|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 甲香《かいこう》は、螺《ほらがい》のようなものが、形が小さく、口の所が細長く出ている貝の蓋である。武蔵《むさし》の金沢という浦で取れたのを、土地の人は「へたなり」と呼んでいるということであった。
メニュー

更新履歴
取得中です。