|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 十月の頃、栗栖野《くるすの》という所を過ぎてある山里へたずね入ったことがあったが、奥深い苔の細道を踏みわけて行ってみると心細い有様に住んでいる小家があった。木の葉に埋れた筧《かけひ》の滴《したたり》ぐらいよりほかは訪れる人とてもなかろう。閼伽《あか》棚に菊紅葉などを折り散らしているのは、これでも住んでる人があるからであろう。こんなふうにしてでも生活できるものであると、感心していると、向うの庭のほうに大きな蜜柑の木の、枝もたわむばかりに実のなっているのがあって、それに厳重に柵をめぐらしてあるのであった。すこし興がさめて、こんな木がなければよかったのになあと思った。
メニュー

更新履歴
取得中です。