|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」五十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 人が話し出した歌物語のよくないのは困ったものである。多少その方面の心得のある人ならば面白がって話さないはずであろうに。いったいに半可通のする話というものは、そばで聞いていても笑止千万で聞き苦しいものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。