|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」四十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 葉室《はむろ》中納言光親《みつちか》卿が後鳥羽院の最勝会の講式の奉行で伺候して邸前へお召しがあって、お膳部を出して御馳走をたまわった。食い散らしたお重をそばの御簾の中へ押し入れて御前を退出した。女房たちは「まあ汚ならしい、誰に残しておいてくれようとでもいうのか知ら」と言い合ったので、院は「古式に古実の心得のあるやり方の立派なものである」と繰りかえし繰りかえし御感心なすったということであった。
メニュー

更新履歴
取得中です。