|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 いつもわけ隔てなく馴れ親しんでいる人が、何かの拍子に、わけへだてがましく容子ぶっている有様をしているのは、今さらそんなことをするでもあるまいという人もあるかも知れないが、やはりきちんとした好い人だなあと感じられるものである。平素あまり親密でもない人が打ち解けたことを話し出したりするのも、それから好きになったりするものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。