|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十一

 亀山上皇の離宮のお池に、大井川の水をお引き遊ばそうというので大井の村の者に命じて水車をお作らせ遊ばされた。多くの金銀をたまわって、数日で仕上げて流れにかけて見たけれど、ほとんど廻らなかったので、さまざまに直して見たけれどついに巡らずにただ立っているだけであった。そこで宇治の里入を召して作らせられたところが、わけもなく組み立てたが、思うように巡って水を汲み入れることに効果があがった。何かにつけてその道の心得のある者は尊重すべきである。

メニュー

更新履歴
取得中です。