|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」十二

 同じ心を持った人としんみり話をして、おもしろいことや、世のなかの無常なことなどを隔てなく語り慰め合ってこそうれしいわけであるが同じ心の人などがあるはずもないから、すこしも意見の相違がないように対話をしていたならば、ひとりでいるような退屈な心持があるであろう。無いから、すこしも相手と違わないようにと対座しているとしたら、ひとりぽっちでいるような退屈な気持がするであろう。
 双方言いたいだけをなるほどと思って聞いてこそ甲斐もあるものであるから、すこしばかりは違ったところのある人であってこそ、自分はそう思われないと反対をしたり、こういうわけだからこうだなどと述べ合ったりしたなら、退屈も紛《まぎ》れそうに思うのに、事実としてはすこしく意見の相違した人とはつまらぬ雑談でもしているあいだはともかく、本気に心の友としてみると大へん考え方がくいちがっているところが出て来るのは、なさけないことである。

メニュー

更新履歴
取得中です。