|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」四十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ある人が清水へお詣りをした時、年寄りの尼に道つれになったことがあったが、尼は途中「くさめ、くさめ」と言いながら歩くので、「尼さん何をそんなに言っていらっしゃるのですか」と問うたけれど返事もせずに、やはり言いつづけていたのを、たびたび問われて腹を立てて、「え、鼻のつまった時に、このおまじないをしないと死ぬと言いますから、乳をお飲ませ申した方が比叡山に児《ちこ》になっておいで遊ばすのが、今日でもお鼻をつまらせてはおいでにならぬかと思ってこういうのですよ」と言った。めずらしく殊勝な志ではないか。
メニュー

更新履歴
取得中です。