|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 車の簾につける五緒《いつつお》の飾は、決して人によってつけるものではなく、何人《なんぴと》でもその分際として最高の官位に到達したら、それをつけて乗るものであると、ある人の話であった。
メニュー

更新履歴
取得中です。