|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 家の造り方は夏を専一にするのがよい。冬はどんな所にも住まれる。暑い頃の悪い住宅と来ては我慢のならないものである。深い水は涼しげでない。浅くて流れているのがずっと涼しい。微細なものを見るには遣戸《やりど》のなかのほうが蔀《しとみ》の部屋よりも明るい。天井の高いのは冬寒く燈火も暗い。造作は無用のところを作っておくのが見ても面白く万事に都合がいいと、人々が評定し合ったことであった。
メニュー

更新履歴
取得中です。