちがそうなのか、立入って知 らないが奥床《おくゆか》しいと思った。
 近代的なひらめきはないが、そうしたところのないのが、しっとりとした落付きのある、大家《たいけ》の夫人としての品を保たせていた。わたしはぴったり とその女《ひと》の胸に触れたことがないので、情の人か、理智の人かそれすら知らないが、悧巧《りこつつ》な人であることは言わずもがなであろう。
 わたしの思出は、また紅葉館の、あの広々とした二階の一室へともどるf
 台広《だいびろ》の駒《こま》の、上方唄《かみがたうた》の三味線の音がゆるく響くと、涙がくゆってくるのであσた。わたしの妙に思いやりのある心は、 そうしたおりに意地悪く、この幸運な女《ひと》と、向いあって坐っている人の上に廻ってゆくのであった。聞きしみていた三味線の、絃《いと》の顫えから、 雫《しずく》してくるものが、妙にわたしの胸を一ぱいにさせるのであった。
 長唄《ながうた》でも、富本《とみもと》でも、清元《きよもと》でも、常磐津《ときわず》でも、おしかさんは決して何処へでても負けはとらない腕|利 《き》きで、大柄な、年の加減ででっぷりして来たが、若い時分にはさぞと思われる立派な、派手な顔立ちで、京生れで言葉は優しいが、色はたいして白くはな い。眉毛《まゆげ》のくっきりしている髪の毛の実に好い女だった。
 紅葉館が明治十幾年かに創業のおりは、当今の女優気分と、カフェーの給仕《きゆうじ》気分と、いにしえの太夫の気分とを集めたものへ、芸妓の塩梅《あん ばい》と、奥女中のとりなしとを加減して、そのころの紳士の慰楽の園としようとした目論見《もくろみ》で、お振袖《ふりそで》を着せて舞わせもし、また すっきりと水ぎわの立った粋《いき》な酌人も交ぜた。おさないものは稚児髷《ちごまげ》の小性《こしよう》ぶりにしてしたてた。
 家禄を返還した士族-f旗本上りも、諸藩の家人《けにん》も馴《な》れない時世に口をぬらしかね、残してきたものも売りはらいきってしまった時分のこ と、そうした人たちの娘が、多く集められ、京都からも多く連れてきた。むきむきの諸芸をしこんで出したので、あっぱれ紅葉館は時代に応じた、明るい華やか な、一種の交際場となったのだった。諸芸の取締り兼、酌のとりかたを教える師匠番によばれたのが、吉原《よしわら》の廓《くるわ》からおよしさん(現今は 某氏夫人である)と、晶川から常磐津のおしょさんのおやすさんの二人。
 その当時は、廿四、五だった、色白の、すらりと身長の高い、薄菊石《うすあばた》のある、声の好い、粋なおやすさんが、もう六十五、六になって、須磨子 さんの京舞を見ている。おしかさんも最早《もは》や古参株で、それらの老女の一、二人を除くと、動かせない中老どころだ。十五年勤続の祝いも五、六年前に 済んで、もうやがて五十路にも近かろう。
 けれども、おしかさんもまだ水々した年増《としま》だ。四十を越したとは、思われない若やかさであったが、しかし、おしかさんと須磨子さんとの間には、十代の差があるように、その日の、光りの暗い襖《ふすま》のかげでは見えた。
 玄関|脇《わき》の小砂利《こじやり》の上には形《かた》ちのよい自動車が主人を送って来て控えている。その車の主こそ京舞の許しものを、昔のおしょさ んの出京している問だけならいに通っている、芸ごとが好きな須磨子夫人だった。番町の邸では、時折家族でー子供衆たちの催しではあろうがー大仕掛けなお伽 《とぎ》芝居が催されたり、藤間勘十郎《ふじまかんじゆうろう》のお浚《さら》いなどに令嬢の一人舞台で見せられる時もあった。
 おしかさんと須磨子さんとは、たしかおないどし生れで、踊り子のなかで、お絹、おまさにつづいて、美貌と上手であった須磨子は、十八の盛りを大橋氏の手に引きとられた。
 明治文壇を硯友社《けんゆうしや》の一派が風靡《ふうび》したおりとて、紅葉館の女中の若い美女たちが、互いに好き好きの作者に好意を持つようになった のは、硯友社の尾崎紅葉《おざきこうよう》氏が芝公園近くに生れて、その名さえゆかりもあるというところから、意気もあい、当時の人気作家、花形の青年た ちは、毎夜のように、紅葉《もみじ》の襖《ふすま》の照り映《は》ゆる、燈火《ともしび》のもとに集まったのだった。そんなことから、後に紅葉の傑作「金 色夜叉《ごんじきやしや》」が出ると、お宮はお須磨さんがモデルで、貫冖は巌谷小波《いわやさざなみ》氏だという噂《うわさ》なども高かった。それより も、美しさを妬《ねた》んでか、出世を呪《のろ》ってか、俳優では幸四郎、お能の方では、京都の片山九郎三郎のと、とやかくと噂するものもあったが、大橋 家には家を起した賢夫人が姑《しゆうとめ》としてあったからには、そうしたロマンスは紅葉館の花形であった美姫の、華やかな語りぐさに過ぎまい。情の港の とまり船、さまざまな甘い、かなしい追憶の積荷《つみに》は、三味線をとって、お相手をして、地《じ》を弾《ひ》いているおしかさんの方にこそ、思いやら れることが沢山にある。
 おしかさんは数々の人に浅くはなく思われたが、みんなえにしが浅かった。支那の丁汝昌《ていじよしよう》が日本にいるうち、おしかさんの傍を離れかねて いた。彼国へ帰ってからも切々な思いは、あの英雄に断腸の文をしたためさせた。あの戦争が起ってからも、あわれな提督はおしかさんを忘れはしなかった。そ の気持ちをしっているものは丁汝昌の心を察して、わたしにしみじみと語ってきかせたことがある。わたくしはおしかさんと膝組《ひざぐ》みで、そうした恋の いきさつを聴いて、おしかさん一人について何時《いつ》か委《くわ》しく書こうと思っている。わたしはおしかさんの手箱の中には、丁汝昌の秘文が蔵《か く》されていないことはなかろうと思っている。
