|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 この頃の冠は昔のよりずっと高くなっていると、ある人の話であった。昔の冠桶を持っている人は現在では端をつぎ足して使っているのである。
メニュー

更新履歴
取得中です。