|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 御譲位の御儀式がすんで、三種の神器を新帝にお渡し遊ばされる時は、ひどく心細く感ぜられるものである。花園上皇が高御座《たかみくら》を御譲り遊ばされたつぎの春、お詠《よ》み遊ばされたとやらうけたまわるー
 とのもりのとものみやつこよそにして
  はらはぬにはにはなぞちりしく
 新帝の御代の務の忙しいのにかまけて、上皇の御所には参る者もないというのはまことに淋しいことではある。こういう場合に人の心の真実は現われもしよう。
 (一) 主殿寮の下司どもは自分のほうをすてておいて掃除も行きとどかない庭は花の散り敷くのにまかせている。
メニュー

更新履歴
取得中です。