|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 どこにもせよ、しばらく旅行に出るということは目の覚めるような心持のするものである。その地方をあちらこちらと見物してまわり、田舎臭いところ、山里などは、はなはだ珍らしいことが多い。都の留守宅へ伝手《つて》を求めて手紙を送るにしても、あれとこれとをいいついでを心がけておけなどと言ってやるのも楽しい。こんな場合などにあって何かとよく気のつくものである。手廻りの晶なども良い品は一そう良く感ぜられ、働きのある人物はふだんよりは一そう引き立って見える。寺や社などに知らぬ顔をしてお籠《こも》りをしているなどもおもしろいものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。