|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 諒闇《りようあん》の年ほど悲しいことはない。倚盧《いろ》の御所の有様にしたところが、板敷を下げて葦で編んだ御簾をかけ、布の帽額は粗野に、お道具類も粗略になり、百官の装束や、太刀、平緒までが平素と異っているのはただごとではない思いをさせる。
メニュー

更新履歴
取得中です。