|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮中で正月に行われる後七日《こしちにち》の御修法に、阿閣梨《あざり》が武者を集めることは、いつぞや盗人に襲われたことがあったので、宿直人という名義でこのように物々しく警固させることになったものである。一年中吉凶はこの御修法中の有様に現われるものなのに、武人など用いるのは不穏当なことである。
メニュー

更新履歴
取得中です。