|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 今の内裏《だいり》が落成して、有職《ゆうそく》の人々に見せられたところが、どこにも欠点がないというので、もうお引移りの日も迫っていたのに、玄輝門院が御覧遊ばされて、閑院殿の櫛形の窓は、円っこく縁《ふち》もありはしなかったと仰せられた。まことにえらいものであった。これは壁にきざみを入れて木で縁をしていたもので違っていたから、改められた。
メニュー

更新履歴
取得中です。