|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 応長の頃、伊勢の国から女が鬼になったのを引き連れて都へ来たということがあって、当時二十日ばかりというものは毎日、京白川辺の人が、鬼見物だというのであちらこちらとあてもなく出歩いていた。昨日は西園寺に参ったそうであるし今日は院の御門へ参るであろう。今しがたはどこそこにいたなどと話し合っていた。確実に見たという人もいなかったが、根も葉もない嘘だという人もない。貴賤みな鬼のことばかり噂して暮した。その時分、自分が東山から安居院《あぐいん》のほうへ行ったところ、四条から上のほうの入はみな北をさして走って行く。一条室町に鬼がいると騒ぎ立てていた。今出川附近から見渡すと、院のおん棧敷の附近はとうてい通れそうもない群集であった。まったく根拠のないことでも無いようだと思って、人を見させにやったが、誰も逢って来たという者もない様子であった。夜になるまで、こんなふうに騒ぎ、果ては喧嘩がおっぱじまって、怪我人などいやなことが起ったものであった。その頃一帯に、二三日ずつ人の病気することがあったのを、鬼の取沙汰はこの疫病の流行の前兆であったのだという人もあった。
メニュー

更新履歴
取得中です。