 モルガンお雪の名は高かったが、そのモルガンは、本国で恋に破れて来た痛手を、おしかさんによって柔らかく撫でてもらおうと祈ったのだったが、そのころ おしかさんは、故|近衛篤麿《このえあつまう》侯爵に思われていたおりなので、モルガンの願いはすげなくされた。異郷へ鬱《うつ》を慰めに来た身が・また しても苦しい思いをして、彼れはせめてゆかりのある言葉を聞こうと、おしかさんのなまりとおなじことばで語る京都へいって、離で名もなかったお雪を受出し たのだ。そついう彌僧はあってもなくても、侯爵の思いようも一通りではなかった。誰れでもおしかさんは別《べつ》都にして・近衛様のお儼數さま格に思い、 やがて呼迎えられる日のあることを、遅かれ早かれ、縦遣辮みのように傍の者も思っていたが、侯爵は思いもかけぬ病気で不立日心にこの世を去られた。
 それからのおしかさんに、良い日のないではなかったが、最初にあまり良き人々に愛されすぎて・盛りがすぎてゆくとは反対に、誇りの方が高くばかりなって いった。後には長く紅葉館の支配人をしていた某氏と、殆《ほとん》ど夫妻のように見られていたが、その人にも死別してしまった。いまでは、昔はそういう人 であったかと、若いものにおりおり顔を見直させるだけで朽ちてゆこうとしている。
 恋に生きた昔は知らず、得意な女と、失意の女とが、踊り、一人は地を弾いて相向っているー-
おなじ起伏《おきふ》しのころのように、一人は
 須磨子夫人が昔をふりかえって、以前の友達にむかってもらしたという感想は、
 「若かったから辛抱しられたのです。とてもいまじゃあ……」
というのである。でも、知っているものは、そうでしょうともといった。
 若い心には、正直な一生懸命さがある。彼女も昨日までの華やかな世界を捨て、小禽《ことり》のようにおどおどとして舅姑《しゆうと》につかえたのだろう。
 大橋家は、もうその頃では有数の資産家として、書籍出版業としても第一の店となっていたが、父子ともに計って富を一代に築きあげた、立志伝中の一家で あった。越後《えちこ》の寒村から出て来て、柳原|河岸《がし》に古本の店を出していた時分は、いまだ時節が到来せず、かなりな苦境におち、赤貧のおりも あったが、姑は良き妻、好《よ》き母であって夫にも子にもその苦しみを訴えず、出来るかぎりを尽して働くものの口を糊《のり》した。それに励まされた父と 子は、あれかこれかの末に、印税の入らぬ古い物語を集めて新らしく組み直して売り拡めた。時代の嗜好《しこう》に合した意外の成功に、次から次へと手を拡 げて、当りつづけ、新しく戦争成金の続出のために、むかしからの資産家のように見なされてしまうように、幸運は何日も家の棟《むね》の上にいた。烱眼《け いがん》よく人世必要の機微をとらえ、学者、文人、思想家を、店員なみに見なすような巨豪になったとはいえ、その成功はみな書物の貴さによってだった。
 姑は賢女だった。貧に暮した時を忘れず、傲《おご》りを警《いまし》めて、かなり店が手広くなってからでも、窮乏した昔を忘れなかった。店員のために蚊 帳《かや》を買わねばならなかったが、金の都合で古い古いものを買って来て、青い粉で蚊帳を染め、新らしいものらしく見せかけたが、古蚊帳も青く染ったか わりに、自分の手首もまっ青に染ってしまってなかなかおちなかったのを、それと見た若者たちが、わざと、どうしたのかと一々たずねて困らされた事などを、 晩年になっても語りきかせていたということで、成功のかげには、こうした苦心もあるとの教訓も、華やかにくらしてきた、須磨子さんには、苦しいものであっ たろう。
 ある人が、彼女の花の盛りから今日まで、親しく交わっての感慨に、彼女の美は衰えを知らぬのに、それにくらべて自分が男子として、碌《ろくろく》々と日を過して来たと嘆息して、
 「七人の子をもてば大概の女の容色は萎《しぼ》むものなのに、あの人は頸《くび》にも、耳の下のあたりに
さえ、衰えをも見せていない」
と言った。また、やはり昔から、久しく知っている人が、
 「先日向うから自動車が来たので、ふと見ると、美しい人が乗っている。大橋令嬢かしらと思って近づくとお母さんだった。お嫁にゆくほどの年頃の娘さんと、ふと見違えたといっても、問ちがえるのが、決して無理ではない。」
といった。それはほんとに過褒《かほう》ではない。令嬢たちはみんな美しくて上品だが、母君の持つ美しさには、ただ上品ばかりでない洗練されたものがある。
 彼女の生立《おいた》ちはiiそれは、ほんのすこしばかりしか知らない。余計な穿鑿《せんさく》だては入らないことと、強《しい》て探出《さがしだ》そ うとはしなかったが、慥《たしか》な説に拠ると、上州で、かなり資産家の一人息子に父親は生れたらしい。その時代の頽廃《たいはい》派でもあったのか、生 家とは行来《ゆきき》もせず、東京へ出て愛する者と共に住み、須磨子さんを生ませたのだった。
                             ー大正九年十一月1

メニュー

更新履歴
取得中です。