|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」三十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ある人が、法然上人に、「念仏の時に睡くなってし.まって行《ぎよう》ができませんが、どうしてこの障害を防いだらよろしゅうございましょうか」と言うと「目が覚めたら念仏をなさい」と答えられた。じつに尊かった。

 また往年は確実なものと思えば確実、不確かと思えば不確かであるとも仰せられた。これも尊い。また疑いながらでも、念仏をすれば往生するとも仰せられた。これもまた尊い。
メニュー

更新履歴
取得中です。