|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 永いあいだ訪れもせぬが怨んでいるであろう。自分の無精のせいと申しわけもない気持がしていると、女のほうから「手のすいた召使をひとりよこしてください」などと言ってくるのは、有難くうれしい。「そんな気風のがいい」とある人が語った。同感のことである。
メニュー

更新履歴
取得中です。