|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」序


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 欝屈のあまり一日じゅう硯にむかって心のなかを浮かび過ぎるとりとめもない考えを.あれこれと書きつけてみたが、へんに気違いじみたものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。