|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 静かに思うと、何かにつけて過去のことどもばかり恋しくなって来て仕方がない。人の寝静まってのち、夜長の退屈しのぎにごたごたした道具など片づけ、死後には残しておきたくないような古|反古《ほこ》などを破り棄てているうちに、亡くなった入の手習や絵など慰みにかき散らしたものを見つけ出すと、ただもうその当時の心持になってしまう。今現に生きている人のものだって、いつどんな機《おり》のものであったろうかと考えてみるのは身にしみる味である。使い古した道具なども、気にもとめず久しいあいだ用いなれているのは、感に堪えぬものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。