|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」六十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 筑紫《つくし》に某という押領使《おうりようし》とでもいうような格の人があったが、土大根を万病に効能のある薬にして毎朝二つずつ焼いて食べることが久しい年月におよんだ。ある時、館の中に、誰もいない隙につけこんで敵が襲撃して取りかこんだところ、館の中に二人の武者が現われた。命を惜しまず応戦して、敵をみなうち払った。はなはだ不思議に思ったので「日頃はおいでになる様子もない人々が、このように戦をし給うたのはどういうお方ですか」と言ったところが、「年来の御信頼で、毎朝毎朝召し上って下さる大根でございます」と言って姿を消した。深く信じていると、こういう徳もあるものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。