|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 仁和《にんな》寺のある坊さんが年寄りになるまで男山八幡宮へまだ参詣したことがなかったのでもの足らぬことに思って、ある時、思い立ってただひとり歩いて御参詣した。山麓にある極楽寺、高良《こうら》などの末社を拝んでこれだけのものかと早合点をして帰ってしまった。そうして傍の人に向って「年ごろ、気にかかっていたことをし終わせました。聞きしに優る尊いものでございました。それにしてもお参りする人ごとにみな山へ登ったのはどういうわけであろうか。自分も行って見たくはあったけれどお参りが目的で山の見物に来たのではないと思ったから、山までは行かなかった。」本堂の山上にあるは気づかないでこう言っていた。

 なんでもないことでも案内者はあって欲しいものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。